アルバムレビュー 2020_01 「宮本、独歩。」 #宮本浩次


これほど発売を待ち焦がれていたアルバムも久し振りじゃないだろうか。

既に耳にしたことのある曲ばかりなのに、作品に対する期待度が日に日に高まっていたのは、そのマテリアルを一年越しで待ち続けていた思いの反動なのだろう。

バンドとしてデビューしてから30年以上が経ち、初のソロアルバムを発表した宮本浩次。子細を述べる必要はなかろう、エレファントカシマシのフロントマンとして異彩を放ち続ける奇才だ。

エレファントカシマシがデビューした頃からずっと動向を追い続けていた僕からすると、彼のソロデビューはとても意外だったし、(計算されているのかも知れないが)自由奔放な彼をコントロールする人がいないということは、謂わば獰猛な野獣を社会に解き放つのと同じぐらい不安であると同時に、何をしでかすかわからない、何かをやってくれるかも知れないという期待が複雑に交錯していた。
特に、ソロとして椎名林檎と共演したことは非常に衝撃的で、その二人が2018年の紅白歌合戦に出場したことは驚愕でしかなかったが、彼らはやはり期待を裏切らない化学反応を起こし、そして年末にふさわしい、とは言えないかも知れないけど、渾身のパフォーマンスを見せてくれた。

そのステージに彼がいる、彼が立ち振る舞うだけでも存在感抜群なのに、あのパフォーマンスは本当に反則だと思った。

その後も東京スカパラダイスオーケストラとの共演では、ゲストボーカルでありながらスカパラを凌駕する圧倒的な演者っぷりを披露してくれた。

もうこれだけでもお腹いっぱいなのに、その後は完全にソロでの活動を開始し、次から次へと作品を発表、エレカシとは全く異なる世界観を誇示し続けたといっても過言ではない。
とりわけ、俳優の高橋一生に詞と楽曲を書き下ろした「きみに会いたい -Dance with you-」では、本人もバックコーラスとして参加しているのだが、ここでも強烈な宮本節を炸裂させ、高橋一生を食ってしまいそうな勢いだった。ちなみにこの曲のカップリングは、エレファントカシマシの「赤い薔薇」のカバー。これもまたいい味出しているんだよ。高橋一生のエレカシ愛を感じてしまった。

さて、20年前にエレカシが発表したアルバム「good morning」に数曲収録された、彼個人による打ち込み。あの作品はもしかしたら、彼がソロ活動を開始する伏線となっていたのかも知れないと、今更ながら思うわけで。

“アルバムレビュー 2020_01 「宮本、独歩。」 #宮本浩次” の続きを読む