30kmの壁。人生の壁。


また物事を七面倒くさく考えはじめている。

あれ?前にもこんなことを考えていたな、と思って過去の投稿を検索したら、ちょうど10年前にも同じような自問自答にまつわる投稿をしていた。
10年一昔とはよく言ったもので、あの時とはまた違った視点での自問自答となった。

10年前といえば、まだ独りで走っていた頃だ。

一つだけ今も変わっていないこと、それは僕にとって一人きりで走る時間は、物思いに耽る時間だということだ。

そして、大体こういう自問自答が始まるときは、自分自身に対する不甲斐なさや憤りが渦巻いていたり、壁にぶつかっている時だ。
今まさにそのすべてが当てはまるような状況で、まずは今月末の北海道マラソンにどういった気持ちで臨めばいいのだろう、という迷いで溢れかえっている。

元を辿れば、7月にアキレス腱を痛め、思い通りに走れなくなったことがきっかけだった。さあ、走り込みを始めるぞ!と思った矢先のトラブルだった。結局、7月前半は文字通り棒に振ったが、おかげさまで仕事は順調に推移したように見えた。

走った距離は裏切らないらしいので、7月1か月でわずか80キロちょっとという走行距離が、8月下旬の北海道マラソンに挑む僕にどういった結果をもたらすのかは、もはや火を見るよりも明らかだろう。そんなことよりも、無事に完走できるのだろうか。今は不安でしかない。

この不安を払拭する方法は一つ。当たり前のことだが、走ることへの不安を断ち切ることだった。

そう思って、8月第1週の土日を敢えて「ドカ走り」に充てた。土曜日はブラインドランナーのAさんの伴走に勤しみながら、合計約21km。1キロ当たり8~10分で走っていたので、普段歩くスピードよりも遅いことになる。

翌日は、夏の試走会に参加し、LSDで約32km。恐らく、2日間でこんなにガッツリ走ったのはこれまでで初めてかもしれない。

しかし、不安を解消するはずだったのに、むしろ不安(特に脚に対するそれ)は拭えぬまま月曜日の朝を迎えた。逆に日曜日の朝に、ほとんど疲労感がないまま試走会に臨むことができた方が不思議だったけれど、土曜日の練習の際にAさんからケアのヒントを聞くことができたのが非常に大きかった。こうやって自分が知らない情報を得ることができるのは、ラン仲間と一緒に走ることの醍醐味かもしれない。

“30kmの壁。人生の壁。” の続きを読む


ジョンガリアンの憂鬱 -平川市・たけのこマラソン-


自分の中ではあまり意識したことがないのだが、僕は脚だけが異常に発達しているらしい。

「脚だけ見ると…速そうだねえ。」と言われたこと、数度。「脚、凄いっすね!」と言われたこと、数度。
周囲に言わせると、大腿部からふくらはぎにかけての筋肉が隆々としていて、もの凄い健脚の持ち主のように見える、のだそうだ。
ただし、「ように見える」だけなので、凄い健脚の持ち主ではないことだけは断言しておこう。

平川市碇ヶ関で行われた「たけのこマラソン」。
前日までの雨は未明までに上がり、涼しくも多少蒸し暑い大会当日を迎えた。例年この大会は暑い、といった印象が強いけれど、今年は例年に比べるとまだ走りやすそうな気がした。

それまではハーフマラソンにエントリーしていたが、昨年から10kmにエントリーするようになった。

このコースを走り終えた(翌日ではなく)翌々日からの筋肉痛や疲労度がハンパではなく、しばらく尾を引くこと、なぜか大会の前後にケガをすることが多いことなどがその理由だった。

もっとも、昨年はケガで走ることができなかった。だから、今回がこの大会での10km初挑戦ということになった。

何となくコースはわかっていたが、10kmを侮るなかれ。
一番の問題は、自分自身のモチベーションが全く上がっていなかったこと。
「ケガをしないためにも、無理しない」という言い訳を、走る前から何度も反芻する。

設定タイムは、45分。前半は抑えて3kmまでの上りに耐え、そこからしばらく続く下りで加速、勢いのまま残り3kmの上り下りをやり過ごす、というプラン。

9時40分、10㎞がスタート。4分半のイーブンペースが理想だけれど、コースのアップダウンを鑑みるとそんなにうまく行くはずがない。

“ジョンガリアンの憂鬱 -平川市・たけのこマラソン-” の続きを読む


「走れメロスマラソン」と、濁点と。


先日、五所川原市で開催される「走れメロスマラソン」に出場するため、約1年振りに五能線に乗車した。

東能代行きの二両編成の気動車(快速だが、「リゾートしらかみ号」ではない。)は、6時46分に弘前駅を出発すると、二つ先の川部駅で進行方向を変えて五能線に入り、一路五所川原、そして日本海沿岸の鰺ヶ沢、深浦へと進んでいく。

ちなみに僕らが乗車しているうちに通過したのは弘前市、田舎館村、藤崎町、板柳町、鶴田町、五所川原市の6市町村。
それぞれ観光、産業に特色を持つ市町村を通過しながら、7時半頃に五所川原駅に到着した。

ところで、五能線には「陸奥○○」という駅名が多い。陸奥鶴田、陸奥森田、陸奥赤石、陸奥柳田、陸奥沢辺、陸奥岩崎…。他の地区にある同名駅と区別するためらしいが、なぜ「陸奥(むつ)」なのかはわからない。
そしてこの中で、ひとつ気になる駅名がある。

鶴田町にある「陸奥鶴田駅」だ。
鶴田町は、「つるた(TSURUTA)まち」なのに、駅名は陸奥鶴田。読み仮名は「むつ-つるだ(TSURUDA)」と、「た」に濁点が付いているのだ。なぜだ?

そういえば、僕が普段口にする地名にも、余計な濁点が付いていることが多いことに気づいた。濁点の付いていない地名であっても、だ。

先ほど列挙した市町村名を、ひらがなで表記しよう。
ひろさき、いなかだて、ふじさき、いたやなぎ、つるた、ごしょがわら。

これを普段の話し言葉に変換すると、こうなる。

ヒロサギ(フロサギ)、イナガダデ、フンチャギ(フズサギ)、イダヤナギ、ツルタ(ツルダ)、ゴショガヮラ
ここではあえて()内に表記したが、前述の鶴田を「ツルダ」という人は、少なくとも僕の周囲にはあまりいないし、僕も鶴田は「ツルタ」と言う。その一方で、藤崎町に関しては「フンチャギ」と、もはや最初の「ふ」しか合っていないといった状況だ。

そしてこの余計な濁音こそ、津軽の言葉が訛っていると印象づけ、そして、津軽弁がフランス語に似たものがある、と揶揄される要因になっていると勝手に思っている。津軽の言葉が訛っていること、津軽弁が他の都道府県の方々にとっては全く理解不能であること、そして僕自身が訛っていること自体は、否定する余地がないのだけれど。

“「走れメロスマラソン」と、濁点と。” の続きを読む