月別アーカイブ: 2011年7月

夏の終わりは、COMPLEX。


今年の夏期休暇は既に3日間を消化し、来週月曜日に残りの1日を消化して今年の夏期休暇は終了。これから夏期休暇を取得しようとしている人が大多数の中、僕だけ先に夏が終わってしまうような錯覚。

でも、いいんです。ここ5年のうちでは一番充実している夏期休暇の取り方なんだから。

いよいよ明日は上京してCOMPLEXの公演、そして終演後、高校同期の連中十数名との再会。一週間振りに会う人もいれば、高校卒業以来の再会となる人もいる。

四十路を過ぎて、故郷を懐かしむ人たちも増えたみたいだし、特に震災の影響で自分の「帰る場所」というのを無意識のうちに考えているのかな、とか思ったり。そういえば、地元弘前で開催するより集まりがいいような気がする。

とにかく明日はこの二つの行事が楽しみで仕方がない。小学校の遠足前夜にも匹敵するぐらい気分が昂揚しているかも知れない。

ちなみに妻はCOMPLEXには何の興味もないので、僕一人で上京。夜は妹と、妹の友達Hちゃんが一緒に参戦予定。明日はスタンド、日曜日の二日目がアリーナと、違う雰囲気を楽しんできます。

で、妹とは日曜日の終演後、最初のビール一杯を賭けて明日の一曲目を予想中。
妹はBE MY BABYかPRETTY DOLLとの予想、僕は今年の布袋のコンサートと傾向から、2011年版にアレンジしたROMAMTICAからPROPAGANDAへとなだれ込み、BE MY BABYはアンコールで演奏と予想。ただ、天の邪鬼なあの二人のことだから、予想を覆すとんでもない曲から演奏しちゃうんだろうか。

…あ、すいません。興味ない人には何のことだかサッパリの内容ですね。

しかしまあ、これを機に本格的な活動再開なんてことはないのだろうけれど、長い年月を経て震災復興という同じ想いを抱いて、再びタッグを組む二人がどんなステージを見せてくれるのだろう。

できれば、二人がそれぞれ行った被災地での支援活動も紹介して欲しいと思う。

震災復興の為に立ち上がった、熱い想いを持った二人の男のエネルギー、しっかりと受け止めてきます。

同期のみんな、先に楽しんでてね!


