Prince / His Majesty’s Pop Life 入手顛末記 #prince


今年4月18日のレコードストア・デイ(奇しくも亡父の誕生日だった)で発売された作品のひとつが、Princeの幻のカセットテープと言われる「ヴェルサーチ・エクスペリエンス」だった。国内盤が発表されたこともあり、ファンの間ではにわかに話題となった。(その時の記事はこちら

他方、Princeのもう一つの作品が発売されることは知られていたが、あまり話題に上ることがなかったのが、2枚組の12インチレコード「His Majesty’s Pop Life」。

1985年に日本国内のみで発売されたという激レアアイテムで、中古市場では5万円を超える価格で取引されていたらしい。

内容に関しては今更説明するまでもないのかも知れないが、少しだけ。

Princeの名を全世界に知らしめることとなった「Purple Rain」の次作として発表された「Around The World In a Day」から、「Pop Life」や「Paisley Park」「Raspberry Beret」のリミックスバージョンをはじめ、過去の作品からの楽曲も収録されているという変則的な作品となっている。

2枚のレコードが45回転と33・1/3回転という異なる組み合わせになっているのも風変わりではあるが、ライナーノーツを担当した吉岡正晴氏によるプリンス年表が付いているというのも、国内盤っぽいところ。

そもそも1985年の時点ではようやく聞き齧りする程度だったし、そんな作品が発表されていたことも知らなかった。高額で取引されている時点で全く興味はなかったのだが、その貴重な作品が再発売される(全世界で14000セット?)となると、実際どんなものなのか手に取ってみたくなってきた。

僕は決してコレクターではないのだけれど、最近再発売された彼の他の作品よりも、僕が14才の時、つまりPrinceに対して単なる嫌悪感しか抱いていなかった頃、いや、正しくは嫌悪感から好感、もとい興味本位に変わってきた、まさに過渡期の頃の作品がどんなものだったのか、当時の飽くなき興味が呼び覚まされるかのごとく、日に日にそれを手にしたいという思いが強くなっていった。一つの作品、モノとしてのそれを。
しかし、国内盤も発売された幻のカセットテープとは異なり、輸入盤でしか手に入れることのできないそれに対する反応は今一つで、果たして簡単に手に入れることができるのか、正直よくわからなかった。

発売直後にネットの情報を読み漁ってみたが、店舗に置いてある数もそれほど多いものではないらしく、事実、レコードストア・デイが終わった1週間後には、「売り切れ」「取扱不可」が続々現れ、中には高値を付けて販売するような店舗も出始めていたし(それすらも「売り切れ」だった)、数は少ないが、オークションにも出品が見受けられるようになった。
やはり手に取ることは難しいのだろうか…。

“Prince / His Majesty’s Pop Life 入手顛末記 #prince” の続きを読む


Prince / ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス (THE VERSACE EXPERIENCE : PRELUDE 2 GOLD)


昔、弘前市の中心市街地に、Tというレコード屋さんがあった。
中学2年の時だっただろうか、同級生と初めてその店に入った。
恥ずかしながら、当時各地に林立し始めたレンタル屋さんと間違えたのだ。

そういう店ではない、ちょっと違うと気づくのに時間は要しなかった。しかし、世間知らずの青みがかったクソガキにとって、その時目の当たりにしたレコードやカセットテープは、垂涎の的となった。

ちょうどその店舗の向かいには、小さな電器屋さんがあった。今は学習塾になっているところだ。その2階にも、レコードや音楽カセットが置かれていた。そういったアイテムを買う余裕すらなかったクソガキは、FMラジオから流れる音を録音するため、いわゆる生テープと呼ばれる46分、時には60分のノーマルやハイポジ(メタルを使いこなす機材がない)を物色しながら、店の棚に並ぶレコードやカセットテープに手を伸ばし、色んな思いを馳せていた。そしてあの時、一度手にしつつも購入することなく棚に戻したレコードやカセットの数々は、今でもその感触や重みが鮮明に蘇ってくる。

