日別アーカイブ: 2019-08-17

5度目の「ふるさとがえり」は、歴史ある映画館で。 #ふるさとがえり


JR大館駅から程近いところに、60年以上の歴史を持つ「御成座」という映画館がある。複合型の映画館が大勢を占める中、東北地方で唯一となる単立の映画館として、今も残っているとのこと。

ここを会場に、映画「ふるさとがえり」の上映会が開催されること、脚本を担当された栗山宗大さんを招いてのトークショーが開催されるということで、台風10号の進路を気にしながら、休暇を頂いて大館市に足を運んだ。

全国でも数少ない「有人の踏切」として知られていた旧小坂鉄道の御成町踏切も目と鼻の先にあった。

今は廃線となって道路から線路が外され、踏切の構造物だけがまだひっそりと残っている。(実はこういう鉄道の遺構を見かけると、かなり心がときめいてしまう。)

強い雨が時折降っていたが、上映前に廃線の跡を少しだけ散策してから、会場に向かった。

会場に向かう前に、踏切跡の目の前にある「わっぱビルヂング」にて、関係者の皆さんそして久しぶりの再会となった同志の皆さんとご挨拶を済ませた。

その後、上映会の開催される御成座へ移動。この日は3度の上映を予定していて、2回目の上映が終わったあと、3回目の上映の前に実行委員会のSさんと栗山さんが登壇、トークショーが開催された。

自分でも密かな夢とか目標とかを朧気に抱いているけれど、結局それが叶っていないのは、痛みとか苦しみとかを伴っていないからなのかな、とか思いながら、栗山さんのこの言葉にハッとさせられた。

続きを読む