日別アーカイブ: 2004-09-29

ゆるキャラ大図鑑


五輪=トリノ冬季五輪のマスコット発表(ロイター)
 9月28日、2006年トリノ冬季五輪の大会マスコットが発表された。マスコットは、「ネーベ」(左)と「グリツ」


トリノ冬季五輪のこのキャラクター、何かパッと見た感じだと、腐りかけのタマネギと豆腐みたいだ…。
しかも、全身が映し出されていないわ、顔がはみ出しているわ。しかも表情がなんだか微妙だし、おまけに名前が「ネーベ」と「グリツ」来たもんだ。絶対この名前を聞いて、「そりゃネーベ」っていう人出てくるぞ、多分(あ、僕か…激寒)。「グリツ」だって、最初「グリッ」だと思っちゃいました。「グリッ」って何だよ!と思ったのですが、「グリツ」だったんですね。何か中途半端な名前だなぁ。でも、ちょっとだけインパクトはあったぞ。
インパクトのあるキャラクターといえば、みうらじゅん氏が発掘することで有名な「ゆるキャラ」ですが、最近のキャラクターは今ひとつインパクトが薄いですね。アテネオリンピックのキャラクターの顔と名前、出てきますか?僕は全く思い出せません。最近では愛知万博の「キッコロ」と「モリゾー」がゆるキャラの代表格として持ち上げられているようですが、恥ずかしいお話、愛知万博のキャラクターは「モッコリー」だと、つい最近まで思い込んでいました。
全国を見ても各自治体の警察や、自治体が主体となって行ういろんな大会には、いわゆる「ゆるい」キャラクターが登場するわけですが、このキャラクターを集めた「ゆるキャラ大図鑑 」なる本まで登場しているようです。もちろんみうらじゅん氏が監修したもの。1,980円という「高額」本のため、購入するのは勇気がいりますが、是非近いうち購入してみようと思います。身近で購入された方がおられましたら、是非ご感想を一言。