日別アーカイブ: 2022-07-03

クロスオーバー・イレブンと「America」 #prince


2010年に制作されたにも関わらずお蔵入りとなり、昨年、突如発売されたPrinceのアルバム「Welcome 2 America」。発売直後に小恥ずかしいレビューじみた内容を投稿したが、そういえば僕がPrinceにのめり込むきっかけとなった曲のタイトルが「America」だった、ということを思い出しながら、ふと感慨に耽っていた。

Princeの名声と地位を確固たるものとしたアルバム「Purple Rain」の次に発表されたアルバム「Around The World In A Day」に収録され、85年にシングルカットされた「America」は、12インチの曲の長さが21分を超えるということで有名。曲調はといえば、延々と同じループが続き、そこにギターをはじめ色んな音が少しずつ被さるというもので、単調といえば単調なのだが、個人的には不思議なことにずっと聞いていられる音なのだ。

シングルのジャケットを飾るのは、アルバムジャケットの裏面に登場していた少年

続きを読む