僕の夏休み2019 Days1 #初の四国・松山上陸記


6月に山下達郎のコンサートを青森で観た際、「来年はコンサートツアーをお休みする。」といったことを話していた。2019年のツアーはまだ始まったばかりだったが、これは何とかもう一度観ておいた方がいいな、と朧気ながら考えるようになった。

とはいえ、コンサートを観に行くだけでも時間と金がかかる。何とかうまい方法はないか、と思案しながら思いついたのが、夏季休暇を利用した「遠征」だった。

ここ数年、7月の早い時期に夏季休暇を取得し、沖縄を訪問することが続いていたが、今年は仕事の関係で夏季休暇の日程を決めかねていた。

こうなったら、日程ありきで動くしかない。休暇の取得時期を9月中旬に定め、9月11日の松山市民会館、15日の大阪フェスティバルホールでの公演に抽選を申し込んだ。
東京と大阪の公演はチケットの入手が非常に難しいということを聞いていたので、大阪よりも松山に狙いを定めていた。

結局、予想通り大阪のチケットは落選となったが、松山は無事にゲットすることができた。
なんでわざわざ青森から愛媛・松山に足を運ぶんだ?と思われる方もいるかも知れない。

理由は3つあった。

  1. 空港から市街地への移動が比較的楽なこと。(リムジンバスの運行本数が非常に多く、乗車も短時間で済む。)
  2. 沖縄への直行便が運航されていること。
  3. そもそも四国に足を踏み入れたことがないこと。

これでコンサートありきの「遠征」、そして夏季休暇の取得が決定した。

しかし、9月に入ってから台風の発生頻度が一気に高くなった。台風15号は首都圏を直撃し、千葉県で大きな被害が出たことは、ご存知の通り。

その後も南太平洋の上に続々と現れる雲の塊の行方に気を揉みながら、いよいよ11日からの夏季休暇がスタートした。

“僕の夏休み2019 Days1 #初の四国・松山上陸記” の続きを読む