日別アーカイブ: 2008-09-14

初七日


突然やってきた父との別れ。
現職市議の衝撃的な死は、マスコミにとって格好のスキャンダルとなり、その対応に非常に苦慮した。
何故?どうして?みんなが問いかける。しかし、真実は父の胸の中に秘められたまま。だから、「本人に直接聞いて下さい」と切り返すしかなかった。

僕は喪主として父を送り出すことになった訳だが、何が何だかわからぬまま一連の儀式を終え、初七日を迎えた昨日、納骨を済ませた。
火葬場に集まった人、約200名。お通夜に参列した人、約850名。うち、会場に入りきらなかった人、約100名。お葬式に参列した人、約200名。
これらの数字が、父がいかに偉大な人物であり、そしていかに人に慕われていたかを表すものだと思った。

僕たちは、最後まで家族を守るために万策を尽くし、そしてこの世を去った父を誇りに思う。喪主挨拶でも、僕はこのことを申し述べさせて貰った。

あれほど嫌気がさしていたはずなのに、今は少しでも父の側にいたくて、遺影の前からなかなか離れることができない。

父を送り出したのに、未だそのことを現実として受け入れられないのも事実。ふと父を思い出しては、落涙する時間を過ごしている。

今はただ、時間だけが僕たち家族にとって心を癒す薬となっている。
でも、そっとして欲しい反面、誰かに優しい言葉を掛けて欲しいのも事実だ。しばらく傷は癒えそうにない。


父の訃報に接し、このブログをご覧頂いている多くの方々から御弔意、御弔電等を賜りました。本来であれば直接御礼を申し上げるところでありますが、取り急ぎこの場をお借りして深く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。