月別アーカイブ: 2005年8月

(無題)


このままでは、壊れてしまう。
みんなも俺も、壊れてしまう。
誰にも言えぬこの苦しみ。
誰にも語れぬこの痛み。
このまま日は昇らないのか。
闇の世界に葬られてしまうのか。
いっそ全てをリセットしたい。
非情な現実。
全てが真実。
見えぬ敵の前に無力な俺。
突き進む勇気と引き下がる勇気。
天秤は大きく揺れている。
闇の中に光は、まだ見つからない。


争点の見えない選挙戦


何か、久しぶりに「選挙に行きたくないなぁ」っていう気分にさせられる衆院選挙が公示されました。暑い最中に、我が候補を連呼する声がドップラー効果よろしく右から左から流れてきて、うるさいことこの上なし。
今回の選挙は、郵政民営化法案が参議院で否決されたことで、小泉首相が衆議院を解散したことに伴う選挙であることは、周知の通り。
そして、衆議院での造反議員に対して自民党は、公認どころか「刺客」を投入するといった徹底振りで、結果、造反議員は離党し、新党を結成したり(その場しのぎといった見方が大半のようです…)、無所属での出馬を余儀なくされたり、中にはこれを機に引退したり…。
昨日、日本記者クラブ主催の6党党首討論会が開かれました。「新党日本」の田中康夫代表は、「知事の公務」のため欠席。まぁ、このあたりが、いかに新党結成が行き当たりばったりであるかということを垣間見ることのできるシーンでもありました。
で、その内容については多くの新聞やWebに掲載(一部抜粋がJIROさんのブログに掲載されております)されておりますので、是非目を通して頂きたいと思います。この中で、衆院選の争点というのが、非常に興味深いと言いますか、今回の選挙戦を端的に表しているといった感じです。

続きを読む


土曜日の釣果


…を報告するはずだったのですが、船の出港が見送られたために、結局釣りには行けませんでした。
金曜日。
天気予報と台風の進路にずーっと気を揉んでいました。台風の進路が東に逸れて行くにつれ、内心「もっと逸れろ、もっと逸れろ!」と暗示をかけておりました。そして夕方。曇り空ではありますが、風も大分弱まり、出港への期待が高まります。ちなみに土曜日は、早朝5時、舞の海の出身地である鰺ヶ沢町の漁港を出港し、日本海にて昼頃まで真鯛を狙う計画でした。
18時前。大丈夫だろうな、と思いつつ先方に確認を取ってみました。すると、あっさりと「無理でしょう」と断られてしまったのです…(涙)。
結局そのまま引き下がり、買ったばかりの酔い止めの薬をカバンに忍ばせ、泣く泣く帰宅したのでした。

続きを読む