ライブ・コンサート」カテゴリーアーカイブ

終わりのおわり 始まりのはじまり #東京スカパラダイスオーケストラ #tour2022 #青森公演 #bestofluck


2019年12月、波乱と激動の日常が数か月後にやってくるとはつゆ知らず、僕は独りで仙台に降り立った。目的は、東京スカパラダイスオーケストラのライブを鑑賞するため。

昼過ぎから、仙台で暮らすラン友と市内をジョグしたあと、夕方、会場の仙台サンプラザホールに向かった…というその時の記録。

東京スカパラダイスオーケストラ30周年記念ツアー『ズレたままハジキ飛ばしていこう』12/07仙台公演 #東京スカパラダイスオーケストラ #スカパラ #ツギハギカラフル

結局これが、コロナ禍となる前に観た最後のライブとなった。

その後に予定されていた竹内まりや、岡村靖幸など、足を運ぶことにしていたライブ・コンサートは一切キャンセル。

世の中には自粛が求められ、密の状態を作り出すことが「社会悪」のような風潮が生み出された。

結局2年以上にわたりライブ・コンサートから足が遠のき、久し振りのライブ鑑賞が6月19日に開催されたリンクステーション青森での東京スカパラダイスオーケストラとなった、というわけ。

個人的に極力避けていた人ごみ。とりわけライブ鑑賞などという、不特定多数の方々が集まる場面に足を運ぶことを躊躇していたのも事実。

でも、いい加減過度に自粛することを終わりにしよう、そして、少しでも楽しめる機会を作ることを始めよう、そんな気持ちを整理する場面としてはピッタリのライブだった。

2年半前のチケットと、今回のチケットの半券。

直前までチケット販売のテレビCMが流れていたので、売れ行きはあまり芳しくないんだろうな、と思って会場に向かったら、何と当日券完売の満員御礼。

開演10分前に会場に足を踏み入れてみると、様々な世代と性別を問わない、実に幅広い客層がマスク越しにはやる気持ちを抑えながら、ステージの幕が開くのを静かに待っていた。

続きを読む


アナログ時代への回帰


僕にとって、音楽はなくてはならないもの。音楽を聴くことは、癒やしだったり、カンフル剤だったり、もっと突き詰めれば、服飾のようなものだ。
通勤時間はイヤフォンを欠かすことができないし、家にいる時も、ランニングに勤しむ時も、肌見離さず身につけている、そんな感じ。

朝起きて、朝食を食べて歯磨きして、シャツやネクタイの色を考えながら着替えて、いざ出発。
さて、今日は誰の音楽を聴きながら職場に向かおうかな…。
これが僕の日常だ。とにかく、僕にとっての音楽は、生活の一部ということに尽きる。

なぜか2枚ある12インチレコード。未聴。

この年齢になると何でもかんでも取りあえず聴き漁るということはなく、耳に慣れ親しんだものばかり聴くようになった。
その音楽を提供する媒体はCDであったり、ストリーミング配信であったり、サブスクリプションであったり、ダウンロード購入したデジタル音源であったりさまざまだが、いずれにも共通するのは、場所を問わず聴こうと思えばどこでも音楽を聴くことができる、ということだろうか。

いつどうやって購入したのか思い出せないレコードの一枚。

昨今のアナログ盤ブームは、ちょっと嬉しくもあり複雑な気分でもある。スピーカーをあちこちに配置して四方八方に音を鳴らす、という手法もあるのかも知れないが、レコードを聴くということは、レコードプレーヤーに乗せたレコード盤に針を落とし、じっくりと耳を傾ける、というのが正しい姿勢なのかな、と思っている。ドライブの時にレコードを聴きながら音楽を楽しむ…さすがに難しいことでしょうからねえ。

今までで一番購入するのが恥ずかしかったアルバム

ちなみに何で複雑な気分なのかというと、結構な量のレコード盤を自分の不注意ですべて毀損し、破棄に追い込まれるという大事件があったからだ。
今となれば相当なレア盤もあったはずだし、それなりに価値のある盤もあったはずなんだが…。
まあ、今となってはもう手元にないレコードのことを悔やんでも仕方がない。

続きを読む


#久保田利伸 concert tour 2019-2020 “Beautiful People” 青森公演


久保田利伸。一度でいいから観てみたいと思っていたアーティスト。
これまで目まぐるしく変化を遂げてきた髪型とは裏腹に、ずっと変わらぬままなのがその歌声。その歌声に、ずっと魅了されてきた。

彼が一躍注目を浴びることとなったのが、田原俊彦に提供した「It’s BAD」という曲だった。
今でこそ日本の音楽界においてもひとつのジャンルとして確立したR&Bも、この人がその礎を築いた、といっても過言ではないだろう。日本人離れしたリズム感とその顔立ちから、当初はハーフだと勘違いされたことがあったと記憶している。

最近ではあまりテレビ番組に出演することもなく、アルバムのブランクも空いていたので、あまり動向を気にはしていなかったのだが、一度でいいからライブを観てみたいアーティストの一人、いやその筆頭だったと断言してもよい。

昨年、ひょんなことから全国ツアーを始めること、そしてその中に青森も含まれていることを知った。そういえばこれまで何度も青森に来ているはずなのに、告知をほとんど見たことがない。
裏を返せばそれだけ今も絶大な人気を誇り、そしてチケットが入手しづらいアーティストなのだろう。
何とか足を運ぶことはできないだろうか、と招聘元のウェブサイトを見たら、何と絶賛先行予約中。これはもう、今しかない。ダメ元でもいいから申し込んでみようと、衝動的に予約を申し込んだら、どうやら先着順だったらしく、数日後にチケットが送られてきた。

かくして、デビューしてから30年以上が経ち、ようやく彼のライブに初めて足を運ぶという念願がかなった、という次第。折しも11月下旬にアルバムが発売されることになっており、いわばそのお披露目ツアーということなのだろう。

(ちなみにジャケットには、全裸の久保田利伸が…)

何気にこの新作、名盤。


【以下、少しネタばらしあり。】

続きを読む