日別アーカイブ: 2005-09-12

今年最大のヤマ場


選挙のことをいろいろ話したかったのだけれど、正直それどころではない。
一つだけ言えば、郵政民営化なんていうのは正直どうでもいい問題で、例えば07年に団塊の世代が一斉に退職を迎えたあと、年金はどうなるのか。我々の世代になった時に、年金はどうなるのか。争点の噛み合わない中、そのことに関しては、誰の口からも聞けなかった。
「選挙区は○○へ、比例区は△△党へ!」
ポスターの内容とはかけ離れた、説得力のない「お願い」。他党候補の応援に、何の抵抗もなくぬけぬけとやってくる地方議員。
選挙区で落選しても比例区で復活当選するという理不尽。
結局、大政党や特定の組織にばかり都合のいい選挙制度になっていることを、有権者は誰もおかしいと思わないのだろうか。
いっそのこと、中選挙区の復活を望みたいところだ。
自民党が圧勝した?民主党が惨敗した?国民が小泉首相に将来を委ねようというのであれば、それでいいじゃないか。
ただ、「何でも出来る与党」を誕生させてしまった以上、強者に優しく、弱者に冷たい強権政治がまかり通ることは、覚悟した方がいいだろう。
消費税増税、福祉や社会保障の削減…これらは、有無を言わさず享受しなければならなくなることだけは、肝に銘じておいた方がいいかもしれない。
さて、長くなってしまったぐだめぎはこれくらいにして。

続きを読む