日別アーカイブ: 2004-04-17

一眼、デジタル、インスタント、使い捨て


僕は全く無意識だったのですが、他人から言われました。何でそんなにデジタルなもので身を固めているんじゃ、と。周りを見ると、携帯電話は言うに及ばず(一応アレもデジタルなので…)、ポータブルのMDプレーヤーにCDプレーヤー、そしてPDAと、まぁ都会では「普通」の事なのかも知れませんが、特にこちらではPDAの普及は極めて少なく、確かに電車で座っている時にPDAを取り出すと、必ず隣の人は何が起きているのか覗き込もうとします。使ってみるとそれはそれで非常に楽なのですが…。
で、PDAとデジカメはこれまで買い換えたことがないのですが、どちらも旧型に輪をかけたような古参者。特にデジカメは130万画素と、気がついてみると、下手をすると携帯以下の画素数になっていたわけです。実際何度か現像を試みたことがあるのですが、やはりその荒さは通常のフィルムカメラには遠く及ばないような状況で、ハッキリ言ってウェブで見るのも辛いかな、と。で、以前から密かに買い替えを企んでいました。
ちなみに今使っているのはソニーのP-30という廉価版の機種なのですが、某店に買取を依頼すると最高で6,500円になるんだそうです。思えば3年以上に渡ってあちらこちらで活躍していたわけで、遠くサイパンの地でも頑張ってもらったし、買い換えてもいいかなぁ、という思いに急に駆られるようになりました。
うちの伯父はカメラ好きで、娘である従妹も最近はロモのカメラにはまっていて、バシャバシャ撮影しているようです。僕の場合あんまり撮影する機会もないのですが、日常の一コマをパシャっと撮る、いわばスナップ程度の写真を撮っては即公開というのがちょっとした理想なんですね。
一眼レフのデジカメも理想。でも、480円で売っているような使い捨てカメラも理想。インスタントもいいと思うし、ロモも使ってみたい。
もっとも、使いこなせないとなれば全く無意味なのですが…。取りあえず見積もりだけ出してみようと思います。
何で急にカメラを買い換えたくなったか。多分、間もなく咲き乱れる綺麗な桜を撮りたいと思ったから、かな。