時は流れ、カセットが衰退、CDが席巻するようになった。一時期MDやDATといった新たな媒体も台頭したが、デジタル化が進むとともに、音楽はハードを手にして楽しむのではなく、ソフトとして提供される音源を楽しむ時代に変わっていった。

Albums, Remember Those? Albums still matter. Like books and black lives, albums still matter.
アルバムって覚えているかい?アルバムはまだ大事なものだ。本のように、黒人の命のように、アルバムはまだ大事なものなんだ。

今から4年前、2015年2月のグラミー賞でプレゼンターを務めたプリンスのこの発言は、世界の音楽業界を皮肉り、そして米国社会が抱える特有の問題を際立たせることとなり、示唆に富んだ発言だとして注目を浴びた。

残念ながらプリンスは、それから1年2か月後にこの世に別れを告げたが、それからの音楽状況を見ると、あの時の警鐘に呼応するような潮流が生まれつつあり、まるでそれを見透かしたような発言だったんだな、と改めて感じている。

事実ここ最近、レコードに対する再評価がめざましい。

デジタル音楽ではなく、マテリアルとしてのアルバムを手にしたときの興奮、例えば購入したレコードをジャケットから引き出す時の緊張感や、ライナーノーツや歌詞カードを引っ張り出した時の、あの時の感動を、皆さんは覚えていますか?

昨今の、音楽の重みが損なわれた感覚と言えばいいのだろうか、一リスナーとして批判を覚悟でいうならば、言葉に乗せて風景や感情を伝えるのではなく、音楽が単なるBGMになりつつあるのが実態だと思いませんか。だから歌詞カードもいらないような、心に全く響いてこない音楽が幅を利かせているのが現状だとは思いませんか。

さて、冒頭で出てきたレコード屋さんは、店舗を移転したあと、店の名前をJと変えた。高校生になった僕はよく店に足を運び、当時弘前市では珍しかった輸入盤のレコードにも手を伸ばした。幾つかは小遣いを叩いて購入したし、その中には、プリンスの覆面バンドだった「MADHOUSE」の「8」もあった。(あろうことか、10年近く経った頃に、購入したレコードのほとんどを棄損するという、泣くに泣けない出来事に襲われたんだけどな。)

ちなみにJというのは、弘前の音楽愛好家では知らない人はいない、尊師Sさんが店長を務めていた店で、その頃から若造の僕ともプリンスの話で花を咲かせていた。
その後Jは残念ながらなくなったが、Sさんが営む隠れ家のようなバーを時々訪問し、プリンス談義に花を咲かせている。

さて、これまでレコードやカセット、と言ってきたが、実のところこれまで音楽カセットを購入したことは1度としてなかった。

ただし、プリンスのアルバム(CD)をオフィシャルサイトから購入した際に、サンプラーのカセットが1本、プロモーション用のカセットが1本、それぞれ同梱されていて、今も僕の大切なアイテムになっている。

そんな中、今年に入ってプリンスの過去に出回った貴重なカセット「ザ・ヴェルサーチ・エクスペリエンス」 を数量限定で発売する、というアナウンスが流れた。ちなみにこの作品、1995年に500本のみ配布された超レア物で、毎年開催される「レコードストア・デイ」に合わせで発売されることになったという。ちなみに海外では、日本国内のみで数量限定で出回った2枚組の12インチ「His Majesty’s Pop Life」も発売するというではないか。

正直、後者の作品に対する食指が動きまくったのだが、国内では発売予定なしということで、ひとまず日が経ってから後悔しないように、確実な方法でカセットを購入した。
弘前市内にもレコードストア・デイに参加している店舗があり、最初はそこに足を運ぼうと思ったが、入荷の有無の確認しようと電話しても繋がらず、結局諦めた。

しかし、やはりマテリアルとして手にしてみると、その音に対する愛着がガラリと変わる。
残念ながら限定のポストカードを手に入れることはできなかったが、初めて購入した音楽カセットは何だか神々しく、開封するのも躊躇われるぐらいだった。
…これですよ、この感覚。

カセットをくるむ包装セロファンの上部に貼られたこのシールですら捨てるのがもったいない感覚、わかりますかね?

