月別アーカイブ: 2015年1月

ただの中年のオッサンとは呼ばれたくないのである。


44歳の誕生日を迎えました。
何かもう44歳になっちゃったかぁ、って感じです。40歳を過ぎてから、1年1年のスピードがだんだん速くなっています。だったら脚もこれぐらい速くなればいいのに、とか思ったり。

ここ数年、誕生日を迎える前後に必ず欠かさずやっていることが一つあります。
それは、1年前の自分のブログの記事を読み返すこと。
別に大した内容ではないのですが、どちらかといえば自分に向けた内容にしているため、ああ、1年前はこんなことを考えていたのか、1年間でそれはどうなったのかな、なんてことを思い返すわけでして。

振り返って見ると43歳は、比較的浮き沈みの激しい1年間でした。端的に言えば、頭から足まで故障と怪我に泣かされた一年でした。

「人生は帳尻が合うようになっている。」
…まあ、僕の中での座右の銘みたいなものなのですが、43歳はまさにその帳尻が合う1年間、といっても過言ではなかったかも知れません。

出来過ぎた内容に浮かれていると、落とし穴が待っています。
でも、我慢を続けていれば、いつか花は開くものです。
しかしながら花が開いたからといって狂喜乱舞していると、花はすぐに散ってしまいます。

43歳は、そんな浮き沈みを、身をもって経験した貴重な一年でした。でもその一方では、最初から最後までどこか浮き足だった一年だった、といってもいいでしょう。
色んなことに手を出し過ぎ、とも言われました。
何事もなく平穏無事に…と密かに願った43歳。蓋を開けてみれば、色んなことがありすぎた1年でした。

44歳を迎えるにあたって、もう一度原点に立ち返る、というわけではありませんが、もう少し足下を見つめ直そう、と。…そもそも原点が埃や砂に埋もれてしまったため、どこにあるのかどころか、その原点が何だったのかすら分からなくなりつつあるのも事実なので。

44歳は、外面ばかりではなく少し内面を磨くことに力を注ごうかと考えています。他人の一挙手一投足や言動に振り回されることなく、大きな懐を持って自己を確立したいものです。言うなれば、自我の目覚めと認識です。

ついでに言うならば、年齢的には充分過ぎるほどオッサンの領域ではありますが、まだオッサンと呼ばれたくないのであります。例えオッサンであっても、どこにでもいそうな、スウェットの似合うオッサンにはなりたくないのであります。どうせなら、Tシャツと29インチのジーンズ(Gパンではありません。ジーンズです。ここ重要。)が似合う、格好いいオッサンになりたいのであります。

…ということで44歳、今年目指すのはアンチエイジングです(笑)。
ウソウソ。

閑話休題。
僕が見据える先にあるのは、退化でも老化でもなく、進化です。進化しながら自我を探る。単なるエゴかも知れませんがこれ、一生かかっても終わらない作業でしょうね。

でも、また調子に乗って浮き足立っていると、すぐに足下を掬われます。
だから、自分から転ばないように、そして転ばされないように、地にしっかりと足を据えて行動しようと思います。
心にも身体にも「柔軟性」を、そして行動には「アソビ」を持たないとね。

その先にある進化を目指して、慎重かつ大胆に、獅子奮迅。
シシだけに44、ということで。

…あ、シシはシシでも僕、亥(いのシシ)年生まれでした。

何事も空回りして猪突猛進にならぬよう気をつけます、ハイ。

これまでも、地球規模で自然環境を保護し、人間の生活との共存を目指すエコロジーが叫ばれているところです。僕としては、僕自身を含む周囲の環境を保護しつつ、社会生活との共存を図るエゴロジーから始めようと思います。もっとも行き着く先は、エロジジーかも知れませんが…。
さてと。まずは転ばぬ先の杖を買わないとね。

now44


自分の長所を考える。


例えば就職活動を行っている(あるいはこれから行おうとしている)学生や転職しようとしている皆さんが履歴書を書く時に、自分の「長所」を記載しなければならないってことがあると思うのですが、皆さんはあの欄に一体どんなことを書いているのかな、なんてことをふと思いまして。

僕、自分の長所がなんなのか正直言ってよくわからんのですよ。要するに、未だに自己分析ができていないんですね。だから、学生時代(といってももう20年以上も前の話ですけど)、この履歴書の長所になんて書いていたかといえば、確か「明るい。」とか、そんな当たり障りのないことしか書いていなかったような気がします。
で、あれから20年以上が経ち、もうすぐ44歳になっちゃうわけですが、改めて自分の長所って何だろう…って考えてみたわけです。正直、短所は口を突いていっぱい出てくるんですよね。
短気で怒りっぽい、諦めが早い、口が悪い、初対面の人が苦手、性格が天の邪鬼、飽きやすい、せっかち、…あ、それから足、などなど枚挙に暇がない〈苦笑)。
まあ、それもこれも自分のひねくれた性格のなせる態と諦めていたところもあったのですが、自分って本当に「明るい」だけの人間なのだろうか、と。
「明るい」っていうのは実は、自分の短所を隠すための虚像で、ホントは根暗でとてつもなく内向的なんじゃないかと、とことん自分を卑下し始めたわけですよ。

見てくれはA型だけど、接してみると典型的なO型タイプといわれ続けて30年。後先考えず突っ走ってしまう猪突猛進型だし(なので衝動買いが多い)、そのくせ他人と争うことを極力嫌う人間。

ちょっと待てよ。こんな俺にだって何か長所があるだろうと、半歩、イヤ1歩、さらに10歩ぐらい下がって自分を客観的に見てみたワケですよ、じーっと。
いやいや、皆さんもやってご覧なさいって。
自分の長所を見つけ、自分を褒め称えるって、ホントに難しいんだから。
で、じーーっと見つめた結果、朧気ながら見えたたった一つの長所。これが長所と言えるかどうかは別として。

