Fun Running」カテゴリーアーカイブ

新型コロナウイルスとマラソンの共存を考える


気がついたら6月も中盤に差し掛かり、このブログへの投稿も1か月程度ブランクが空くこととなってしまった。

相変わらず新型コロナウイルス感染症の対応(対策)に追われる日々が続いていたが、ようやく、少しだけだが落ち着きを取り戻した感がある。

4月はほとんど休みがない状態、5月も大型連休がない状況…とはいえ、非常事態宣言で一気に自粛ムードが高まり、多くの方が自宅に籠っている状態だったことだろう。結局、青森県での感染者が全員退院した5月末ぐらいから、少しずつ平常時のペースに戻りつつある。(と入力していたら、東京都の感染者が47名まで膨れ上がったとのニュース速報。振出しに戻る、元の木阿弥。震源地はまたしても東京。きっと2週間以内に地方へ飛び火。シャレにならない。しばらく続きますよ、これ。)

職場では #エール飯 の取組が始まり、7月末まで続けられるとのこと。週2回を限度に僕も利用させてもらっているが、いずれのメニューもかなりボリューム感があり、普段の手弁当の倍はあるんじゃないかという容量。

4月以降、ジョギングすることもままならぬ状況に陥り(仕事に追われていたのも理由だが、外出自粛要請のこともあり、少し自重していた)、家と職場の往復だけが続く中、結果として何が起こったかというと、はい、言うまでもなく太ったワケで。

ということで入院患者がゼロになった今月に入ってから、少しずつではあるがジョギングを再開し始めた。本当は、ランニングクラブの朝練習を再開してもらいたいところもあるけれど、ソーシャルディスタンシングの考え方を取り入れながら、あらゆる場面において「三つの密」を避けること等について協力をお願いしている側の立場としては、なかなかそれも言いづらいところ。

続きを読む


1か月半ぶりのジョグ


マラソンこそが不特定多数の集まるイベントだと捉えられ、感染リスクが問われるようになったのが数か月前。エントリーしていた大会は相次いで中止が発表され、秋以降の大会だってこの状況ではどうなるか見通しが立たない。結果として、主催者側も中止を恐れ、エントリー開始を打ち出させずにいるのだろうか。いや、現状を鑑みると、秋以降に大会が行われるとしても、正直言ってちょっと腰が引けてしまう。

パチンコ屋と同じ、というわけではないが、なんでここまで市民ランナーばかりが槍玉に上げられるんだろう?そんな懐疑心すら生まれるほど、ランニングに対するバッシングは酷かったように見受けられたし、今もランナーに対する風当たりが強いような気がするのは、単なる被害妄想だろうか。

あー…走りたい。

そもそも今回の状況が地震や風水害と大きく異なるのは、それらの場合はある程度地域が限られるため、被災した地域に対して、被災しなかった地域が手を差し伸べ、一緒に頑張りましょう、といった思いやりの精神が生まれ、それが支え合いや助け合いに繋がるのだが、今回の新型コロナウイルス感染症は、国内、いや世界の全域が同じような災禍に見舞われ、しかもそれぞれが得体の知れないお化けと戦っているような状況なので、手を差し伸べ合うどころか、いがみ合いや軋轢がどんどん顕著になっているのがわかる。

国内も同様で、手を取り合うどころの話ではなく、我先にと手を伸ばしてパイを奪い合い、更には隣の芝生を見ては憤り、やり場のない怒りのぶつけどころを探す、そんな状況に陥っているのではないだろうか。

もはや全てのジャンル、全ての業種職種が災禍に見舞われ、全ての人たちが受難の憂き目に遭っているわけで、我々も含めて置かれている状況はみーんな同じはずだと思うのです。混沌とした状況が収束した先に、また平和が訪れることを祈っているのですが、さて…。

続きを読む


箱根駅伝に垣間見たちょっと異様な事態


第96回東京箱根間往復大学駅伝は、青山学院大学が5度目の総合優勝を飾った。

それまでの記録を7分近く短縮する、5時間45分台という驚異的な大会記録を叩き出し、王座を奪還して幕を下ろした。

優勝した青山学院大学の原監督はこの大会記録に、「超高速時代が到来した」と声高らかに叫んでいた。

他の監督も「総合的なものの向上」「大学生のレベルが上がった」と評価していたほか、「靴で全然変わってくる」と、シューズが結果に何らかの影響を及ぼしたことに言及する監督もいたらしい。

往路は2区から5区までの4区間で区間新記録が生まれ、復路も6区、7区、そして10区で区間新記録が生まれた。いくら大学生のレベルが向上したとしても、例え気象やそのほかの条件が競技を行うに最適だったとしても、総合成績での記録更新のほか、往路成績でも復路成績でも大会記録が更新された。その中でも、10区間のうち7区間での記録更新は、ちょっと異常な事態ではないかと僕は思った。

今回、往路ではほとんどの選手がピンク色のシューズを履き、復路では左右非対称のカラーのシューズを履いていた。ランナーの間では広く知られていることだが、ソールの部分にカーボンプレートが埋め込まれた、高反発を謳ったあの厚底シューズは、ナイキ製の製品だ。

続きを読む