ちなみにプリンスの過去の作品については、廃盤となって入手困難だった作品の再発が相次いでいて、ファンを喜ばせつつ懐を泣かせ続けるという状況が続いている。

4月21日は衝撃のニュースが全世界を駆け巡ってから3年目となる。

さて、これからもまた違った意味で、私たちファンに衝撃をもたらし続けるのだろうか。もっとも、生前の彼には散々驚かされてきたから、この先何が発表されても、あまり驚かない…つもりだけどね。


『Purple Rain Deluxe』 発売決定!


プリンスと言えばパープル・レイン。パープル・レインと言えばプリンス。

2016年4月に旅立ったプリンスの代名詞とも言うべきこの作品、僕と同じ世代もしくはその前後の世代の皆さんであればご存じのとおり、映画もアルバムも大ヒットを飛ばし、プリンスにとって確固たる地位を築く作品となったことは、今更説明するまでもないでしょう。
発表から30年を経た2014年、「パープル・レイン」30周年の記念盤を発表する、という公式アナウンスがありました。しかも、プリンス本人によるリマスターが施され、アルバムには収録されなかった劇中歌(他のアーティストの楽曲も含む)も収録された、超デラックス盤になるらしい、という噂も飛び交いました。

発売されると噂されてはお蔵入りとなるケースが非常に多かったプリンスの作品にあって、本人からのアナウンスだったこともあり、この作品ばかりは非常に信憑性の高いものとして認識されていました。
ところが、いざ蓋を開けてみると、発表から1年経っても発売される気配はなく、結局またしてもお蔵入り。

「あー、またですか…。」とあまり気に留めていなかったのですが、作品そのものは存在しているという認識はずっと燻っていたような気がします。

そしてそして、何とプリンスが旅立ってから(すいません、「亡くなった」という表現をどうしても使いたくないのです)発表されたベストアルバムの「4Ever」、この発表のタイミングでワーナーから「パープル・レイン」のデラックス盤を発表するというアナウンスがありました。(しかもそれ以外に「未発表音源からなる、すばらしい2つのアルバム」と「完全なコンサート・フィルム2作」を発表するとのアナウンスもあり。)

http://bmr.jp/news/174059

このデラックス盤、当初2017年6月7日(プリンスの誕生日)の週に発売するとのアナウンスでしたが、最終的には2週間ずれこみ、2017年6月23日に発売決定となりました。

まあ、僕がここで説明するより、この記事に詳細が記載されていますし、プリンスファムの皆さんは既にご存じのことと思いますので、敢えて説明は割愛しますね。

http://bmr.jp/news/178404

僕自身、この作品が発表された1984年は確かまだ中学2年生ぐらいだったのですが、プリンスには興味がないどころかむしろ嫌悪感を抱いていた時期でもありました。金切り声を上げるような歌声や胸毛をさらけ出しながらクネクネと踊る姿、そして、妙にギラギラしたあの眼力。ハッキリ言って「気持ち悪い」以外の何者でもありませんでした。
だから、僕の中ではしばらくの間、プリンスという存在、そしてたびたび耳にすることとなったパープル・レインからの楽曲が、目障りかつ耳障りだったということは、今だから明かす事実。

その後、1986年に発表されたアルバム「パレード」を聴いて僕のプリンスに対する意識が180度変わるわけですが、「パープル・レイン」のアルバムをまともにちゃんと聴いたのは、大学生になってからじゃなかったかと記憶しています。大体にして、「パープル・レイン」を聴く前に先にブート盤(「ブラック・アルバム」)に手を出していたんですから、すいません。僕のプリンス歴なんて、そんなものなのですよ実は。映画作品をまともに観たのも、大人になってからのことでした、実は。

