日別アーカイブ: 2013-12-26

2013年の回顧と、2014年の展望


先日、ノロさんではないらしいウィルスに胃をやられて病院に駆け込んだところ、インフルエンザの予防接種にやってきたおじいさんがいました。受付で、車の中に老眼鏡を忘れてきただの自分の字が汚いだのと散々わめき散らした挙げ句、体温計を逆さまにして脇の下に挟んでいたのを見てしまった時には、自分の胃痛のことをすっかり忘れていました。

…まあ、その後「ノロかどうか検査してみますか。」と言われ、「はい!」と喜び勇んで答えた結果、久しぶりに若い女性(看護師)に僕の可愛いケツを晒す羽目になったワケですが。

さて、年末の慌ただしいひととき、いかがお過ごしでしょうか。

昨年の今頃、「2013年は『喜楽』に過ごしたい」みたいなことを呟いた私、蓋を開けてみると、とりわけ後半はため息と失望の連続だったような気がしています。

諸悪の根源が、自分の中に存在する心の弱さ、度量の狭さ、自信のなさだということがわかっているだけに、自分自身に対する憤りを覚えつつも、いつまで経っても治らない性根の悪さに辟易したり、きっとこれも何かの「気づき」なんだろうと割り切ってみたり(どっちだんずや)。

さてさて、2013年。
今年がどんな一年だったのかな、と改めて振り返ってみると、前述のとおり後半のドタバタはありましたが、総じて見れば「いいこと」が多い一年だった…ようです。

【喜】
昨年、奇跡的に結婚した(爆)妹が、4月に男児を出産したのが何と言っても最大の出来事。今年はもう、これに尽きるでしょう。僕の顔がよほど面白いのか、僕の顔を見るとなぜかいつも笑います。ホントにメゴイです。
数年前、落ちるところまで落ちた我が家にとって大きな光が差し込んだ、そんな転機の1年になったような気がします。

【怒】
年がら年中怒っていたような気がするので、割愛。今さら思い返しても仕方ないし(笑)。
いつもグダメギ(ぼやき)にお付き合い頂いてすいません。もう少し大人にならないと…。反省。

【哀】
幸いにして自分の身内にはいませんでしたが、周囲で旅立つ人が多い一年でした。こればかりは誰もが避けて通ることのできないこととはいえ、いつ何時でも別れとは哀しいものです。合掌

【楽】
昨年後半から、何かが吹っ切れたように「外向き」の活動に首を突っ込むようになりました。

…カミングアウトしますと、約10年前に「地域でとある活動を行う団体関係者と行政による懇談会」みたいなのがありまして、当時大学院生の肩書きを持っていた僕は、オブザーバーとして参加したのですが、その際、無理矢理組まされたグループ内での自己紹介で本業(県職員であること)を明らかにした後、同席したある方(当時は地元紙でも幾度となく名前をお見かけする「名士」だったようです。もっとも、私は認めていませんが)が、いきなり私の方を見て「私、役人が大嫌いなんです。」と…。
あまりに唐突な発言に返す言葉もなく、完全に上の空。懇談会の内容など何一つ覚えていません。いや、むしろそういう場(懇談会なる名目の単なる自己主張大会)に対する嫌悪感が募るばかりでした。

…そして、その日のことがトラウマとなり、自称「行政とは一線を画して地域活動に積極的に取り組んでいる人たち」は、結局のところマスターベーションに興ずる自惚れ屋ばかりだと思い続け、そういった方々が取り組む活動に対しても醒めた目線を送り続けていたわけです、実は。

それが、昨年たまたまある勉強会に参加してから、目から鱗といいましょうか吹っ切れたといいましょうか、自分も少しは外に目を向けないとな、いつまでも殻に収まって自己満足している自分こそただのナルシストじゃないか、と思うようになりまして、それから徐々に外の活動に食指を伸ばすようになった訳です。

前置きが長くなりましたが今年は、何となく興味を持った「パワフルAOMORI!創造塾」という活動に参加、この活動を通して色んな方々と知り合い、そして見聞を拡げ、自分を磨いていくいいきっかけになりました。
この活動は来年も引き続き行われます。自分自身にとってとても刺激のある出会いもたくさんありました。これを単なる一過性のイベントとして終わらせるのではなく、自分磨きの機会に繋げたいと思います

そしてもう一つ。
昨年に引き続き今年も、完全に自己満足の領域ではありますが、弘前公園ランニングクラブの一員として健康増進と脚力の向上に努め、ようやくフルマラソンを完走、晴れて「マラソンランナー」を名乗れるようになりました。
挙げ句の果てには11月にNHK-BSで放映された番組にちゃっかり映り込むなど、色々やらかしました。

de_img15
放映されたときのワンシーン。これ、僕です。笑)

…ということで来年も、気力・体力・知力・財力が続く限り走り続けてみようと思います。まずは目指せサブ3.5。
土曜日朝5時弘前市役所前、自分の走力に合わせた練習、皆さんもいかがですか?

更に来年は、もう一つ二つ何か仕掛けるかも知れません。
年が明けると間もなく43歳、後厄も抜けることだし、もう少し外に目を向けようか、アクティヴになろうかと考えています。

とはいえ僕は機械じゃないので、リセットボタンを備えていないんですよね。なので、引きずるものは引きずりますし、かなりのズグナシ(根性なし)なので、実はかなり打たれ弱い(笑)。

ネガティヴなことは発散、ポジティヴなことは拡散。
自分が楽しいと思うことを独り占めするんじゃなくて、楽しいこと嬉しいことはみんなでシェアしようよ。

改めてこのスタンスを確立することから、スタートです。

あ、もう一つ。

来年はもっとゆっくり喋ることに心がけたいと思います。
しどろもどろのくせに早口で、ホントすいません。

…ということで、2013年も残すところあと5日となりました。年の後半はホントに色々ありましたが(笑)、2014年もやっぱり「喜楽」に行きたいものです。

最後に、来年に向けた願いを。

…もっと身体が柔らかくなりますように。
…もっともっと嬉しい涙がこぼれますように。
…もっともっともっとたくさんみんなと笑えますように。
…もっともっともっともっと楽しい一年でありますように。

2013年に、多謝。