日別アーカイブ: 2013-03-24

久しぶりのロックンロールアルバム。


佐野元春の15作目となるオリジナルアルバムが、彼の57歳の誕生日に発売された。タイトルは、「ZOOEY」。
The Heartland、The Hobo King Bandと、熟練したメンバーや気心知れた顔ぶれで編成されたこれまでのバンドとは異なり、若手のミュージシャンで編成されたTHE COYOTE BANDが今回のアルバムで初めてクレジットされた。

「ZOOEY」ってどんな意味なんだろう…と思ったら、彼から直接解説されているテキストコンテンツがあった。

「ZOOEY」とは、ギリシャ語の「ZOE(ゾーエー)=いのち」を語源とする。この「ZOE(ゾーエー)」は生物学的な命ではない。生物学的な命が終わっても、決して消え去ることなく輝き続ける命を指している。
「アルバム『ZOOEY』について」より。)

一聴してまず思ったのが、その勢い。1曲目から「あれ?これってアンジェリーナの録り直し?」かと思ったら一転、そこから繰り広げられるTHE COYOTE BANDと彼との掛け合いに一気に引き込まれた。ここ最近の彼のアルバム、特に長い間所属していたレコード会社を離れ、新たなレーベルを立ち上げた後は、年相応の佇まいといえばいいのか、どこか落ち着いてしまったところがあったというか、それでいてメッセージ性を秘めた曲が多くなったというか、そういう片鱗を端々に感じることがあったのだが、今回のアルバムは、その落ち着き具合をいい意味で裏切っている。

そして、何よりも強く感じたのは、アルバム全体に広がる「愛」だった。ライナーノーツにも記述されていたように、このアルバムの楽曲の多くに登場する「愛」というフレーズ。そして、その「愛」を後押しする疾走感。佐野元春の新作で、こんなにはしゃげるとは思わなかった。

若いバンドメンバーに触発されたのか、あるいはまだまだそんな落ち着いている場合じゃないぜ、と開眼したのかは定かではないが、とにかく今作は、何か格好いいんだな。

いや、57歳のオヤジ、ホント凄いわ。

久しぶりに聴いた、佐野元春渾身のロックンロールアルバム。最近何か最近の音楽はつまらないなぁ…と思っている40代の皆さんも!すっかり落ち着いてしまっている50代の皆さんも!!是非聴いてみて下さい!!!