日別アーカイブ: 2020-05-10

1か月半ぶりのジョグ


マラソンこそが不特定多数の集まるイベントだと捉えられ、感染リスクが問われるようになったのが数か月前。エントリーしていた大会は相次いで中止が発表され、秋以降の大会だってこの状況ではどうなるか見通しが立たない。結果として、主催者側も中止を恐れ、エントリー開始を打ち出させずにいるのだろうか。いや、現状を鑑みると、秋以降に大会が行われるとしても、正直言ってちょっと腰が引けてしまう。

パチンコ屋と同じ、というわけではないが、なんでここまで市民ランナーばかりが槍玉に上げられるんだろう?そんな懐疑心すら生まれるほど、ランニングに対するバッシングは酷かったように見受けられたし、今もランナーに対する風当たりが強いような気がするのは、単なる被害妄想だろうか。

あー…走りたい。

そもそも今回の状況が地震や風水害と大きく異なるのは、それらの場合はある程度地域が限られるため、被災した地域に対して、被災しなかった地域が手を差し伸べ、一緒に頑張りましょう、といった思いやりの精神が生まれ、それが支え合いや助け合いに繋がるのだが、今回の新型コロナウイルス感染症は、国内、いや世界の全域が同じような災禍に見舞われ、しかもそれぞれが得体の知れないお化けと戦っているような状況なので、手を差し伸べ合うどころか、いがみ合いや軋轢がどんどん顕著になっているのがわかる。

国内も同様で、手を取り合うどころの話ではなく、我先にと手を伸ばしてパイを奪い合い、更には隣の芝生を見ては憤り、やり場のない怒りのぶつけどころを探す、そんな状況に陥っているのではないだろうか。

もはや全てのジャンル、全ての業種職種が災禍に見舞われ、全ての人たちが受難の憂き目に遭っているわけで、我々も含めて置かれている状況はみーんな同じはずだと思うのです。混沌とした状況が収束した先に、また平和が訪れることを祈っているのですが、さて…。

続きを読む