岡村靖幸『マキャベリン』は、「ライブDVD」ではなかった。#岡村靖幸


4月3日に発売されたにもかかわらず、なかなか鑑賞の機会を逸していて、ようやく鑑賞することができた岡村靖幸の最新DVD「マキャベリン」は、2018年春に行われたツアーの模様(Zepp Tokyo)を収録したもの。

ちなみに、2019年の春ツアー「セレブリティ」も始まったところだが、今年は青森公演がすっ飛ばされたこと、6月以降、他のライブ鑑賞が複数決まっていることなどから、今年のツアー参戦を自粛しておりまする…。

さて肝心のDVDの内容、「映像作品」と謳うだけあって、観客席を撮影したショットも多く、完全なライブビデオとはちょっと異なる約55分。これにおまけ収録された2曲を加えると、約60分を越える構成。前作同様、ライブドキュメンタリー、といったところだろうか。でも、公演時間を考えると、やっぱり短いなあ、といった印象。


天井からステージ真下を撮影するショット、歓喜に咽ぶ会場の全景、そして、したたり落ちる岡村ちゃんの汗…。前作よりも圧倒的にステージのシーンが多くなったかな、と。それはそれでいいと思います。

ちなみに収録されているのは以下の12曲+2曲(※デラックスエディションのみに収録)。

Out of Blue
ぶーしゃかLOOP
ヘアー
彼氏になって優しくなって
愛の才能
忘らんないよ
あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう
だいすき
Punch↑
祈りの季節
愛はおしゃれじゃない
ビバナミダ
弾き語り~東京編(※)
卒業写真(※)

事前に収録曲が明かされなかったため、手にした作品を見て、あれが収録されていない、あれも収録されていないじゃないか!と茫然自失となったが、こればかりは仕方ない。個人的には、デラックスエディションのみに収録された、ねっとりした弾き語りがストライクでございました。

正直、ここ数年のセットリストが何となく固定化してきたこと、ステージ構成もあまり代り映えしないこともあり、ちょっとマンネリ化してきたかなあ、といった思いを抱きつつも(ファンの皆さんごめんなさい、個人的には岡村ちゃんの脇を固めるダンサーの方々が相変わらずちょっと…なのですよ。)、やはりこうやって映像を見ると、昨年青森で観た公演のことが蘇ってきて、ちょっと興奮したじゃないですか。

ちなみにデラックスエディションは完全受注生産となっていて、写真集と月替わり卓上カレンダー(8月始まりの12か月分)が同梱。ジャケットに描かれた、ほしよりこさんの猫がかわいいっす。

1月に発売された新曲「少年サンデー」も好評だったみたいだし、きっとツアーも盛り上がることでしょう。

岡村靖幸の映像作品「マキャベリン」は、現在通常盤のみ購入可能です。