沖縄旅行後編【一年越しの念願達成】


【8日】
朝から天気がよろしくない。出発前の天気予報は4日間全て晴マークだったのに、太平洋高気圧が移動を始め、中心部から外れたことにより、大気の状態が不安定になっているらしい。風が強く、時折スコールのような雨がザッと降る。
8時30分過ぎにチェックアウトをした我々は、沖縄道経由で一路安座真港を目指す。所要時間は約1時間。フェリーの出航時刻は10時。そこから約20分程度で久高島に上陸、ということになる。
安座真港に到着したのは9時50分。既に乗船が始まっていて、港の駐車場には、たくさんのレンタカーが停まっていた。
フェリーくだか
昨今のパワースポットブームの中、沖縄にもたくさんのパワースポットが登場することとなった。代表的なのが、本島南部の斎場御嶽(セイファーウタギ)。そして、今日訪れる久高島。本当であれば昨年久高島を訪問しているはずだったのだが、何と訪問しようとしたその日がフェリーの定期検査という不測の事態に見舞われ、泣く泣く断念した、という経緯がある(で、結局その日は斎場御嶽を訪問した)。
なので、僕らにとっては一年越しに果たされる島への上陸ということになる。
この日は、強風に見舞われていたものの、無事にフェリーに乗船することができ、10時に安座真港を出港。思った以上に波風が強いようで、高い水しぶきを上げながら約30分で久高港に着岸した。
ようやく念願の、久高島上陸である。
フェリーくだか
フェリーくだか
島内に、レンタカーはない。あるのは、貸し自転車である。標識も信号もない、周囲約8キロの細長い島。島のほとんどは共有地で、集落のある場所は限られ、あとは手つかずのままになっているか、礼拝のための区画が点在している。
我々は事前に島を案内して頂くガイドさんをお願いしていたのだが、約2時間30分で、島内を案内して頂いた(自転車ではなく、自動車で)。
パワースポット、といえば聞こえがいいのかも知れないが、実際はとても神聖な島だということを思い知らされることとなった。
琉球の創世神が降り立ったという久高島。1970年代後半まで行われていたイザイホー(12年に一度行われる男子禁制の島の民俗行事)は、30年以上行われていない。琉球の神々と交信することのできるノロも、不在となったまま。予定では来年2012年にイザイホーが行われることとなるが、このままでは行われないのではないだろうか、というのがガイドを務める内間さんの見解だった。
フェリーくだか
オバーはたくさん見かけたが、オジーの姿はほとんど見かけなかった。
土葬、風葬、崖葬の風習がなお残り、宗教学的にも民俗学的にも、独特の習わしを持つ久高島。
パワースポットというにはあまりにも畏れ多く、むしろ畏敬の念を抱かずにはいられない、そんな島だった。
もう少し島の風習民俗について予習をすべきだったと反省しながら、ガイドを務める内間さんのお話しに耳を傾けた。
シークヮーサーの実
フボー御嶽
時間はあっという間で、僅か8キロとはいえども2時間やそこらで全てを吸収するには、あまりにも時間が足りなかったかも知れない。最後は久高島交流館にて、かつて行われたイザイホーの儀式のDVDを拝見、午後1時に島を後にした。
フェリーくだか
私見による久高島訪問の際の留意点を幾つか。
・最近流行のパワースポットと侮ることなかれ。島の予習は必須。
・初めての訪問の際は、ガイドさんをお願いした方がよい。いきなり自転車で島を回っても、歴史的な背景がわからないのであれば周回する意味なし。2時間5,500円、3時間7,500円。車で島を案内してくれる。
・郷に入ったら郷に従え。島の風習は絶対守る。特に立入禁止の場所には絶対に立ち入らない。
・島に流れ着いた珊瑚やその他のものは絶対持ち帰らない。
この日は那覇市内宿泊。
【9日】
ホテルを出発し、本島南部の糸満市へ。道の駅「いとまん」では、新鮮な地元の農産物や魚介を販売しており、とりわけ果物(パパイヤ、ドラゴンフルーツ、パイナップルなど)は、安価なものから高級品まで数多く販売されている。県外発送も行っているので、利用してみる価値あり。
13時30分、全ての旅を終え、沖縄那覇空港を後に。
また来年、この地に足を踏み入れます。間違いなく。
【沖縄に置いてきたもの】
携帯電話の充電器
日頃の疲れ
【沖縄から頂いたもの】
3キロ近くの体重
元気
旅のアルバム、作ってみました。


