日別アーカイブ: 2006-11-28

選挙民への愚弄行為


去年の9月。郵政民営化だ刺客だ何だと騒いだあの選挙は、一体何だったんだろうか。
言わずもがな、このことである。

「民営化反対とは一言も言っていない」造反組が会見

自民党は28日午前、郵政民営化に反対し、同党を離党した造反組のうち、堀内光雄・元自民党総務会長ら無所属衆院議員11人の復党を審査する党紀委員会(笹川堯委員長)を12月4日に開くことを決めた。

早ければ、同日の委員会で復党が正式決定する。誓約書を出さなかった平沼赳夫・元経済産業相については、復党願を受理せず、預かることになった。

復党する11人のうち、堀内、古屋圭司、山口俊一、森山裕の4氏は28日午前、国会内で記者会見した。堀内氏は、「首相が温かい気持ちをもって、復党にゴーサインを出してもらい、感謝の気持ちで一杯だ。基本的に郵政民営化に反対ではなく、選挙期間中の会見、公報でも反対とはひと言も言っていない。賛成だ」と強調した。山口氏も「民営化自体は反対ではない。衆院選でも党内手続きがあまりに乱暴だったということを論争した」と語った。

一種開き直りとも取れるこの発言には、呆れる以外なかった。
彼らは郵政民営化に反対したから自民党から離党せざるを得なくなり、刺客を送り込まれながらも、薄氷を踏む思いで議員の座にしがみついたのではなかったのか?

続きを読む