日別アーカイブ: 2004-10-26

今年の大晦日は「モスッ!」


TBS系の人気番組『さんまのスーパーからくりTV』の企画で格闘家デビューを目指す“ボビー”が、大みそかの「K−1 Dynamite!!」に出場することが26日、決定した。対戦相手は現在のところ未定。会見には同番組の「セインのファニエスト外語学院」で先生役を演じるセイン・カミュと、ボビーと同じく生徒役のアドゴニーも同席。ボビーは「アイスの食べ過ぎで今日は下痢気味だが、選手としてはバリバリ」と冗談混じりに意気込みを語ると「相手は(ボブ・)サップと曙、どちらがいい?」との質問に「人間であれば鹿でも亀でもやります」と答え、セインに「人間じゃないだろ」と突っ込まれていた。
本名ボビー・オロゴン。知っている人は知っているけど、知らない人には、「誰じゃそりゃ?」という無名の新人。格闘技好きで知られる関根勤や長嶋一茂から絶大なる評価を受け、番組でも「今年の大晦日は格闘技参戦」を掲げていましたが、まさかホントにK-1に出るとは思っていませんでした。
しか〜し。
こいつ、マジで強いです。ホントに侮れないです。どれくらい強いか?
番組内でパンクラスGRABAKAの菊田早苗とスパーリングを行い、押さえ込みを振り解くなど、特筆すべきスポーツ経験がないとは想像し難いポテンシャルを発揮。今春には、ホイス・グレイシーとも対戦し敗れたものの流血に追い込んだ。また、柔道の昇段試験では5人を相手にオール一本勝ちを決めて、黒帯取得に成功した。
番組、そして年末を盛り上げるためにも「仕掛けられた」といったイメージは否めませんが、個人的には、こいつの活躍を密かに期待しています。今年の大晦日は「モスッ!」で行きましょう。


仕事上のチョンボ


誰もが経験あるであろう仕事上のチョンボ。
次は気をつけよう、で済むこともあるでしょう。
僕は今日、同じ業務で同じ内容のチョンボを2度も続けてやってしまいました。
一度指摘を受けたにもかかわらずやってしまったチョンボ。
それも、普段なら考えられないような、ごくごく単純なチョンボ。
やってしまったものは仕方がないです。
でも、仕方がないで済まされないこともある。
猛烈に凹んでいます。
そして、猛烈に自己嫌悪。
こんなに落ち込んだのは、今年に入って初めてかも。
でも全ては自分の蒔いた種。
自分で蒔いた種です。自分で刈り取ります。
こんなに自分がイヤだと思ったのも、いつ以来だろうか。
ごくごく単純なチョンボだから、なおさら腹が立つ。
嗚呼…。


Time To Share / TOSHI


1. Beating of My Heart
2. Living For Today (featuring Mos Def)
3. Breaking Through (w/Interlude)
4. Hold Me Down (featuring Angie Stone)
5. Neva Satisfied
6. Shadows of Your Love
7. It’s Time
8. ‘Cause You’re So Bad
9. Hope You’ll Be Well
10. Voodoo Woman (featuring Rene Neufville)
(以下日本盤のみ収録)
11. Living For Today/D-Moet Toshi’s Joint Remix

続きを読む