日別アーカイブ: 2008-06-02

田んぼアートの田植えに行ってきた


というわけで雨は降るわ気温は低いわの悪天候の中、約1時間に渡り田植えをしてきました。
何とこの日、会場に集まったのは1,500名!(ただし主催者発表)
1,500人は怪しいにしても、1,000人は軽く超える人たちはいたでしょうか。雨合羽に身を包み、サンダル履きで寒そうな表情を浮かべる、親に手を引かれた小さな子供たちから、大学の留学生、ツアーでやって来た県外の人たちに近所のお年寄りまで、老若男女人種国籍をも超えた人たちが、ドッと集結したのでした。

職場から参加した我々6名は、エントリーを済ませたあと、雨を避けるため、公民館のエントランスあたりをうろうろしながら談笑していると、見ず知らずの人から突然「引率の先生ですか?」と尋ねられました。

な、何?確かにこの面子では一番年上だけど…何で先生なの?

同僚の人たちに爆笑されながらウロウロしていると、今度は何やら黄色い法被を纏った人たちが登場。
どうやら主催者側の代表の人たちらしいです。
そして、マイクのトラブルに見舞われながらも、9時30分から開会式が始まりました。
主催者側を代表して、村長の挨拶。

これが妙に長い…。

風雨に晒されながらも、村長の話に耳を傾ける(いや、耳を傾けているフリをする)子供たちが可哀想。
村長の話が終わると、「何とか協議会メンバー」の紹介。

これ、ホントに必要なの?(苦笑)

ちなみにこの方々は、屋根の下で雨を避けていたので、全く濡れることなく、これから田植えに臨む人たちだけが雨に晒されたまま、粛々と開会式は進められたのでした。

田植えの方法について一通り説明が終わると、早速田植えの行われる田んぼへ移動が始まりました。

続きを読む