おすすめ音楽」カテゴリーアーカイブ

【新作聴いてます】『今、何処』 佐野元春&ザ・コヨーテバンド


昨日のこと、元首相が狙撃され、命を落とすという痛ましい事件が発生した。世界情勢は不安定の一途を辿っていると思っていたが、国内においてこうした事件が起こること自体が信じられず、何度も繰り返し見せられているものが、映画ではなく現実なのだと考えただけで身震いがし、思わずテレビのスイッチを切った。

このご時世において、音楽を通じて社会に警鐘を鳴らす国内のミュージシャンは、どれぐらいいるだろう。ラップやヒップホップ系の表現者も結構過激に(しかも、どちらかといえば偏向気味に)社会批判を繰り返しているようにも思えるが、僕が知る限りだと、70年代のフォークソングには音楽を武器にして社会の不条理を訴えていたものが結構あったような気がするし、その潮流は、80年代以降に活躍し、今もなお名を馳せるアーティストたちに脈々と受け継がれているような気がする。佐野元春はもちろん、桑田佳祐、(故)忌野清志郎、山下達郎などは、時として思わずドキッとさせられるような痛烈な社会批判や世相、時事、政治社会への皮肉、鋭い指摘をぶつけることがあると僕は思っている。その一方で、今回のようなおぞましい事態が起きてしまった今こそ、人々の不安を少しでも和らげ、不安定な状況を安定な方向に導く「言葉」、それは音楽であり文芸であり、が、とても重要なんじゃないかとも思っている。時として「言葉」は人を傷つけ、暴力となることもある。一方で、深いやさしさ、慈しみを持つのも言葉だと思う。好き嫌い様々あるのは仕方がないこと。でも力でねじ伏せる、それも銃器を使ってまで言論を封じ込めるということには、憤りしか出てこない。

またしても前置きが長くなった。

佐野元春の歌詞に魅了されてから長い時間が経つが、今回発表された『今、何処(Where Are You Now)』の歌詞も、相当奥深い。歌詞だけではなく、音も。いや、そんな「奥深い」なんていう単純な一言で済まされるものではないぐらい、重厚な内容となっている。

3月に有料生配信された WEB番組「元春TV SHOW」 では、春と夏にアルバムを立て続けに発表すると公表された。僕もその時の番組を観ていたが、春には10曲で構成された配信限定のアルバムを1タイトル、また7月上旬には14曲で構成されたもう1タイトルの新作アルバムを”パッケージと配信”でリリースするとのことだった。

その時は「7月のアルバムは2枚組になる予定とか?」という振りに「いや、そうじゃない。14曲で構成されたアルバムで、2枚組ではない。」ときっぱりと否定した元春。

しかし、蓋を開けてみると、配信限定だった4月のアルバム『ENTERTAINMENT!』はCD化され、今回発表されたもう一枚のアルバム『今、何処(Where Are You Now)』に同梱された「初回限定デラックス盤」として発表された。

続きを読む


ブラック・ミュージックがもたらす妄想の世界


懐古主義といわれても仕方がないのだが、50代を過ぎた今も聴いている音楽は、80年代から90年代に掛けての曲がメインだ。つまり、四半世紀以上前の曲に未だに夢中になり、没頭している、ということ。
とりわけ最近は、いわゆる「ブラック・ミュージック」と言われていた音楽を好んで聴いている。
ブラック・コンテンポラリー、R&B、Rap、New Jack Swing…さまざまなジャンルへと派生されていったブラック・ミュージックの数々。

そんな中、最近どっぷりと嵌ってしまったのが、2020年11月から段階的にタワーレコード限定で発売されている「Midnight Love – SMOOTH R&B ESSENTIALS」のシリーズ3部作。ソニー、ワーナー、ユニバーサル、それぞれのレーベルに属していたアーティストの珠玉の名曲が、これでもかと言わんばかりに収録されている。32曲、32曲、48曲なので、計112曲。これだけ収録されていれば、もはや初めて耳にした曲だって気にならないし、逆に新しい発見があったりもするというものだ。
それぞれのアルバムの解説を務めるのは、ブラック・ミュージック研究の第一人者、JAM氏で、歌詞も付されているほか、最新のマスタリングが施された音源となっている(よって、全ての楽曲は一定の音圧で聴くことができる)。

のんべ
のんべ
画像をクリックすると、タワーレコードの各ページへ飛びます。ちなみにタワーレコード限定販売です。

しかし、若かりし頃、何でこんな曲ばかり聴いていたかということを考えてみたが、単なる「大人ムード」への憧れであり、その先にある官能的な世界の妄想に利用していただけだったのかも知れない。早い話が、スケベ心を掻き立てる一助となっていた、ということだろうか。
まだ「大人エレベーター」に乗るほどの段階ではなく、「大人への階段」の踊り場で、独りティッシュ片手にムニャムニャ…例えるならばそんな感じ。
今になって改めてこれらの楽曲を聴いてみると、新鮮な気持ちと当時の(いろんな意味で)モヤモヤした気持ち、感情が複雑に入り交じっていた当時のことを思い出し、ちょっと照れくさくもなる。

