そろそろ2019年のランの話をしよう。#ランニング


過去は振り返らないと思いつつ、まずは昨年の振り返りから。

2018年は、全く思い通りに走ることができない年だった。
まあ、何を最優先すべきかということを念頭に考えたら、これは当然のこと。
だから、年間で1,500kmも走っていないはずだと思ったら、通算で2,000kmをちょっとだけ越えていたようで、逆に驚いた。

しかし、月間で見ると一番走っていたのが1月だったので、まあ納得。それだけDNSとなってしまった3月の「古河はなももマラソン」にかける想いがあった、ということにしておこう。(今年はエントリーしていません。理由は推して知るべし。)

ちなみにその3月は、昨年2月に発生した事故の対応に追われ、走行距離が僅か72kmにとどまったほか、北海道胆振東部地震の対応に追われた9月も95kmと、月間の走行距離が100kmを下回ったことが二度もあった。

アキレス腱の腱鞘炎を発症した6月以降も、かなり距離数が減った。
走った距離数を意識しないようにしているとはいうものの、このムラのある走りっぷりは我ながらなかなかだな、と思った。それにしてもホント、事故だケガだ災害だと色々泣かされた一年だったなあ。

1月 276.95km 22:11’35 12.2 km/h (04’53 /km)
2月 215.64km 17:37’15 12.2 km/h (04’54 /km)
3月 72.75km 5:53’30 12.2 km/h (04’55 /km)
4月 164.03km 11:34’32 12.1 km/h (04’56 /km)
5月 191.2km 12:16’15 13.0 km/h (04’36 /km)
6月 138.75km 10:39’23 11.4 km/h (05’16 /km)
7月 168.23km 9:51’24 10.8 km/h (05’32 /km)
8月 260.76km 14:52’55 12.2 km/h (04’55 /km)
9月 95.21km 6:00’57 12.4 km/h (04’49 /km)
10月 199.82km 8:15’10 12.1 km/h (04’57 /km)
11月 196.3km 5:10’05 12.7 km/h (04’44 /km)
12月 110.5km 1:40’00 13.2 km/h (04’32 /km)

さて、50歳までに3時間を切ってフルマラソンを完走する、という長期目標を掲げてから2年が経過した。しかし実際のところ、一進一退どころか全くタイムが伸びる気配もなく、まるでノロマな亀のような歩み…いや走りを繰り返しているが、ここ最近はそれすらも停滞気味。
あまり年齢のせいにはしたくないけれど、疲労が抜けないことも多くなってきた。ということで、もはやこの目標は有名無実化しつつあるが、それはそれでやむを得ない。ただ、想いだけは抱き続けよう。

しかしこの暗澹とした状況を打破すべく、何となく年間スケジュールが定型化されつつある中でランニングを続けていたけれど、ちょっと今年は流れに変化を加えてみようかと思っている。例えば、一度出場したっきりの大会に再び出場してみるとか、これまで当然のごとく出場していた大会の参加を見送るとか。

年間を通して見ても、GW前後から初夏まで、そして晩夏から秋にかけて大会が集中する傾向にある。これはこれでメリハリがあっていいのかも知れないが、その分疲労蓄積もハンパない。特にGW前後は出場する大会が重なり、疲労やダメージが抜けないまま、6月にケガをするというパターンを何度繰り返してきたことか…。
それだけ自分自身が学習していないという裏付けとも言えるだろう。

とはいえ、極力遠征を避けながらも、満遍なく色んな大会に出場したいという思いもある。しかし、再び同じことを繰り返していては、また同じ状況に陥る可能性も否定できない。特に、昨年6月に発症したアキレス腱の腱鞘炎は、未だに引きずっている。だからこそ今年は、出場する大会を少し見直してみることにしようと思う。既に春以降を見据え、幾つかの大会にエントリーを済ませているところだが、2019年は全体を通して大会の取捨選択をしていきたいと考えているところだ。

もう一つ。
これまで訪れたところのない地域のマラソン大会に出場したいという想いが日に日に強くなっている。
国内でも四国地方は皆無、東海・甲信越地方はほとんど訪れた機会がなく、マラソン大会に託けて訪問してみたいものだと思った次第。さて、その念願が叶うのは今年か来年か、それ以降か?

現状を鑑みると、かつてと比較しても明らかに走力が落ちている。そして、その落ち具合は自分でも呆れるぐらいと言っていいだろう。
だからこそ過去の結果を引きずったまま自分に傲ることなく、もう一度サブ3.5を達成した頃に意識を戻して練習に取り組まなければならない。もっとも今は、走ることに対するモチベーションを引き上げる方が大事なんだけれど。

とにかく今年は、色々制約がある中で時間を作り出すのは結構大変だけれど、何よりもケガなく楽しく走り続けることを主眼に置いて行きたいと考えている。(やっと少し走る気持ちが沸いてきたのだよ…。)

ということで、今年1発目のレースは1月27日の勝田全国マラソン。二年振りに水戸市の伯父夫婦と従妹に再会する機会を得た。

このレースでの目標は二つ。
(1)最後まで足を残してちゃんと走りきること。
(2)帰りの電車に間に合うようにゴールすること。

まあ、こんなこと当たり前なんでしょうけどね。ともかく全てが思い通りにならなくとも、2019年は絶対に楽しく走ります。楽しくなければ走るのやめます。それぐらいの気持ちはあります。

そのためにも…続きを読む

…いや、これは胸に秘めとくわ。


投稿者: のんべ

1971(昭和46)年 青森県生まれ。弘前市在住の青森県職員。 プリンスとビールと豆腐とラーメンを愛する。安いカメラでいかに安っぽくない写真を撮影するかに興味あり。 ブログの内容の多くは、いつの間にか趣味となった「走ること」がメインです。