日別アーカイブ: 2007-01-05

何だかなぁ…。


年始めからいきなりの溜息ですいません。

突然なんですが皆さん、五体満足でいられるということは本当に幸せなことだと思いませんか。

普段生活している上ではそんなことなんて全くといっていいほど意識していないんですけど、ここ最近、本当にそういう意識を強める出来事が相次ぎまして…。

暮れの12月31日。我々夫婦そしてじゃん子が仲良くさせて頂いている方のお兄様が、44歳の若さで天国へと旅立たれました。何とも言えぬ、居たたまれない気分です…。

そして今日、普段からいろいろとお世話になっている同職の先輩(今年49歳)から、新年の挨拶もそこそこに「奥さんがガン検診に引っ掛かった」という衝撃の告白を聞かされました。結果は来週ハッキリするとのことでしたが、気苦労している様子が全身から滲み出ていました。
奥さんも同職の方。よく知っているだけに、何かキツネにでもつままれたような気分でお話を伺っていました。

ふと自分の身に置き換えてみました。
大病していないことだけがせめてもの救いといえばそれまで。
その一方で、自分でいくら気をつけても、どうしようもないことだってあることも承知の上。

僕の家系では、父方の祖母が大病を患い、何度も手術したことが記憶に残っています。
母方の祖父は、入院してからあっけなく亡くなったような記憶が朧気ながら残っています。

それにしても、とりわけ最近全く不養生だった自分の生活振りを猛省。
人間ドックで指摘されたことは何一つ守らず、「年末年始だから」と自分に甘えての暴飲暴食。

皆さん、健康は何よりの宝です。普段意識していなくても、いや、意識していないからこそ病は突然やってくるものなのだと認識すべきなのかも知れません。

この一年を大過なく過ごすためにも、何事も過信せず、日頃の体調管理に気を配りながら毎日を送っていきたいと思います。