「結構世話好きです。」

これ、長所って言っていいんですかね?そういえば、約15年前に高校の同期会を始めたのも自分が言い出しっぺだったし、あの時言い出しっぺが会長になったら動けなくなるってことで今でも事務局を仰せつかっているし、それも決してイヤイヤじゃなくて自分自身も楽しんでやっているんですよね。そういう「和」が好きなんです。争いごとより楽しいことが好きなんです。そうそう、楽しいことで思い出しましたが、去年の今頃は「津軽クエスト」で盛り上がってましたね…(遠い目)。

20140117

「金貸してくれ」とか、「異性を紹介して」とか、他人の生活や自分の生活にも影響を及ぼすような頼まれ事は引き受けないけど、例えば何かの仕切り役とか、サポートとかはほとんど苦にならないという…まあ、これこそまさに世話好きが高じてのことなんでしょうけれど。

…ということで、自分の長所が何なのかさえわからず震えている43の夜。
来週44歳になるんですけど、その暁には僕の長所が何なのか教えてください。何せO型、褒められて伸びるタイプですので。よろしく(笑)


「弘前・青森パックリマラソン」開催を妄想中


秋の「弘前・白神アップルマラソン」に対抗して、春の「弘前・青森パックリマラソン」(弘前市役所スタート、青森市役所ゴール)の開催を妄想しています。

…いや、妄想していますとは言いつつ、実は結構本気で考えています。というのも、青森市役所と弘前市役所の間が、(ルートにもよりますが)ほぼフルマラソンと同じぐらいの距離(約42.1キロ)があることを知り、何とかこの間を走れないかな、と考え始めたのが一つのきっかけ。

実は青森市内にあるランニング同好会の「焼鳥えん×みゅうRC」が、これと同じ内容の「ギックリマラソン」という企画を秋に行っているのですが、僕が額を割ったというのが、まさにその「焼鳥えん×みゅうRC」の忘年会の後だったのです。しかも、「ギックリマラソン」の名前の由来となったY川さんが1月に県外へ転勤することを知ったその日、まるでネタ振りのように額を割り、その後から「パックリマラソン」の開催を悶々と考えるようになった、というのが経緯です。

名前の由来はもちろん、7針縫合した僕の額。そして、幸か不幸かアップルマラソンとパックリマラソン、何となく言い回しが似ているからです(笑)。

…まあ、本当はその時に色々ご迷惑とご心配をお掛けした青森市の「焼鳥えん×みゅうRC」の皆さんや僕が所属している弘前市の「弘前公園RC」の皆さんへのお詫びとご恩返し、という趣旨が一番強いのですが…。
ということで、やるかやらないかは別として、こんな感じの開催要領まで考えてみました。

【開催要領(案)】
●開催日時:私、蒔苗の額と心のパックリ傷が癒えた頃
●コース:弘前市役所前→弘前市東長町→県道3号(弘前モータースクール前経由)→弘前市高崎交差点左折→国道7号(常盤~浪岡BP経由)→県道27号(青森空港有料道路経由)→青森市荒川交差点左折→県道120号(青森中央大橋経由)→柳町交差点右折→青森市役所前 だいたい42.195キロ
●種目:フルマラソン、プチウルトラマラソン(往復)、超ウルトラマラソン(1往復半)
●スタート時刻:できれば早い時間にしたいっすね。
●競技規則:ありません。裏道、ショートカット、何でもアリです。
●制限時間:ありません。ただしゴールした後は適当に解散となります。よって、ゴールでは何時間も待っていませんので、ゴールするかしないかは自己責任でお願いします。
●表彰:ありません。そんなのあるわけがありません。
●参加資格:20歳以上の健康な男女で、何となくフルマラソンが完走できそうな人。ただし、角材や火薬類を持参しての参加はお断りします。また、馬を曳いての参加もできません。
●記録計測:計測しません。ご自身のGPS時計やスマートフォン、腹時計などで適当に計測をお願いします。
●その他
(1)給水所、エイド及びトイレはありません。各自準備するとともに、コンビニや民家、りんご畑などを利用してください。
(2)緊急の連絡のため、携帯電話等の持参を推奨します。連絡先を他の誰かに教えておいてください。
(3)やむを得ず途中でリタイアとなった場合は、公共交通機関(電車や路線バス)の利用やヒッチハイクで勝手に帰って頂いて構いません。
(4)コース途中に歩道のない区間や交通量の激しい区間があります。車道にはみ出したり、事故に巻き込まれないよう、くれぐれも留意してください。(よって、この区間での無理な追い越しや並列ランは禁止とします。)
(5)転んで額を割ったりケツを痛めたり肉離れを起こしたりしても、こちらでは責任を負いません。全ての処理は自己責任でお願いします。
(6)信号や法定速度などの交通ルールは遵守しましょう。特に歩道のない区間は右側通行でお願いします。
(7)ゴール後は各自「青森まちなかおんせん」へ移動し、汗を流すなり腹ごしらえをするなりプハーするなりご自由にどうぞ。(入浴料420円です。)

ルートはこちらから。

…まあ、こんな感じで考えているのですが、ゴールした後の着替えを弘前からどうやって運ぶか、途中のサポートは本当になくてもいいのか、色々悩むところもあります。とはいえ、所詮お遊びの延長みたいなイベントですし、本格的な大会ではないので、これぐらいで勘弁してもらおうか、と…。

でも、ホントにやれたらちょっと楽しそうですね。額の傷は消えないかも知れませんが、5月にはいい加減心の傷も癒えていることでしょう。八戸市のうみねこマラソンと五所川原市の走れメロスマラソンの間の時期で企画しようかな。

pacliman