月別アーカイブ: 2020年11月

エレカシ・宮本浩次が唄う、おんな唄 #宮本浩次 #ROMANCE


エレファントカシマシのボーカルを務める宮本浩次が初のソロアルバムを発表したのが今年3月。繊細さ2割その他1割といった内容で、残りの7割を占めていたのは、圧倒的な「勢い」だった。横山健のギターが暴れる曲、スカパラや椎名林檎との共演作、更には俳優の高橋一生への提供曲など、ソロ名義で最初のアルバムなのに、ベスト盤の様相を呈している!と個人的には思ったぐらい。(というレビューを前回投稿している。)

新型コロナウイルスの感染拡大により全国に緊急事態宣言が出された時期、それは宮本にとって初となるソロでの全国ツアーを開催する時期と重なった。結局ツアーは中止となり、恐らく観客を圧倒していたであろうステージが日の目を見ることはなくなってしまった。

更に、6月12日のバースデーライブも「作業場」での開催となり、オンラインでの配信そしてWOWOWでの放送と相成った。ちなみにこのライブの完全版は、先に発売された「P.S. I love you」の12cmシングルの初回限定盤にDVDが同梱されており、こちらも入手困難となっているようだ。(この作品も面白いので、12月30日のWOWOWでの再放送をご覧いただき、興味が湧いたら是非購入してみてください。今回のアルバムに繋がる伏線もあります。)

さて、その「作業場」でも制作が進められたというアルバム、僅か8か月というインターバルでの発表の充分驚きに値するところだが、全曲カバー、それも全て女性アーティストの楽曲という構成で、昭和から平成にかけて、いわゆる歌謡曲からポップナンバーまで、かなり幅広い選曲になっている。そんなアルバムのタイトルは、「ROMANCE」。ほぼすべての楽曲のプロデュースを小林武史が務めている。

【作品紹介】
信頼する人たちと厳選と研鑽を重ね、カバーアルバムは形となっていった。
収められた楽曲のオリジナルは、すべて女性が歌った楽曲。
1リスナーだった少年時代の宮本が親しんだ楽曲から、今回新たに出会った楽曲までも含むが、いずれも宮本が愛してやまない楽曲が揃った。
オリジナルの歌に最大限のリスペクトを払いながら、1曲1曲を歌い込んだこのカバーアルバムは、宮本浩次のもつ歌い手としての力、魅力が、最大限に発揮されたものとなり、プロデューサー陣のアレンジ、ミュージシャンの演奏と相まって、カバーアルバムの最高峰と呼べる作品となっている。

続きを読む