日別アーカイブ: 2018-10-22

初めての地区・学区対抗駅伝大会


10月に入ってすぐのこと。かつて一緒にボーイスカウト活動で汗を流したTくん(大して年齢は変わらないが、中学の後輩なので敢えて「くん」づけにさせてもらう)から、何十年ぶりだろうかというぐらい久し振りにメッセージを頂いた。

現在、隣の学区で体協の事務局をやっていること、21日に開催される弘前市内の地区・学区対抗駅伝の選手が不足していること、ついては、僕に出場して欲しいこと…。

ざっとこんな感じの内容だった。
確か21日は何も予定が入っていないはずだ。(実はこの時点で大きな勘違いをしていた。)
知らない人からのお願いではないし、相当困っているみたいなので引き受けてもいいかな…そんな軽い気持ちで了の返事を返した。

隣の学区とはいえ、亡父の母校だし。

直後に弘前・白神アップルマラソンが中止となり、テンションがガタ落ちしている中、秋田県能代市で開催される「きみまち二ツ井マラソン」の案内が届いた。開催の日付を見て、目が点になった。

10月21日…あれ?28日じゃなかったっけ?
完全に自分の勘違いだった。スケジュール管理がなっていないとは、まさにこのこと。よもやのWブッキングに、愕然とした。
どちらを選択すべきか、天秤に計る作業が始まった。

きみまち二ツ井マラソンは今から2年前、生まれて初めてスポーツで入賞を果たした忘れることのできない大会。
今回はハーフに出場予定だが、大会の雰囲気もいいし、走りやすいコースで記録も出やすい。沈んでいるテンションを上げるには、打って付けの大会だろう。

地区対抗駅伝は、初めての参加で雰囲気がわからない。でも、今年は一度も駅伝競技(リレーマラソン)に参加していない。
家から会場までは車で10分程度だし、(恐らく)約2キロを疾走すればいいだけのこと。まあ、選手が足りなくて出場するぐらいなので、そんなに身構えることもないだろう。

こうやって二者択一の検討を開始したが、程なく出した答えは、「きみまち二ツ井マラソンは出走回避。駅伝大会に出場。」というものだった。

続きを読む