サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019 札幌公演(初日)鑑賞記


ネタバレはしていないつもりですが、もしもネタバレと感じてしまったらごめんなさい。

サザンオールスターズのライブを6年ぶりに鑑賞してきた。昨年9月、北海道胆振東部地震の支援活動で厚真町を訪れて以来、約9か月ぶりの北海道。
移動中の機内、そして車窓から北海道の風景を眺めながら、当時のことだけではなく、なぜかぼんやりと父のことを色々思い返していた。


僕にとってサザンオールスターズは、晩年の父と交わした数少ない言葉の媒体だった。無期限活動停止を発表した後の最後のライブ。雨降る日産スタジアムで観た、最初で最後のサザンオールスターズ。

「面白がったが。」「ああ、いがったよ。」

そんな短い会話のやり取りだったような気がする。しかし、ライブの余韻に浸る間もなく、2週間後に父がこの世を去った。

それから5年後、サザンオールスターズは復活を遂げた。復活ツアーのファイナルとなった宮城スタジアムで観たライブ。5年前の横浜が、僕自身にとって最初で最後のサザンではなかったと感涙に咽びながら、父が二度と戻ってこないことへの寂しさを、ひしひしと感じることとなった…。


札幌に到着したのは15時近く。開演は18時だが、ここからの移動を考えるとあまり時間がないと思い、手早く用事を済ませてホテルにチェックインした。初めて訪れる札幌ドームへは、地下鉄南北線(さっぽろ→平岸)250円と、シャトルバス(平岸→札幌ドーム)210円で移動した。

地下鉄東豊線を利用すれば、札幌ドームの最寄り駅となる福住駅まで15分もかからずに移動できると聞いていたが、混雑を鑑みれば他のルートで移動した方が良い、とのアドバイスを受けていた。結局往路は40分ぐらい、復路は30分ぐらいを要しただろうか。行きも帰りもバス(普通の路線バスの車輛)は立ち席となってしまったが、まあ、駅までの行列に苦悶し、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に揺られるよりはマシだったかな、というのが率直な感想だ。

“サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019 札幌公演(初日)鑑賞記” の続きを読む


山下達郎 PERFORMANCE 2018(0720仙台公演) #山下達郎


遅ればせながらの観戦レポート。
このお方のコンサート会場に足を運ぶことは、僕らにとってもはや毎年の「恒例行事」となりつつあります。(チケットを入手するという大前提で、ですが。)

コンサートの序盤、そして終盤、更に締めくくりは、もはや「定型化」されたセットリスト。そして、何度も耳にした定番のナンバー、更には、毎度同じ顔ぶれのバンドメンバー。

それでもなお、飽きることなくまた何度でも足を運びたくなるのは、それだけクオリティの高い、濃密な内容だからなのでしょう。

今年は6月から11月までの全24都市49公演。残念ながら今回は青森での公演がなかったため、仙台で行われる2日間の公演の先行予約に申し込んだところ、仙台の初日、7月20日(金)のみチケットを入手することができました。

20日の午後から休暇を取り、東北新幹線で仙台へ。考えてみると、妻と二人で新幹線に乗車するなんていつ以来だろう…そんなことを考えつつうたた寝をしていると、あっという間に仙台に到着。
ホテルへのチェックインを済ませ、地下鉄南北線で勾当台公園を目指します。

今回の会場は「東京エレクトロンホール宮城」。
昭和39年に竣工した時から「宮城県民会館」として運営されていましたが、平成27年から「東京エレクトロンホール宮城」という、仙台なのに東京という不思議な名称に改称されました。
勾当台駅公園から歩いて約5分のところにある会場へ到着。身分確認等で大混雑しているのだろうと戦々恐々としていましたが、全くの杞憂でした。ビックリするほどスムーズに会場の中に入り、そのままグッズ売り場へと向かうと、既にこちらは大行列ができていました。開演まではまだ40分以上もあるし、席に座っても退屈なだけだと思い、汗をかきながら行列に並ぶことにしました。

20分ほどでお目当てのツアーグッズを購入し、いよいよホールへと足を踏み入れます。仙台サンプラザホールぐらいの規模(2000人程度)だと思っていたら、キャパ数は1600人程度という非常にこぢんまりとしたホールで、幾度となく地震などの災害に伴い改修工事が行われたようですが、それでもなお近代的な建物とは遠くかけ離れた、歴史を感じさせる素敵なホールでした。

1階の左手後方の座席は正直言ってかなり窮屈でしたが、それなりに後方でありながらステージの全景を確認できるぐらい近い距離に感じられたのは、会場の大きさによるものなのでしょうか。(舞台袖があったのも影響しているかも。)

