日別アーカイブ: 2012-02-19

【今年12杯目(多分)】黒石市・やきそば専門店秋元食堂


青森県黒石市。
青森県内でもどちらかといえばネガティヴな話題を振りまいていた黒石市。突如ポジティブな立場から脚光を浴びるようになったのが、B級グルメとしても名を馳せた「つゆやきそば」でした。
今でこそ「やきそば」といえば街おこしの代名詞のようにこぞって扱われるようになり、B-1グランプリにおいても必ずといっていいほどどこかの街のやきそばが入賞するようになり、正直ちょっと食傷気味かな、という気もしないわけでもないのですが、そんな中でも異彩を放ち続けていたのが「つゆやきそば」ではないでしょうか。
ただのやきそばならまだしも、それをそばの出汁に入れちゃうっていうんですから、確かに奇妙といえば奇妙。でも、一口食べてみると、これがまた意外とイケるんですね。邪道だ、という人もいますが、個人的には「アリ」だと思っていますし、数多ある店舗でそれぞれ味が微妙に異なるというのもまた素晴らしい。
さて、今日はその「つゆやきそば」を久しぶりに食べてきました。
黒石警察署の近くにある「秋元食堂」です。

大きな地図で見る
実は妻が先日この店を訪れ、美味しかったというので、ならばどんなものなのか食べてやろうじゃないかと、何故か上から目線で足を運んだわけです。
ハイ、まず店の正面ドーン。
黒石市・やきそば専門店 秋元食堂
小綺麗という言葉からはほど遠い、田舎の一食堂って感じです。
黒石市・やきそば専門店 秋元食堂
土日だけ何故かみそ汁をサービスしてくれるんだそうです。今日は日曜日。注文時に「みそ汁サービスしますけどつけますか?」って聞かれ、迷わず「ハイ」と答えてしまいました。
メニュー。
黒石市・やきそば専門店 秋元食堂
ハッキリ言います。「専門店」ですので、やきそばしかないんです。間違えてもラーメンとかカレーとか注文しないように。
ちなみに僕は隣にあるコンビニからおにぎり買って持ち込みしましたよ。何も言われなかったです。
しかし凄いメニューです。やきそばが100円刻みで5種類!今日は550円のやきそばを注文してみましたが、結構なボリュームでした。
それがこれです、はい、ドーン。
黒石市・やきそば専門店 秋元食堂
もちもちの太麺に、キャベツと豚肉というシンプルなやきそばです。紅ショウガはお好みで自分で取ってくるシステムのようです。
そしてもう一つがつゆやきそば(並)。
黒石市・やきそば専門店 秋元食堂
どうですかこのトッピング!先ほどのやきそばをそばの出汁にぶち込み、ネギにモヤシにナルト、そして天かすが乗っかってます。うまそうじゃないですか?これに僕が食べられない(嫌いな)お新香が付いて500円ですよ!
ソースの味が濃すぎてせっかくのスープの味が消されてしまうことがあるんですが、今まで食した7杯のつゆやきそばの中で一番バランスが良かった!これ、ホントに美味いですよ!
黒石駅からは少し離れた場所にあるので、特にこの季節は歩いて行くのが少々難儀かも知れませんが、行ってみる価値アリです。
ただし、しつこいですがやきそばしかありませんのでご注意を!
…ところで、メニューにあったやきそばだけのオードブル3種類、何でしょうね。
聞いてみました。
「いやぁ、やきそばだげ乗ってるオードブルだのさ。」
…そのまんま(笑)。ちなみに僕たちが食している最中に、1,650円の予約1件入っていましたよ!
やきそば専門店 秋元食堂
青森県黒石市青山84-2
電話:0172-52-7315
営業時間:10時~14時(時間外でも電話注文受け付けます)
定休日:水曜日