2019年に聴く「1999」 #Prince #1999


僕が敬愛してやまないアーティスト、Princeが旅立ってから来年4月で4年が経つ。
この間、恐らく本人が存命であれば、絶対に日の目を見ることはなかったであろう作品や過去に廃盤となった作品等が続々と世に輩出されることとなり、ファンを狂喜乱舞…というよりもどちらかといえば困惑に陥れている、という表現の方が適切なのだろうか。

もっとも彼の場合、発売予定の作品がアナウンスされてからお蔵入りになることはしょっちゅうだったし、むしろそういった作品群に改めて日の目が当てられた、というのであれば、素直に喜ぶべきことなのだろう。(この勢いで6枚組のサンプラーシリーズは…発売されるワケないか。)

同じようなことは過去から繰り返されていて、例えばブートレグ盤(正規のルートではなく、法律上の権利を無視して世に出回る、いわゆる海賊盤、ブート盤というヤツ)の中で最大の売上げがあったといわれる「Black Album」然りだし、逆にファンの間では知られていたが公式には未発表だった曲を集めた「Crystal Ball」という作品も、その一つだったと言えるかも知れない。
そして、インターネットを駆使したメンバー限定の音楽有料配信サービスだって、今でこそストリーミングの技術が確立してごく当たり前のことになっているが、当時はとても画期的なことだったし、その最大の恩恵が、彼にとって最後の日本公演となったツアーだった。
いずれにせよ、こういった1歩も2歩も先を行く彼の思考や構想にファンは翻弄され、魅了され、そして感動していた。

…回顧録はちょっと脇に置いて。
彼が旅立ったあと、既に廃盤となった過去の音源がデジタル化されて配信されたり、昨今のアナログ再評価をなぞらえるような再発売などが次から次へと繰り広げられることとなった。
今年だけでも一体どれだけの作品が発売されたのだろうか。
僕自身さすがに全てのアイテムに触手を伸ばすことができず、取捨選択しながら作品を購入するということになってしまったが、時代を彩った「Purple Rain」や今回紹介する「1999」といった、彼の全盛期を代表する作品、それもDeluxe Editionなんぞという触れ込みの豪華盤に対しては、惜しむことなく私財を投入してきたことは言うまでもない。

さて、今回発売されたPrinceの「1999」。発表は1982年なので、今から40年近くも前の作品ということになる。リマスター盤発売の噂は以前から囁かれていたが、世紀を跨いだ作品だと考えた時に、節目となった「1999」年から20年後にこの作品を改めて聴くための仕掛けだった、いわば作品の発表時期とは関係ない、20周年の儀式みたいなものかと思うと、ちょっと楽しくないですか。実際、関係者へのインタビューを含めてこれだけのボリュームそして作品に仕上がっているということは、実は相当綿密に準備されていたものなのだろう。

とはいえ私事になるが、1982年といえばまだ小学生。洋楽への興味がほとんど湧いていない時期だったので、当然この作品をリアルタイムでは耳にしていない。(いや、耳にしていたのかも知れないが、わからない。)

もっとも、洋楽に興味を持ち始めた中学1年の頃は、Michael JacksonやMadonna、そしてWham! など、かなりミーハー路線を闊歩していたので、ギョロ目で小汚ない髭を蓄えたモジャ男なPrinceは完全に蚊帳の外だったし、真夜中に放映されていた『ベストヒットUSA』(洋楽を聴くようになった礎の一つ)で彼が出てきても、全く観る気が起きなかった。…あ、「1999」のPVを観たのは、この番組が多分最初だったかも。

そんなわけで、この後大ヒットする「Purple Rain」ですらまともに聴かなかった私、ようやく「1999」のアルバム(CD)を手にしたのは大学生になってからのことだった。

ただし、そのCDには「D.M.S.R」が収録されていなかったため、完全な形のアルバム「1999」を手に入れるのは、実は今回が初めてということになる。

その中にあって『Super Deluxe Edition』と銘打たれたCD5枚、DVD1枚という内容のボックス(知らぬ間にファンの間では「スーデラ」という呼ばれ方をしているらしい)は、前述のとおりアルバム「1999」のリマスター盤はもとより、アルバムからカットされたプロモ盤の7インチや12インチのレコードの音源がほぼ全てCD化されているほか、未発表曲も多数収録されている。ただし、1999年に発売された「1999」のニューマスターは収録されていない…というか、あの作品に関してはまるっきり別物と捉えるべきなのでしょうね。

収録内容は、以下のとおり。
●DISC1: CD/オリジナル・アルバム: 2019リマスター(初リマスター)
●DISC2: CD/プロモ―ション・シングル&B面楽曲集(2019リマスター)
●DISC3: CD/秘蔵音源1(1981年11月から1982年4月に録音)
●DISC4: CD/秘蔵音源2(1982年4月から1983年1月に録音)
●DISC5: CD/未発表ライヴ(ライヴ・イン・デトロイト、1982年11月30日)
●DISC6: DVD/未発表ライヴ映像(ライヴ・イン・ヒューストン、1982年12月29日)

収録された全65曲のうち35曲が未発表曲で、23曲が未発表のスタジオ・トラックと12曲の未発表ライヴ音源、という触れ込み。

特筆すべきはやはり、DISC3と4に収録されている未発表曲の数々で、もちろんリマスターされたことによってクリアな音質に仕上げられているほか、ボーカルがこれまで海賊盤などて聴いたものと明らかに異なっている。同じ楽曲でありながら何だか別の作品みたいな違和感さえ感じてしまうのは、多分「海賊盤」の音質で聴き慣れていたからなのだろう。

DISC2の退屈かつ凡長な展開が予定調和な中にあって、DISC3と4の構成、更にはDISC5の未発表ライブ音源が、この作品の強烈なハイライトとなっている。というか、DISC1と2が霞んでしまうぐらい強烈なインパクト。そう、まさにこういうのを待っていたのですよ!という内容なのだ。

ちなみにこの「スーデラ」、完全にコアなファン向けというかBoxセット好きのマニア向けというか、そんな作品なので、最近になってPrinceのことが好きになったという「初心者」や、いわゆる「にわかファン」の方々へはあまりお勧めできる作品ではないのであしからず。

ちなみに、1枚ものの「通常盤」も発売されているので、実は「Purple Rain」しか知らないという皆さんには、「Purple Rain」の前にこういった作品を発表していたということを、驚きを持って受け止めて欲しい。

そして、これ大事なこと。Princeといえば「Purple Rain」、そしてそこから「紫」という印象が色濃く残っていると思うが、イメージカラーを決定付けたのは、この「1999」。「Purple Rain」の伏線であり、「ポップ・ステップ・ジャンプ」でいうところの「ステップ」がこの作品だといえばいいのかな。

Princeの80年代における作品は、いずれもいわゆる名盤として評されるものが多いが、改めて聴き直してみると、その中でも屈指の一枚だと僕は思います。

あ、ちなみにDVDはまだ観ていません。すいません。