18時30分の開演に合わせてホールにはどんどんお客さんがなだれ込んできますが、1階の一番後ろには立ち見席も設けられたようで、既にそちらにもかなりの人数の方の姿がありました。

開演前のアナウンス。
あれ?と思ったら、この日だけの特別なバージョンだそうです。この日は、今回7年ぶりに主題歌等を提供した、細田守監督の長編アニメ映画「未来のミライ」の公開日。ということで、声優を務めた上白石萌歌さんが特別にアナウンスを行っていました。

18時35分、いよいよ開演。
まだツアーの途中ですので、あまりネタばらしはしない、ということで、幾つかトピックスを。

・相変わらずの声量。そして、久し振りにアレが復活。
・そういえば珍しく、2度歌詞を間違えていました。
・MCでは会場にまつわるエピソードの他、MCの最中に合いの手を入れてくる観客を一喝するシーンも。確かにうるさいオッサンだった。人が話している時は静かにしましょうね。
・仙台はお母様の出身地ということで、翌日の公演では親戚の方が観覧に来る、というお話をしていました。
・客層は50代~60代の方がかなり多かったでしょうか。曲の合間にトイレへと足を運ぶ方も結構いたような気が…。
・毎回恒例のカバー曲、今回は色んな意味で驚きました。えっ?それやるの?みたいな。
・他者への提供曲は、好評だったという「あの曲」を再び披露。
・アルバムを製作する話をしておりました。が、これはいつものことなのであまり期待せずに待ちましょう。
・久し振りに演奏する曲、今回初めて演奏する曲、新旧織り交ぜて本当に楽しめました。あの曲とあの曲は嬉しかったなあ。

おっと、ちょっとネタをばらしすぎたかな?
正味3時間にも及ぶ、充実過ぎるぐらいの内容。幕を下ろしたのは、21時45分を過ぎてからでした。
今回は落涙することもなく、最後までしっかりとステージを凝視することができました。

毎回ツボを突かれますが、今回も始まる前に「聴きたいなあ」と思っていた楽曲が披露され、驚きと嬉しさと。
それにしても、本当に歌がうまい。65歳で年金受給者になった、と笑っていましたが、年齢を感じさせないバケモノです。そして、安定感抜群のバンドメンバー。ステージ上でアドリブ込みのセッションを楽しんでいる、そんな雰囲気に見て取れました。

ちょうどツアーの4分の1が終わり、脂の乗り始めた時期だったといったらいいでしょうか、思った以上にお客さんのノリもよく、本人も絶好調、といった感じでした。今年は野外フェスにも参加するようです。きっと素晴らしいライブを披露することでしょう。

正直、アルバムの製作にはあまり期待していませんが、ライブは毎年期待を寄せたいところ。また来年も観たいなあ。


#岡村靖幸 2018SPRINGツアー 「マキャベリン」 青森公演 観戦記【ネタバレあり】


隣(となり)の芝生(しばふ)は青(あお)い

《The grass is always greener on the other side of the fence. の訳語》

何でも他人のものはよく見えること。隣の花は赤い。

転じて、自分が観た以外の他県のライブが羨ましく思えること。

4月21日、青森市で開催された岡村靖幸スプリングツアー2018「マキャベリン」に参戦。2年ぶりの青森公演となったが、前回のツアー以降で彼が発表した楽曲は、DAOKOとの共演でテレビにも出演するなど話題を呼んだ「ステップアップLOVE」と、映画の主題歌となった「忘らんないよ」のみ。

ライブ直前まで一度もテレビやラジオでのCMを見聞きしなかったため、これは「ステップアップLOVE」効果でチケットが完売してしまったんだろうか…なんてことを思いながら、逸る気持ちを抑えて電車に乗り込み、青森の会場へ向かう。

18時からの開演に合わせ会場に到着したのは17時15分。てっきり30分からの開場だと思っていたら既に開場となっていて、ツアーグッズの販売コーナーには長蛇の列が出来上がっていた。

奇しくもライブの翌日はプリンスがこの世を去った日。

色々思うところもあってプリンスのシンボルマークが入ったトートバッグを肩に引っ掛けて入場すると、どうやらそれと気付いた他のファンが数名、好奇の視線を送ってくるのがすぐにわかった。

さて、今日は前回のようにプリンスの曲を演ってくれるだろうか。いや、それはないか。

幾つかツアーグッズを物色した後、いよいよ客席へと足を踏み入れた…。

※これからツアーを楽しまれる皆さん、期待して間違いないと思いますよ!

