日別アーカイブ: 2006-06-24

六ヶ所村長選挙


※今日のお話はひょっとしたら何か政治的思想に繋がると読んでしまう人もいるかも知れませんが、私にその気は全くございませんのであらかじめご了承下さい。また、この場で核燃推進か反対かといった議論を繰り広げることについても、私としては望んでおりませんし議論するつもりも毛頭ございませんのでご容赦を。

青森県上北郡六ヶ所村。青森県内に二つしかない、普通交付税の不交付団体(すなわち、単独財源のみで村を運営することができる)である。ちなみにもう一つの不交付団体は隣村の東通村。こちらは東通原子力発電所を抱える。

六ヶ所村といえば、核燃料サイクル施設をはじめとする核燃料関連施設の建設、立地が進められていることで全国的にも知られている。万が一にも万が一のことが起きてしまうと、日本全国のみならず、全世界にも波及する大事故に繋がりかねないため、「核燃No!」を声高に叫ぶ人も少なくない。

しかしながら、地元六ヶ所村ではこのことをどう考えているのだろうか。
大学院に在籍していた頃、某村長選挙における住民の投票行動に関する研究を協同でまとめた経験上、今日は少々アカデミックかつ知的に迫ってみようと思う(長文駄文失礼)。

続きを読む