僕にとってはそんな深い思い出もあるわけじゃない、と言ってしまえばそれまでですが、プリンスにとっては前述の通りこの作品で地位を確固たるものにしたわけですし、その後拝見した数度のライブでも、このアルバムのタイトルナンバーは、一つのハイライトとなりました。それは、例えにはならないのかも知れませんが、山下達郎の「クリスマス・イヴ」と同じぐらい、あまりに定番すぎてライブでは絶対に外すことのできないナンバーだということ。(それは、このアルバムの冒頭を飾る「レッツ・ゴー・クレイジー」も同様。)

ということで今回のこの作品、何も説明しないのもちょっとなあ、ということで少しだけ。
噂されていた他のアーティストの劇中歌まで網羅した「完全盤」とはなりませんでしたが、2種類の作品が発売されるとのこと。エクスパンド・デラックス盤は、35曲が収録された3CDに過去にVHS及びLDのみで発売されたDVDが同梱されるというボリューム。1枚目が「パープル・レイン」のプリンス本人によるリマスター、2枚目が未発表曲等を収録した「From The Vault & Previously Unreleased」、3枚目がシングルカットされたバージョンやB面曲を収録した「Single Edits & B-Sides」と、「パープル・レインのアルバム」を楽しむという点では、十分過ぎるぐらいの内容になっているのではないでしょうか。
ちなみに「通常盤」のデラックス盤は、この1枚目と2枚目がパッケージされた2枚組のCDとのことですが、どちらを買うべきかは敢えて言うまでもないですよね。

Disc One: Original Album (2015 Paisley Park Remaster)
1. Let’s Go Crazy
2. Take Me With U
3. The Beautiful Ones
4. Computer Blue
5. Darling Nikki
6. When Doves Cry
7. I Would Die 4 U
8. Baby I’m A Star
9. Purple Rain

Disc Two: From The Vault & Previously Unreleased
1. The Dance Electric
2. Love And Sex
3. Computer Blue (“Hallway Speech” version)
4. Electric Intercourse (studio)
5. Our Destiny / Roadhouse Garden
6. Possessed (1983 version)
7. Wonderful Ass
8. Velvet Kitty Cat
9. Katrina’s Paper Dolls
10. We Can Fuck
11. Father’s Song

Disc Three: Single Edits & B-Sides
1. When Doves Cry (edit)
2. 17 Days
3. Let’s Go Crazy (edit)
4. Let’s Go Crazy (Special Dance Mix)
5. Erotic City
6. Erotic City (“Make Love Not War Erotic City Come Alive”)
7. Purple Rain (edit)
8. God
9. God (Love Theme From Purple Rain)
10. Another Lonely Christmas
11. Another Lonely Christmas (extended version)
12. I Would Die 4 U (edit)
13. I Would Die 4 U (extended version)
14. Baby I’m A Star (edit)
15. Take Me With U (edit)

DVD: Prince And The Revolution, Live at the Carrier Dome, Syracuse, NY, March 30, 1985
1. Let’s Go Crazy
2. Delirious
3. 1999
4. Little Red Corvette
5. Take Me With U
6. Do Me, Baby
7. Irresistible Bitch
8. Possessed
9. How Come U Don’t Call Me Anymore?
10. Let’s Pretend We’re Married
11. International Lover
12. God
13. Computer Blue
14. Darling Nikki
15. The Beautiful Ones
16. When Doves Cry
17. I Would Die 4 U
18. Baby I’m A Star
19. Purple Rain

…あ、余談ではありますが、昨年12月に他界したジョージ・マイケルの「LISTEN WITHOUT PREJUDICE vol.1」の25周年記念盤は、亡くなる前から発売がアナウンスされていましたが、残念ながら発売中止になってしまったようです。30周年まで待たされることになるのでしょうか。ガックリ。