2021年、開幕しました。


順風満帆とは言えない中での2021年が始まった。遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

毎年このブログで年始の挨拶を兼ねた意気込み、目標のようなものを掲げてきたが、今年はそんな気分にもなれない。
仕事納めが終わった年末年始も、29日、30日と出番。更に年が明けた1月1日も出番となった。

(大晦日、皿盛りを2台作成。今年は持参する家が減った。)

年末年始を過ごした気分になった時といえば、今年は作らないと思っていた例年の皿盛りを31日に一気呵成で作り上げたこと、思いのほかその日の夜の紅白歌合戦が面白かったこと、そして、無観客で開催されるはずだった箱根駅伝の沿道の人々に辟易しながら、復路最終10区での大逆転劇に胸が熱くなったこと。
…あれ?それなりに充実していたのかな。

年末は「数年に一度」と言われる寒波に見舞われ、雪かきにも追われることとなった。これぐらいの雪が普通なのかなと思っていたが、例年の寒気と比べると格段に冷え込み具合が違っていた。弘前市内ですら朝方のマイナス6~7度は当たり前、時にはマイナス8度を下回ることもあったが、その分、降り積もる雪は軽く、雪かきで腰を痛めるという最悪の事態にならなかったのは幸いだった。
余談ではあるが、元日の出勤帰り、猛吹雪に見舞われる中、青森から出発した電車が二つ先の駅から動けなくなり、80分も遅れて弘前に到着したのは誤算だったけれど。

(仕事納めの日に食べた焼肉弁当。)

ところで昨年の今頃は、一年後に日本いや世界がこんな状況になっているなんて、誰にも想像できなかったことだろう。一寸先は闇どころか、個人的には一寸先の闇がずーっと続いているような感じだ。

前例のない荒波に揉まれながら過ごした2020年。無事に乗り切ったとは思っていないし、今もなお混沌とする状況の中、日夜問わず見えない敵と格闘している医療従事者をはじめとする関係者の方々には、本当に感謝と尊敬の念しかない。

新型コロナの対応については、色んな方面に対して言いたいことが山を越えるほどたくさんある。(そして恐らく皆さんからこちら側に対して言いたいこともたくさんあることだろう。)

でも、それを言ったらダメなのが今の僕の立場。
そして、年始からグダメギを語るのは自分自身の気質を下げるだけ。なので、新型コロナウイルスの件には触れずにおこう。

…と思ったが、ちょっとだけ。
昨年は、新型コロナへの対応を通じて自分の嫌な部分をたくさん見た一年だった。 「たくさん見た」なんて表現は他人事みたいだが、要するに、これまで極力見ないように、気付かないようなフリをして蓋をしていた、自分自身の嫌な部分が如実に炙り出された、そんな感じ。 この年齢になって、こんなに自分のことが嫌になるとは思ってもいなかったことだったし、今もその思いは燻っている。ただしそれが自分の中にある、他者に対しての僻みやっかみ妬み羨みだということは、自分でもわかっている。だから他人は他人、自分は自分なのだと必死に自分に言い聞かせ、宥めていた。

昨年の4月末、全国に緊急事態宣言が出された後、こんなことを職場内の同志から言われた。
「マネージャーになってからの目つき、マジでヤバいっすよ…。」

同じ課の中にいながらグループも職責も変わった自分に対する寸評に、ハッとさせられた。
傍から見ると「ちょっとヤバい人」になってしまった自分をどうコントロールするかが、2020年の一つの大きな命題となった。
キツいと言われた目つきは多少落ち着きを取り戻したようだが、そんな中でも相変わらず荒波が押し寄せる中で始まった2021年。

今はただ、一日でも早くみんなでこの難局を乗り越え、以前のような日常生活が取り戻せることを祈るばかり。そのためにも、すっかりバラバラになってしまったベクトルの方向を少しずつでも束ねて行かなければ。

私事だが、今月末で50代に突入する。正直、これぐらいの年齢になればもう少し堂々とした振る舞いをしているのかと思ったら、全然そんなことなかった。

昨年は「働き方改革」だけではなく「生き方改革」を、なんて嘯いていたけれど、そんなことすらぶっ飛んだ1年間。僕自身のモットーとして、過去の前例にとらわれない、ということを意識していたが、この先の未来を経験すること自体が前例のないこと。

他方、人と人と会う機会、接するタイミングがすっかり減った中、お世話になっていた年配の方から届いた年賀状の中には「今年で年賀状の投函を終えさせて頂きます」と書かれたものが数枚紛れ込んでいた。 一抹の寂しさを覚えつつ、自分自身も「人生の終焉」という未来を見据えながら、徐々に終活への下準備を始める段階に入りつつあるということを、改めて認識させられた。 できることならば相当前まで時を戻したいところもあるが、残念ながらそれは無理な話だ。ならば、もう一度自分の足元を見つめ直してみようと思う。

まあ、持って生まれたこのひねくれ者の性格を立て直すことだけは難しそうだけれど。

さあ、今年はどんな一年になるのだろう。圧倒的な不安の中に少しだけ希望を抱きながら、新年の開幕です。
今年もどうぞよろしくお願いします。

(仕事始めの昼食で食べたのは、今年も鰻。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA