日別アーカイブ: 2015-09-10

Prince の新作「HITNRUN Phase One」と関連情報


電車に乗って青森に通勤している途中、目の前に立っていたちょっと可愛めなJKと目が合いまして、彼女がニコニコしながら何かを訴えたそうな顔をしているので、「お!ひょっとして俺もモテ期突入か?」と思って気取っていたら、股間のファスナーが全開になっていることに気づきました。
モテ期から一転氷河期突入。ホント穴があったら入りたかったです。

 

さて、生涯モテ期を驀進中、我らが愛しのプリンス御大。

昨年10月、4年ぶりに本人名義の「ART OFFICIAL AGE」(以下「AOA」と表示)とPrince & 3RDEYEGIRL名義の「PLECTRUMELECTRUM」という2作を同時発売し、その後もこまめに活動を続けていたんですが、突如「HITNRUN Phase One」なる新作を発表してしまいました。しかし、TIDALという、音楽プロデューサーのJay-Zが買収した定額制音楽配信サービスからの発表。
散々インターネットにダメ出ししていながら、結局また配信サービスを利用するだけじゃなく、よくみたら現在は入手困難な過去のnpgmc音源までアップされているし…。(KIDさん情報頂きました。ありがとうございました。)

最後の来日から既に10年以上経過しており、その間もいろんなアーティストが日本に出稼ぎに来ておりましたが、彼の場合はどうやらギャラが桁外れで招聘が難しい、というのが実情なんですかね。そこまで毛嫌いしなくてもいいのに、とか思ってしまうんですけど。

さて、そんなワケで日本ではまだ触りしか試聴しかできないはずの新作「HITNRUN Phase One」なんですが、そこはほらワタクシ、前回の来日を契機に知り合った全国のプリンス仲間に恵まれていることもありまして、あれがアレしてこうなって、ひとまず全曲通して試聴することができました。

収録曲は以下のとおり。
1.”Million $ Show”
2. “Shut This Down”
3. “Ain’t About to Stop”
4. “Like a Mack”
5. “This Could B Us”
6. “Fallinlove2night”
7. “X’s Face”
8. “Hardrocklover”
9. “Mr. Nelson”
10. “1000 X’s & O’s”
11. “June”

ジャケットを見た時点で、「これってAOAのパロディ作品かいな」と思ってしまったのですが、結論から言いますと、結局のところこれって前2作のアウトテイク集なの?みたいな感じ。1曲目は、デビュー作の配信を巡って大手レコード会社と揉めることとなったJudith Hillをフィーチャー。この他にもゲストアーティスト(それも若いオネエちゃんばかり)が参加していて、また何か企んでいるのかしら、と詮索してしまいます。既発の曲のリミックスとか、あれー?この音聴いたことあるなー…っていうツッコミどころが満載で、それはそれで楽しいと言いましょうか何と言いましょうか…ハイ。

Prince Inks Exclusive Deal With TIDAL To Release Much Anticipated New Album, HITNRUN. Release Date Set For September 7th, 2015 (PRNewsFoto/TIDAL)

artofficialage1500
(ちなみに上がHITNRUN Phase Oneのジャケット、下がAOAのジャケット)

直近の彼の作品って今ひとつしっくり入ってこないというか、いい曲と捨て曲がハッキリ分かれているというか、そんな印象を勝手に抱いておりまして、正直申し上げると新作が急に発表されるといわれてもあまり期待は持てなかったワケです。
その予想は今のところ当たっておりまして、正味40分弱、ほぼ切れ目のない11曲が、まるでBGMのように流れていきました。まあ、これから聴き込んでいけば「いいじゃん」ってなるのかも知れませんが、「いいじゃん」ってなる前に飽きが来そうな感じ(笑)。例えていうならば、やっつけ仕事で発売した「The Vault」とか「Chaos and Disorder」みたいな印象。(しかしあちらの方が捨て曲は少ない、と思う。)

多分、EDMの流れを汲むことによって、ファンクでもロックでもない、「中性」音楽みたいな仕上がりになっているのが、しっくりこない一番の理由なのかも。(EDMを否定するつもりは毛頭ありませんので念のため。)

もっとも、そもそも何でこのタイミングで発表したの?というのが一番の疑問なんですけど、何かあるんでしたっけ?

まあ、そのうちCDでの発売も予定されているみたいなので、何だかんだ言いながらも取りあえず入手はしておきたいな、と思うところ。更に、噂では「Phase Two」が近々発表されるとの情報もありますが、Phase Twoとなりますと「Phase One」から更に漏れたセカンド・アウトテイク集みたいな感じで、一体どんな作品なんだろう、という興味があります。しかし、こちらもきっと予定通り噂の域を越えることなく立ち消えするんでしょうな。

一方国内に目を転じますと、何と「プリンス論」なる新書が発売されます。著者は「ノナ・リーヴス」のシンガーで音楽プロデューサーなども務める西寺郷太氏。プリンスのデビューから直近に至るまでを6つの章に分類し、240ページにわたって分析を行うという内容。
もう、好きな人にはたまらなくて、興味ない人には「何のこっちゃ?」という書籍になること間違いなし!
是非貴方の本棚に一冊飾ってくださいまし。17日発売。

そして、「WOWOWぷらすと」では、14日の19時30分から、その西寺さんがMCを務め、出版記念の番組を生配信。ゲストに吉岡正晴さんを迎えて、「プリンス論」にまつわる「プリンス論」が展開されるようです。
ちなみにここだけの話ですが、私のお友達もシークレットゲストで登場するらしいです。(お友達、というのは図々しくもあり、おこがましい気もするのですが…。)

WOWOWプラスト

というわけで、にわかに彼の周辺がまた騒がしくなっておりますが、これから一体どういう方向に進んでいくことやら。ファンはここしばらくまた目が離せなくなりましたな。