 

↓↓↓↓↓この後ネタバレあり↓↓↓↓↓

     セットリストを含む

  ↓↓↓↓ネタバレあり↓↓↓↓

    ↓↓↓ネタバレ↓↓↓

      ↓↓ネタ↓↓

        ↓↓

 

いつもの如く開演前のステージは幕が閉じたままで、全貌はわからないが恐らく大きな装飾や仕掛けはないはずだ。

僕の席は前から10列目の右寄り。前回よりもやや後方になったような気がするが、ステージ全景を眺めるには絶好の位置だった。

肝心のお客さんの入りは…あれれ?前列に空席があるぞ。そういえば僕の隣りも2席空いたまま。圧倒的に女性が多いが、男性の姿もちらほらと。僕みたいなお一人様参戦も、それなりにいたようだ。

ふと後ろに視線を送っても、まばらに空席がある状況。僅かながらの2階席には、人がいる気配がなかった。ああ、そういえばグッズ購入の際に並んだのは、2階席への階段だったな。

18時05分、客電が落ち、演奏がスタート。観客のボルテージが上がる。カーテンの向こうに彼の姿を捉えた観客が、歓声を上げる。

幕が開き、いよいよスタート。
ステージ中央に鎮座するピーチマークは、すっかり「見慣れた光景」だ。
以下、個人的には「意外な曲」が多かったセットリスト。

ステップUP↑
ステップアップLOVE
Dog Days

どぉなっちゃってんだよ
Lesson
青年14歳
ぶーしゃかLOOP
愛の才能

できるだけ純情でいたい
ヘアー
忘らんないよ
彼氏になって優しくなって
Out of Blue

あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
だいすき

Superstition
どんなことをして欲しいの僕に
Punch↑
祈りの季節
SUPER GIRL

ギター弾き語り(青森ベイベ)
ちぎれた夜
愛はおしゃれじゃない
ビバナミダ

冒頭で「隣の芝生は青い」という話をしたが、実はツアー初日の静岡とは、後半のセットリストがかなり違っていた。
演奏した曲数も異なっていて(静岡の方が多かった)、ちょっと羨ましくもあり。

カバーは3曲。
「愛の才能」はこれまでも何度か演奏してきた川本真琴への提供曲のセルフカバー。
「Lesson」は一青窈が作詞し、作曲編曲を岡村ちゃんが担当した楽曲。
歌詞が女性目線なので、ちょっぴり恥ずかしい。

アンコールで演奏した「Superstition」は、Stevie Wonderの楽曲。密かに期待していたプリンスのカバーはなかったけれど、このチョイスはナイス。
今回の一つのハイライトは、バンドメンバーの田口慎二さん(ギター)が青森市出身だったということ。何と冒頭のMCで自らが「凱旋帰国」を高らかに宣言、会場が大いに沸いた。それは、MC担当のマニュピレーター白石さんが嫉妬するほどの盛り上がりだった。

【以下、個人的な感想。あくまでも個人的なので、石打無用。】
・お客さんは比較的おとなしめな感じ。ノリはいいけど声は出さない、みたいな、
・時折ふと見せる岡村ちゃんの険しそうな表情がとても気になった。
・最前列の男性がいじられていたけど、醒めたような観客の溜息吐息が切なかった。
・珍しい曲を演奏した代わりに、あれ?あの曲やらないの?も数曲。
・グッズにパンフレットがあったのは嬉しかった。ただただ、嬉しかった。
・5000円以上グッズを購入した人がもらえるシールのデザインも可愛かった。

・ミュージックステーション出演後に話題となった「ダンスが上手なおじさんの色気」は衰え知らず。
・好みはあれど、何度観てもいいものは、いい。ほとばしる汗が凄かった。
・大御所のアーティストに定番ソングは付き物だけど、そんなに古くないはずの曲が既に定番っぽく聴こえるのが凄いなー。
・ステージがとてもシンプルなので、集中してステージを観ていられる。
・今回に限ったことではなく、岡村ちゃんの休憩時間みたいな演奏とダンスタイムとMCがコンパクトならばもっといいけど。
・まあでも、あれを楽しみにしている方もたくさんいると思うから、これは個人の感じ方ということで。
・提供曲をカバーするだけでアルバム1枚出来上がっちゃいますよね。
・「あの」頃、アレンジを変えたリテイクやセルフカバーが続いたけれど、ライブでのアレンジも格好いい。
・でも、やはり新曲が聴きたいです。

ステージ上のパフォーマンスにつられて、一緒にデンス・アンド・シンギングに明け暮れた、正味2時間30分のステージ。
2度目のアンコールで楽しそうな顔を見られて良かった。

あっ!明朝4時起きで花巻に向かわなければならないんだった!ハーフマラソン走るんだった!と我に返ったのは、会場を出た直後のことだった…。

4月26日の投稿に続く)