日別アーカイブ: 2015-07-24

たすきと心を繋ぐリレーが始まった。


この4月から震災復興関連の部局に人事異動となったことは、多分たまたまではなく、僕にとっては必然的な異動だったのだろうと考えている。異動から既に4か月が経とうとしている中、相変わらず仕事の内容の全貌を掌握するまでには至っていないが、いろんな形で「復興」に携われていることに、個人的にはちょっとした喜びすら感じている。

さて、他の部局の友人から参加要請があった「未来(あした)への道1000km縦断リレー」。
何の躊躇もなく申込み、職場内の了解もすぐ得られた。いや、むしろ仕事の一環として行けばいいのではないか?他の同僚も参加しないか?そんな前向きな言葉が聞かれる職場に配属になったことに、心から感謝した。

東日本大震災から4年4か月。震災に対する意識の低下や風化が叫ばれつつある中、被災三県と呼ばれる東北地方の岩手、宮城、福島の各県をはじめ、隣接する青森県や茨城県など、まだまだ復興の道半ばという地域は多い。いや、むしろマイナスからスタートした復旧がようやく終わり、ゼロの位置から復興が始まる、というところも相当あるはずだ。

7月24日金曜日。そんな中で行われた「未来(あした)への道1000km縦断リレー」のグランドスタートのセレモニー。職場に隣接する青い森公園からスタートするということも、参加を後押ししてくれた要因の一つだ。

この日は折しも2020年東京五輪のちょうど5年前という記念すべき日だそうだ。セレモニーが始まり、アンバサダーであるシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん、元AKB48の秋元才加さん、長野パラ バイアスロン競技銀メダリストで青森県在住の野澤英二さん、車椅子バスケットボール選手の藤本怜央さん、三代目 J Soul BrothersのELLYさん、更にはELLYさんの弟でTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマーLIKIYAさんもゲストランナーとして登場し、会場は黄色い声援が飛び交いました、とさ(仕方ないこととはいえ、実はこの時点で結構興醒めしていました。ハハハ)。
まあ、これから僅か1.4キロとはいえ、この方々と一緒に走るというだけでも凄いことだと思いませんか。興醒めしつつも、かなり気分が高揚していた、というわけだ。

…実は気分が高揚していたのには、もう一つ大きな理由があった。
今回、弘前公園ランニングクラブのメンバーにも声かけをしたところ、3名が参加してくれることとなった。そして、タスキを繋いだあとの青森第2区では、ランニング仲間のSさんファミリーが参加することが決まっていた。ということで、せっかくだから皆さんで集合写真を…と集まっていたところに、スタッフの方が申し訳なさそうに近づいてきた。
image

「すいません…ファミリーの方ですか?」
「いや、全員がファミリーじゃないんですけど、仲間です。」
「あの…選手宣誓お願いできませんか?」

あまりの唐突なお願いに唖然とする一同。
「やる!やる!」とはしゃぐ子ども達。
「いやいやいや…」と拒絶する親御達。
ええい、仲裁じゃ。
「…わかりました。受けましょう。ただし、この全員で。」
「わかりました。ありがとうございます。」

いいんです。せっかくこういう場に居合わせてそういう機会を頂くだけでも、ラッキーと思わなきゃ。どうせ出るなら楽しもうよ!

…と軽い気持ちで引き受けたはいいのだが、セレモニーが進み、いざその時間が近づくと、皆無口に。
しかも運悪く、2区を走るSさんファミリー3名に招集がかかり、結局残された4人で宣誓しなければならなくなったことも、更に緊張感を高めていた。

ゲストランナーから一般ランナーへのタスキの受け渡しが終わり、いよいよ出番。出されたカンペを読めばいいだけだから…と軽い気持ちで受けてはみたものの、いざ壇上に上がると、緊張感がマックスに。

ひとまず言葉を噛むこともなく宣誓を終えたが、終わって周囲を見渡した途端、とんでもない場所に立っていることに改めて気づき、足がガクガク震えていたことを今だから明かそう。ちなみに、宣誓のセリフは一言も覚えてないっす。

集合写真の撮影など、諸々のセレモニーが終わり、スタート地点への移動が始まった。100名のふれあいランニング区間の参加者、恐らく半数以上のお目当ては、ELLYさん兄弟なのだろう。三村申吾青森県知事がスタートの号砲を打ち鳴らすと同時に、隊列がワッと崩れてランニングが始まった。
しかし、よくみると歩道を走っているギャラリーの方が速く前に進んでいる。つまり僕らは、歩くスピードかそれ以下のスピードで走っているのだ。
今回は青森県警の協力もあり、1.4キロ先の青森市立橋本小学校までの区間は交通規制が敷かれ、車道を横一杯使って走っている。しかし、前述の通りお目当てのゲストランナーに少しでも近づこうとしているのか、向かって左側が大行列をなし、逆に僕が走っている右側はかなり余裕があったため、気がついたらゲストランナーのすぐ背後を走っていた。(ちなみに前を走っていたのは車椅子のお二人。そのすぐ後ろを、恐らく東京都議会議員の方が走っていて、僕らはその後ろを走っていた。)

たかが1.4キロ、されど1.4キロ。ここから東京までの1000kmのリレー(実際は1200キロを超えるらしいが)が始まる。

15分もかけて走ったということは、ハッキリ言って歩くスピードよりも遅い。
にもかかわらず、ふれあいマラソン区間のゴール地点である青森市立橋本小学校に到着する頃には、気持ちいいほど汗が噴き出ていた。暑さだけではなく、何か胸にこみ上げた違う熱さのせいもあったかも知れない。

先方には、Sさんファミリーの姿が見えてきた。
1区の約100名はダラダラと走っていたが、2区は5名?7名?しかいないらしい。

image

ゲストランナーからたすきを受け取る。この辺りの段取り、進行も実は結構グダグダで(というかマスコミ向けのパフォーマンスが多すぎて)、何度もたすきを受け渡していたのが印象的だった。

更に、よくみると100人のランナー以外の一般客も入り乱れていて、もはや収拾がつかないぐらいグチャグチャ。あれだとELLYさんもかわいそうだし、他のゲストランナーにも失礼だな、と思ってしまった。

まあでも、少なくともゲストランナーの皆さんは震災からの復興に対する同じ思いを持って走っていたと信じたいし、たすきを受けて走り出したSさんファミリーやその後たすきを受け取った自転車の方々も、きっと復興に対する何らかの思いを持ってこのイベントに参加しているのだろうと、受け止めた。(もちろん僕も。)

職場に戻り、沈思黙考。
今日一日で、かけがえのないとてもいい経験をさせてもらったと思う。さて、この先も僕は、震災の復興に向けて少しでもその一助となれるよう力を出すしかないね。頑張ろうっと……なーんて難しく考えるの、今日はやーめた。あー、楽しかった!

あ、そうそう。実は私、高橋尚子さんと握手してました。すいません。