GARMIN ForeAthlete 245修繕記 #garmin


昨年10月頃だったろうか、全く走る余裕がなくなったため、すっかり普段使いとなってしまったランニング用のスマートウォッチ「GARMIN ForeAthlete245」の液晶ディスプレイに、まるで虫が食ったような小さな白い1本の線が現れた。
ソフトウエア更新のサインか何かなのかな?そのうち自動で更新されるんでしょ、と当初はあまり気にしていなかったのだが、1本の線はどんどん増幅、その範囲も拡大していくこととなり、葉っぱのような形が出来上がったと思ったら、3月になるとほぼ円形状態まで大きくなってしまった。


(まだ葉っぱだった頃)

とうとう文字の一部にも掛かり始めたため、これは困ったことになったと悶々とする日々を過ごしていた。
大体にして思い当たる節がなく、何が原因でこうなったのかもわからない。
ソフトウエアを更新してもダメ、マスターリセットしてもダメということで、はい、もはや打つ手なし。

しかし、残念ながら購入から既に一年以上が経過しており、保証期間も過ぎている。
かといって新しい時計を買い替える気にもなれない。
そういえば以前、公式ホームページで修理を受け付けていたという話、切れたベルトを無償で交換してくれたという話を聞いたことをふと思い出した。

ホームページを調べたところ、一律の価格で修理に応じてくれることを知った。
その価格は、¥17,400(税込 ¥19,140)
もう一度本体を購入するよりは当然安価だし、1年半も使っていない状況で、これ以上謎の白丸が増幅していくのは耐えられない。
一念発起して、修理を申し込んでみることにした。ちなみに、修理といってもほとんどは代替品での対応となるらしい。
文字盤の裏にあるシリアルナンバーと購入年月日を入力し、画面に表れている白丸を撮影、画像を添付して申し込んだ。

がしかし、ここで大失態を犯してしまった。
ホームページには「弊社からのご連絡を受信するまでは、製品を絶対に送らないで下さい。」と書かれていたにもかかわらず、焦りが先走ってしまい、メールが届く前にレターパックで送ってしまったのだ。(もちろん梱包は万全にして。)


(申込んだ日曜日の翌日に届いたメール)

メールの写し、修理受付票、一切同封していないまま、ベルトを外した本体のみが、ドナドナよろしくガーミン・ジャパン本社へと送られてしまった。ああ、やっちまったよ…申し訳ありません。

しかし、ここからが「神対応」ならぬ「GARMIN対応」だった。
修理受付票を再度送るよう連絡が来るんだろうな、と思っていたら、何事もなかったかのように修理品が届いたことがメールでお知らせされ、そして、あっという間に対応方針が確定。

何と、購入時の出荷履歴が確認され、更に分解修理等がされていないので(というか改造する人いるのかな?)、今回は無償で対応してくださる、とのこと。マジか!そしてその後が、あっという間だった。

◇時系列◇
21日:修理申込み、レターパックで発送
23日:修理品到着、対応方針決定
24日:発送の連絡
26日:商品到着


(非常用として眠らせていた旧モデルで凌いだ。)

この間、わずか5日間。
10月から5か月間も悶々としていたのは一体何だったんだ…。

ということで、GARMIN様仏様のような対応には、ただただ頭の下がる思いだ。
結局、突如現れた白い線が外因性によるものなのか内因性によるものなのかはわからなかったが、GARMINユーザーの皆様にとって参考となるかどうかはともかく、今お使いのGARMIN製品に何らかの不具合があるのであれば、オンラインで修理申し込みをしてみる、という手もあるということは、ここに記しておこうと思う。(ただし、分解修理等がされていない前提で。)


(送られてきた製品。文字盤の白いものは消え、普通に動いています。)

◆以下、個人的な反省も含め、修理を申し込む際の注意点◆
(詳しくは公式ホームページをご覧ください)

・製品購入時の保証書または納品書は必須なので、必ず保管しておくこと。
・修理を申し込んだ後、慌てて修理品を送ることなく、メールが届くのをじっと待つこと。
・なお、修理品を送る時、エアキャップなどでの梱包は必須。
・ただし、普通郵便だけは絶対使わないこと。
・ちなみに私は、エアキャップでくるんだ修理品を、段ボールで挟んで固定しました。
(レターパックライト370で送ったけど、大丈夫でした。)
・あとは、修理受付されるのを待ちましょう。
・こういうアフターケアを考えた場合に確実なのは、公式サイトから製品を購入すること。
これに限るかな。

ちなみに、代替品のシリアルナンバーも同じとなっており、次回の修理からは有償になるとのこと。いやいや、全く問題ありません。今回の対応には本当に感謝です。