当時、FM雑誌に掲載されていた(ちなみに私は、1998年に休刊となった「FM STATION」派でした)チャートを眺めながら、一生懸命カセットテープを編集して(いつやってくるのかもわからない)ドライブに備えていたが、結局そのテープは自室でのBGMと化し、本来の出番を迎えることはなかった、なんてことを思い出した。

いわゆる「一発屋」の方々が多く収録されているのも特徴的で、これもまた当時の音楽業界が群雄割拠の状況だったことを示す一つの象徴なのだろうか、と思ってしまう。ちなみに、私がこよなく愛しているPrinceや、R&Bとは完全に一線を画することとなったMichael Jacksonはこれらの作品に登場しないが、Princeのカバー曲(Do Me Babyが収録されていたり、関連アーティストが数名登場しているのは、ちょっと嬉しい。

更に、このシリーズ第1作目が発表されるちょうど2年前、ユニバーサルミュージックから「NEW JACK SWING the Best Collection」なる3枚組50曲を収録したコンピレーションアルバムが発売されていたことを知る。このジャンルを確立させた人物と言われるGuyのメンバーでもあるプロデューサーのTeddy Riley、そして、歌い手の立場からそのジャンルを確立させていったBobby Brownをはじめ、一世を風靡したアーティストがてんこ盛り。内ジャケットには、収録曲のジャケットカバーが掲載されているのだが、その風貌がまた何とも当時を思い起こさせるいで立ちばかりで、これだけでも結構ニヤリとさせられる。レーベルを越えた日本独自の編集盤となっているほか、初CD化の音源も多数収録されており、これだけでも「買い」の要素は十分。

のんべ
のんべ
こちらはAmazonでも販売。安価なのは、Amazonかな。

個人的には、この4作品があれば、80年代から90年代にかけてのブラック・ミュージックの潮流を結構押さえることができるんじゃないかと思っている。

とはいえ、ラップやクラブミュージック、DJなど様々なジャンルの音楽がこの頃はひしめき合っていたのも事実なので、裏を返せばこんなのは氷山の一角、と言えるのかも知れないが。

昭和の時代に戻るならば、これらはいわゆる懐メロ、ムード歌謡といったジャンルに分類されても不思議ではない。
そして、何よりも強調しておきたいことが一つ。
収録されているアーティストの大半は、「あの人は今」に登場しそうなクラスの方々で占められておりますので、念のため。


アナログ時代への回帰


僕にとって、音楽はなくてはならないもの。音楽を聴くことは、癒やしだったり、カンフル剤だったり、もっと突き詰めれば、服飾のようなものだ。
通勤時間はイヤフォンを欠かすことができないし、家にいる時も、ランニングに勤しむ時も、肌見離さず身につけている、そんな感じ。

朝起きて、朝食を食べて歯磨きして、シャツやネクタイの色を考えながら着替えて、いざ出発。
さて、今日は誰の音楽を聴きながら職場に向かおうかな…。
これが僕の日常だ。とにかく、僕にとっての音楽は、生活の一部ということに尽きる。

なぜか2枚ある12インチレコード。未聴。

この年齢になると何でもかんでも取りあえず聴き漁るということはなく、耳に慣れ親しんだものばかり聴くようになった。
その音楽を提供する媒体はCDであったり、ストリーミング配信であったり、サブスクリプションであったり、ダウンロード購入したデジタル音源であったりさまざまだが、いずれにも共通するのは、場所を問わず聴こうと思えばどこでも音楽を聴くことができる、ということだろうか。

いつどうやって購入したのか思い出せないレコードの一枚。

昨今のアナログ盤ブームは、ちょっと嬉しくもあり複雑な気分でもある。スピーカーをあちこちに配置して四方八方に音を鳴らす、という手法もあるのかも知れないが、レコードを聴くということは、レコードプレーヤーに乗せたレコード盤に針を落とし、じっくりと耳を傾ける、というのが正しい姿勢なのかな、と思っている。ドライブの時にレコードを聴きながら音楽を楽しむ…さすがに難しいことでしょうからねえ。

今までで一番購入するのが恥ずかしかったアルバム

ちなみに何で複雑な気分なのかというと、結構な量のレコード盤を自分の不注意ですべて毀損し、破棄に追い込まれるという大事件があったからだ。
今となれば相当なレア盤もあったはずだし、それなりに価値のある盤もあったはずなんだが…。
まあ、今となってはもう手元にないレコードのことを悔やんでも仕方がない。

続きを読む