月別アーカイブ: 2012年1月

41歳になりました。


私事ではありますが、本日誕生日を迎え、41歳になりました。
誕生日だからといって特別なことをするわけでもないですし、何か変わったことがあるわけでもありません。普段と変わらない日曜日。
昨日はかなり夜遅くまで飲んでいまして、まあそれはそれは楽しい飲み会だったわけですが…。
タガシ先生と僕の誕生日を祝ってくれたり、うちの妹の結婚を祝ってくれたり、涙あり笑いあり、ホントに面白い飲み会でした。
2012年1月28日、宅飲み会
すましたふりしてこんなことしてみたり。
2012年1月28日、宅飲み会
何かでも、嬉しかったな。
2012年1月28日、宅飲み会
こんな酒も飲んだりして。
2012年1月28日、宅飲み会
結局1時頃まで飲んでいたのかな?
2012年1月28日、宅飲み会
あ、そうそう、この「裏メニューが気になる」とのコメントも寄せられていたんですが…。あ、「裏にメニューあります」じゃないですよ。
2012年1月28日、宅飲み会
「裏」なのでやっぱり秘密(笑)
結局眠りについたのが2時すぎだったので、今朝はかなり遅く起きて、雪かきをして、買い物に出かけて、アイロン掛けをして…。何か普段と何も変わらない日曜日を過ごしました。
でも。
Facebook上に寄せられた数多くのメッセージを目の当たりにして、ビックリしました。多分、今までの誕生日の中で、一番多くの人たちから「おめでとう」の言葉を掛けて頂いたと思います。
誕生日ってやっぱり特別な日なんだな、ということをひしひしと感じています。
なので、今日ぐらいは誕生日の余韻に浸ろうかな、と。
当たり前ですけど、明日からはまた普段通りの生活に戻ります。
特に41歳になったからといって意気込みとか決意表明とか、そういうのは特にないんですけど、これまでと変わらず、無理せず背伸びをせず、これからも自分らしく過ごせたらいいかな、と思っています。
東日本震災が発生し、復興の道を探り合う中で、人と人との絆を改めて再確認することとなった40歳。僕自身もこの一年で色んな方と巡り会い、また、旧交を温めるきっかけが生まれ、その中でまた、色んな絆が生まれました。
このご縁を大切にしながら、また日々精進して行けたらいいな、と思っています。
皆さん、本当にありがとうございました。多謝!!


一日人材力活性化研究会 in 青森


約10年前のことになるが、弘前市内のNPOやボランティア団体と行政との協働を考えるフォーラムに参加したことがある。ちょうどその頃僕は、大学院派遣研修ということで弘大大学院に在籍しており、県職員としての身分は置いたままではあったが、「大学院生」であることが「本業」となっていた。

会場には50人以上はいたのではないだろうか、NPOや住民団体関係者が多数集まっていたのだが、どうやら旧知の仲の方ばかりだったらしく、むしろ僕はその中にあっては明らかに浮いていた。

グループで討論を行うことになり、8人ぐらいのチームが編成され、それぞれ自己紹介。僕も大学院生の身分ではあるが、実は県の職員であること等を自己紹介した後、とある女性の番に回った時だった。

「蒔苗さんでしたっけ?貴方には申し訳ないけど、私、県とか市とか全然信用してないの。行政って、大嫌いなの!」

あまりにも突然すぎるその言葉に、ただただ唖然とするしかなかった。
この人は何を言っているんだ?
僕個人に敵対心を抱いているのではないことだけはわかった。ただ、行政に携わる者の一人としてノコノコとやってきたことが気に入らないのか、それとも、何か伏線があったのか…。とにかく、行政側の人間であるということだけで、露骨に嫌悪感をあらわにしていた。

さて、この後僕が取った行動はどれでしょう。

(1)その女性に対し、行政の何が悪いのか説明しろと詰問した。
(2)黙りを決め込み、その後一切発言しなかった。
(3)怒りの表情のまま、すぐ会場を後にした。
(4)徹底的にその人を無視してグループ討論を続けた。

