月別アーカイブ: 2008年10月

WBCの監督


原監督の就任が決定=コミッショナーの要請を快諾-WBC

来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督に、巨人の原辰徳監督(50)の就任が28日、決まった。プロ野球の加藤良三コミッショナーが川崎市内の読売ジャイアンツ寮に原監督を訪ねて就任を要請。同監督が快諾した。会談後、原監督は「自分の持てる力を出して、強いチームをつくる力になりたい」と語った。

星野JAPANによる北京五輪メダルなしの結果を機に、何か損な役回りといった印象が植え付けられてしまったというか、言わば結果が出る前から責任の押し付け合いみたいになっていたWBC監督問題が、すったもんだの末ようやく決着を迎えた。
野球に限ったことではないが、これまでの国際舞台での監督選出は、実績や経験から、どうしても過去の栄光にすがってしまう傾向があった。
しかし、今回の原監督の選出は、ある意味両者にとって「英断」といっていいだろう。ようやく野球界にも世代交代の波が押し寄せた、といったところだろうか。

ただ、これまでの紆余曲折を考えれば、誰が監督をやってもおかしくない状況だった訳であり、裏を返せば、本音は誰もやりたくなかったのでは。

そういう意味では、結果が全てといった風潮が色濃い世界で、原監督が世間の矢面に立った(いや、立たされた?)、という見方も出来る。

実際、みんなが「この人なら!」という絶対的オーラを持った監督は、今の球界にはいないだろう(かつてなら「長嶋や王なら仕方ないか…」みたいな風潮があった)。

もちろん原監督がWBCの監督を受諾することには賛否両論あるだろうが、これはハッキリ言ってどこのラーメンが一番好きかを全国民に聞くのと同じ様なものだと思う。

星野ラーメンは、味を引き出すだけのトッピング(T淵、Y本)を並べただけで、味気ないラーメンに仕上がったこと、その他の具材や調味料が全然揃わなかったことが戦略的な失敗、と囁かれていた。

だから原ラーメンには、自分の好きなトッピング(コーチ)だけを揃えるのではなく、アクの強い具材(的確な反論と助言をするコーチ)も加えて欲しい。さらに、良質の素材や調味料(選手)を揃えて、万人を唸らせるような味に仕上げて欲しいと思う。

世代交代ということで、コーチ候補には野茂の名前が浮上している他、今後は大リーグ経験者やちょっと名の馳せた、いわゆるカリスマ性のある人(敢えて誰とはいいません)の名前が挙がってくる可能性もある。

日本は前回の第一回大会で優勝しているということもあり、間違いなく各国の研究材料、ターゲットにされてくるだろう。
今の原監督が「世界の王」を名実ともに超えるのは、まずもって無理な話。しかし、監督就任が決まった以上は堂々と戦って欲しいし、連覇を目指して欲しい。
そのためにも、これまで土台を作ってきた「ラーメン通」の皆さんの全面的なバックアップが必要となってくる。
優勝の上はないし、裏を返せば底は果てしない。けれども、しばらくは続くかも知れない逆境に耐え、原監督には是非とも頑張って欲しい。

あ、その前に日本シリーズか(笑)。

だったら、WBCは原監督と渡辺久信ヘッドコーチで、そこを軸にコーチ陣や選手を選んでもいいんじゃないの?とか思ったりして。


四十九日が終わりました



気がついたらもうすぐ10月も終わり。何をしていたのかも思い出せないぐらい忘却の彼方へと過ぎた1ヶ月。と同時に、あっという間だった1ヶ月。紅葉の見頃も終盤を迎え、いよいよ冬の便りも聞こえそうな時期にさしかかってきていることを、札幌・藻岩山で雪が降ったニュースを見て実感した。今年の冬は雪が多いのだろうか…。

先週25日(土)に、父の四十九日法要を執り行った。といってもお寺に向かったのは母と妻と僕の3名のみ。二週間前の忌明けの時と比べると、非常にこぢんまりとしたものだった。
ただしその分、間近で住職の読経を聞くことができた。

僕は父の位牌をまだ作っていないことに焦りを感じ、前日に母を通じて確認をお願いしたのだが、どうやら母は住職にも電話をしていたらしく、結局僕だけ一人が焦っていたらしい。住職からは、的確なアドバイスがあったようだ。

オカルトっぽく捉えて頂きたくはないのだが、読経が響く間、我が家の位牌堂の左側の明かりがついたり消えたり、位牌堂の左側に供えていた霞草だけが、何やら不思議な動きを繰り返したり(笑)。
それをボンヤリと見ながら、「ああ、父がその辺に来てるな…。」と直感で思ったり。

読経が終わると、結局左側の明かりは消えたままになってしまったのだけれど、母がちょこんと触れたら、再び点灯した。単に接触が悪かっただけなのだろう(苦笑)。

まあそれはともかく無事にお勤めを終え、墓前に手を合わせ、とりあえず何度目か忘れてしまった「区切り」を迎えた。

四十九日ということで、その日を挟んで来客も数名あったのだが、どうも父は亡くなった直後に何人かの所を訪ね歩いたらしく、興味深いお話しを聞かせて頂いた。

高校時代の同級生からもメールを頂いた。
津軽地方にある寺院に嫁いだ彼女からのメールは、実に的を射た、かつ包容力のある内容だった。
本当にありがとう。

母は例のごとく読経が響く間ずっと涙していたが、何か吹っ切れるものがあったのだろうか、その後母の実家へと出かけていった(僕の祖母、つまり母の実母にも、父が亡くなったことをようやく伝えたそうだ)。

僕も、自分の中で相変わらず引きずっている「不幸のどん底」というか「悲劇のヒーロー」みたいな意識を早く払拭しなければ。

一区切りとは言っても、これでいいんだ、という整理は一生つかない。悲しみだって一生和らぐことはないだろう。でも、時間が一つ一つ解決してくれるという言葉は、まんざらウソではないようだ。