久し振りの朝練 #noapplenolife


2年以上前は、土曜日の朝4時に起床、5時には弘前市役所前に集結、「弘前公園RC」の朝練に参加するというのが週末のルーティンとなっていた。

しかし、業務が多忙を極めるにつれ、週末はもっぱら疲労回復に努めるか、仕事に向かうことが当たり前となり、この2年間は練習に参加するどころか、走ることすらままならなくなった。

トレーニングすることもなく、食って飲んでは寝て、仕事に向かう、の繰り返しが毎日続いた結果、2年前から体重は8キロ増えた。
多忙を極め、激ヤセするはずだった青写真は、すっかり色褪せてしまったワケで。
いや、多忙を極めていたのは事実だ。ただ、その反動、ストレスなどで飲み食いが増えた顛末が今の状況ということだ。

走ってもせいぜいジョギング程度、大会に出場するなんてとんでもない話。陸連登録も今年は見送ることにした。嗚呼、過去に戻ることはできないんだね…。

さて、4月に入り業務が変わったこともあり、多少落ち着きを取り戻してきたということ、週末の勤務がほぼなくなったということで、ぼちぼちランニングを再開しようかな、と思ったところに「朗報」。

23日の朝練は、さくらが見頃を迎えた弘前公園内を走る「お花見ラン」を敢行する、とのこと。
ここは一念発起、久し振りに朝練に顔を出してみようかな、という気になった。

考えてみると、弘前さくらまつりにもコロナ禍になってからは全く足を向けていない。(もっとも2年前は、まつりそのものが中止となり、公園にある門が封鎖されるといった状況だったことを、覚えているかな?)

朝4時過ぎに起床、顔を洗い、準備を整える。体温は36.6度。手指を消毒、マスクを着用し、4時30分過ぎに自宅を出た。弘前市役所までは約1.2キロ、弘前公園までは1.3キロの距離。本気で走れば6分程度でたどり着ける…というのは過去の話。

重くなった身体、そして肉付きの良くなった腹回りは膝に負荷を掛けることとなり、先々週も5キロ程度ジョギングしただけで膝が痛くなるという状況に陥っていた。

よって、ここでの無理は禁物とばかり、少し早めに家を出て、公園の周辺を先に散策しよう、という魂胆だった。

4時45分頃、弘前公園の外堀に到着。まだ日が昇っていないため仄暗いといった感じ。
立派なカメラを抱えた人たちが既に撮影を始めていたが、かくいう僕も、片手にはミラーレス一眼を握っていた。集合時間の5時までの間、何枚か撮影に勤しんだ。

5分前に市役所前に向かうと、既に何人かの人が集まっていた。
一人浮いた身なりの姿を見て、怪訝そうな表情を浮かべる人もいる。
マスク越しに「おはようございます。」と挨拶したら、「うわ!マジですか!」と驚きをもって迎えられた。

そりゃそうだ。2年半以上この場に顔を出していなかったのだから、浦島太郎みたいなものだ。
20人前後は集まったのだろうか、以前よりは人数が減ったとはいうものの、この時期、この時間にこれだけの人数が集まるというのもなかなか凄い光景だ。

てっきり外堀を走るのかと思いきや、いきなり園内へ向かうメンバー。おっと、そっちに向かうとは意外…。

ということで、散りかけの弘前公園のさくらをいくつかご覧ください。

今日は走るというよりも、むしろ久し振りのさくらを堪能し、そして撮影に勤しむことを楽しんだようなもの。早朝にもかかわらず公園の中は、思った以上に人々が往来していたことに驚いたけれど、こんな自分ですら、こうやって足を運んでいるぐらいですからね。

新採用からの心の友、I氏撮影。ありがとう。

それぞれが園内のさくらを満喫した後、6時には本丸のあるエリアに集合し、参加者の集合写真を撮影して朝練は終了。

「いつかまたお会いしましょう」と笑って帰路に就いた。

コロナ禍で様々なことが制約されている昨今、人と会うことすら避けていた時期もあった。
しかし、人と会うことがこれほど大切なことなのだということを改めて実感する一日となった。

皆さん、今日はお疲れさまでした。また会いましょう。
その前にまず、この腹回りを何とかしないと…。

腹回りの肉が剥がれるのは、さて、いつの日になることやら。