続きを読む


2度目の冬走り


土曜日は、今冬2度目の冬走り。
散髪を終えて、そのままの勢いで市内を走ってきた。距離にして約7.4キロ。
走り始めた時、気温はまだプラスで、道路も凍結していなかった。ただ、夕方16時30分過ぎから走り始めたので、既に辺りは暗くなり始めていた。
風はほとんどなかったが、走って汗を流すにはちょっと寒かったかも知れない。

今回は、自宅を出発して弘前大学付属病院前を経由し、弘前公園の周りを走り、そのまま城西地区に抜け、城西大橋経由で茂森~自宅を走破するというコース。
今回もアシックスのスノーターサーとNike+ GPS Watchをお供に、時速約10キロを越えるか越えないかのペースで約45分。

夏場は音楽をお供にして走っていたけれど、今回も音楽はなし。BGMは、自分のザッザッという足音、そして車の音、風の音。

2キロほど走ると、弘前公園の追手門あたりに差し掛かる。ここからは、冬場に走る初めてのコース。
実際走ってみると、雪の影響で歩道の幅がかなり狭くなっていることがわかる。
どれぐらい狭いかというと、大人2人が並列で歩いていると、追い越すことができないぐらいの狭さだ。
なので、背後からザッザッと近づく(それも故意に大きくする)僕の足音で気づき、道を空けてくれる人たちもいれば、こちらから「すいません…」と声を掛けないと気づかない人たちもいる。
追い越した時に「あ、ごめんなさい。」と言われてしまうと、こちらが恐縮してしまう。そんなときは、ちょっと大きめな声で「ありがとうございます。」と一言。

厚手のウィンドブレーカーに帽子、手袋の二枚重ねというスタイルで、まだ雪多く残る弘前公園の周りをゆっくりとしたスピードで走り、住宅街へと歩を進める。歩行者をなるべく驚かせないようにしているつもりではいるのだが、やはり突然背後からザッザッと足音を立てて近づいてくると驚く人も多いようで、「ワイ!ビックリしたじゃ!」と言われたこと2度。そうだよね、この季節に走る人ってあまりいないもんね。ごめんなさい…。

雪のある歩道を走っていると、相変わらずザッザッと大きな足音が聞こえる。背後からは車が走ってくる音も聞こえる。もしも音楽を聴きながら走っていれば、こういう音は聞こえにくく、いや聞こえなくなるし、走行中の車にも迷惑を掛けることになる。

なので、雪が溶けてちゃんと歩道が現れるまでは、音楽なしで走ろう、そんなことを考えながら城西地区へ。
この地区は、正直歩道の除雪が行き届いていないので、ちょっとしたトレランみたいな感じ。突然段差は現れるし、雪に足は取られるし、結構神経を使うのだ。

住宅街を抜けると、最後の難関が待ち受ける。ダラダラと長い坂の続く城西大橋。
アップルマラソンでも、比較的平坦なコースにあって、ゴール1キロ手前、終盤最後のヤマ場である。
今日は別に大会ではないので、無理はせず、ゆっくりと坂を駆け上がる。

坂を登り切った信号を右折すると、ゴールはもうすぐ。あとはクールダウンも兼ねて、家までゆっくりと歩を進める。
ただ、実は家に着く直前、最後にもう一つ上り坂があり、ここがちょっと厄介。何故かというと、歩道がないから。
車の往来にも気を配りながら、坂を上り切って本日のラン終了。

家に着く頃には既に真っ暗。
寒さのせいもあってか、それほど汗は掻いていないが、心地よい疲労感が襲ってくる。

もう少し汗だくになるぐらい走り込んでもいいかな、とも考えたけど、何せ足場の悪い冬場、無理はしません。ええ、厄年ですから…。