沖縄旅行前編【嵐を呼ぶ夫婦、返上】


7月6日から4日間、今年も恒例となった沖縄への渡航を果たした。天候にも恵まれ、いつになく充実した楽しい4日間であり、妻も僕も多少色黒になって帰ってきた。
【6日】
いつも通り5時20分に起床。シャワーを浴び、いつも通りの時間に朝食を済ませる。7時に自宅を出発、多少の渋滞に巻き込まれながらも、7時55分に青森空港到着。
手荷物検査場を抜けると、ちょうど搭乗が始まったところだった。
8時10分過ぎ、新幹線の車両より小さな飛行機が青森空港を飛び立ち、一路羽田へと向かう。磐梯山、猪苗代湖を眼下に、9時35分頃に羽田空港到着。ここで沖縄那覇空港に向かう便に乗り継ぎ。乗り継ぎの手続をまだ終えていなかったためカウンターで手続を済ませ、JALの出発ゲートに向かうと…。
毎度の事ながら、沖縄に向かう便の出発ゲート付近は、すっかり夏を先取りしたような風貌の人たちが急に増える。まぁ、我々もその一員ではあるのだけれど。
ちょっとした贅沢、というわけではないのだが、クラスJを確保していた。しかし、沖縄便のクラスJは子ども連れが多いのも現状で、正直ゆっくりできないこともある。
今回も子ども連れが多く、終始泣き続ける子どもがいたりで、結局機内で眠ることはほとんどできなかった。
13時20分、一年ぶりとなる那覇空港へ降り立つ。天気は、まずまずといったところだろうか。週間予報では滞在中、ほとんど雨が降らないとのことだったので、ケアを怠るとあっという間に日焼けを超え、やけどのような状態になってしまうことだろう。事前に念入りに日焼け対策のクリームを塗り込んでおいたので、あまり心配はしていないのだが。
レンタカーの営業所で多少時間ロスはあったものの、14時前には出発。
まずは空港の南に位置するアウトレットモールへ。
あしびなーにて
早速土産などを買い込み、17時30分頃に宿泊地であるルネッサンスリゾート・オキナワに向けて出発。
昨年は、沖縄自動車道が全線無料化されていたため、一般道と大して変わらない渋滞が起きていたが、今年はちょうど無料化が終了していたため、思ったほどの渋滞ではなかった。このため、思った以上にスムーズにすいすいと走行することができ、18時40分頃にはホテルに到着した。
ホテルロビー
この日の夜は、ホテル内のレストランにおいて食事をすることにしていた。妻には事前に伝えておいたのだが、妻の誕生日が近いということでレストラン側にバースデーケーキをお願いしていた(ちなみにこれ、ホテル側のサービスなのです)。
妻へのバースデーケーキ
しかし既に満腹状態の我々、結局ケーキにありつくことなく、その日はあっという間に睡魔に襲われることとなった…。
【7日】
いつもの時間(朝5時20分頃)に目が覚める。
朝食はバイキング形式で6時30分にオープンするのだが、7時以降には満席になることを知っていたので、いつもの朝食の時間より若干遅めの6時40分にレストランに足を運んだ。5分から10分で済ませてしまう朝食だが、ゆっくり1時間程度朝食を堪能。
さて、問題はこの日のスケジュール。何をするということが全く決まっていなかったため、行き当たりばったりの一日となる予定だったのだが、思いの外これがまた充実した一日となった。
まずは、妻がかねてから果たしたいと思っていた念願達成。朝食を済ませたあと、ドルフィン・プログラムに参加し、イルカを間近で見ることに。
ホテル隣接の施設
ほとんどが親子連れの中、四十路そこそこの夫婦が混じっているのは端から見ると奇妙だったかも知れないが、時折愛くるしい仕草を見せるイルカに、妻も僕も大満足。
イルカのエサやり
一旦部屋に戻り水着に着替え、ビーチへ。この日も朝から青空が広がり、日焼けすること間違いなしだったが、そんなことは気にしない。チェックインの際に貰ったチケットを活用し、シュノーケリングにカヌーと、結局2時間近くビーチで遊んでいた。
シュノーケリング中の発見

シュノーケリング中の発見

ホテルにて
昼はソーキそば、と決めていたので、どこかないかと探したところ、沖縄南ICそばに、すっかりお気に入りとなった我部祖河食堂があるのを発見。名護市まで行く必要がないので、結局そこで済ませることにした。車で約20分、念願の沖縄そばにありついた。
我部祖河食堂・三枚肉そば
さて、このあとはまさに行き当たりばったりである。取りあえず車の流れに乗って南下すると、国道58号線にぶち当たった。そこから再度北上すると、右手には米軍キャンプが広がる。
この米軍キャンプを一望できる道の駅「かでな」に立ち寄ることにした。そう、この米軍キャンプは、嘉手納基地なのだ。
道の駅かでな
嘉手納基地を一望できる道の駅の展望台に行くと、まずその広さに圧倒される。那覇空港の非ではない。そして、マニアと思しき人たちが、カメラを抱えて米軍機の離着陸を待っている。
嘉手納基地
いくら待っても動きがないので帰ろうと階段を下りていたときに米軍機が着陸したらしく、再度展望台に向かうと、2機の米軍機が滑走路を進んでいるところだった。
道の駅「かでな」をあとにした我々は、再び北上を始め、残波岬に向かった。この界隈には、陶芸を始めとする芸術作品を展示、販売するアーティストが数多くいるようで、我々が訪れた小さな店では、革製品を展示販売していた。一つ一つ手作りなのだが、さすがに革製品というだけあってお値段もそれなり。記念に、ということで小さな草履の形をしたストラップを購入。裏には「なんくるないさ」という文字を彫ってもらった。
ホテルで夕食を済ませ、荷物を整理。いよいよ明日は、神の島「久高島」への上陸が待っている。
(続く)