日別アーカイブ: 2008-02-13

そういえばグラミー賞


第50回というアニバーサリーを迎えたグラミー賞。今年の見所は一体何だったんだろうということをいろいろ考えてみました。しかし、個人的には冒頭の30分でクライマックスを迎えてしまったため、正直誰が賞を取ろうがどうでもよくなってしまったというのが本音です。

真っ赤なジャケット&パンツを身に纏い、いきなりプレゼンターで登場したプリンス。
何を言うのかと思ったら、直前に登場したフランク・シナトラ(映像)に対し、「150歳にしては随分若いね」とジョークを飛ばし、ニヤニヤ。会場を軽く暖めてました(笑)。

うちのカミさんの友達の旦那さんが洋楽ファンでこの日グラミーの模様を観ていたらしく、「プリンス、随分小綺麗になったね」という感想を漏らしていたそうです。
一体どんだけ汚いイメージだったんだ!(笑)

それにしても相変わらず小さかったな…。

そして、程なくジミー・ジャムが登場…ということは!
ハイ、お待ちかねのモーリス・デイ&ザ・タイムがステージに登場!
と、ここまではよかったのですが、うーん…黄色いジャケットに身を纏ったモーリス・デイ、何か微妙…。
まあ、モーリスのソロアルバムを聴いてわかっていたことではありましたが、声の張りはないし、音程も外しているし、踊りにキレがない…。うーん…懐古主義的なだけでは、ちょっと苦しいかな?結局共演したリアーナと傘を振り回すバックダンサーに食われてしまう格好で、すっかりリアーナのステージメンバーと化してしまったザ・タイム。モーリスが再び登場するも、あっという間に演奏終了。腕時計を見る素振りで「What Time Is It?」と口にしていたようですが、その声、マイクには拾われず…。

続きを読む