Fun Running」カテゴリーアーカイブ

「打算」ではなく「逆算」 ~2019年のランを振り返る


2019年は年男。昨年度の不本意を払拭すべく、今年こそ張り切ってランニングに取り組むぞ。…という思いは見事に空回りし、結局この一年も何だか不本意な年となってしまった。他人事のように今年を振り返ってみようと思う。

まず1月に出場した「勝田全国マラソン」は、練習の延長と位置付けて出場したとはいえ、伯父一家がわざわざ応援に来てくれたにもかかわらず、2年前の前回より20分も遅くゴールし、サブ3.5すらできないという惨めな結果に。(3:33:22)

この頃はちょっと心身のバランスに変調を来していたらしく、更に冬ということで練習が疎かになる中、仕事とランニングの両立がなかなかうまく行かず、レースに向けた調整もできないまま春を迎えた。ちなみに冬期間の月間走行距離を見ると、1月は勝田でのフルマラソンがあったにもかかわらず172.1km(練習のみだと150km以下)、2月になるとわずか54.4km、3月も93.5kmと、100kmにすら届かず。

練習不足は結果として如実に現れ、2019年最初のレースとなった4月下旬の「イーハトーブ花巻ハーフマラソン」では、とうとう90分切りをできずにゴール。(1:30:07)
この時も伯父夫婦と叔母が応援に駆けつけてくれたのに、結果を出すことができなかった。

更に、大型連休の期間中には、弛みきった体つきを指摘される始末。
心身の変調は顔にも身体にも露骨に出るようで…どうもすいませんね、ハイ。

一部コースが変更となった5月の「仙台国際ハーフマラソン」では、辛うじて90分を切ることができたものの、本調子には遠く及ばない状態。(1:29:06)

そりゃそうです。この頃は、昨年より体重が3キロ増えていたんだから。

6月、毎年楽しみにしている平川市の「たけのこマラソン」。
それまで出場していたハーフではなく敢えて10kmに種目変更するも、順調に距離を重ねることができたのは7kmまで。残り3kmでグダグダっぷりを発揮し、入賞を取りこぼしてしまった。
…あれ?もしかして自分、10kmの走り方すらわからなくなっている感じかも?(44:01)

しかしこの年齢になると、一度狂った歯車を元に戻すのはなかなか至難の業だということも痛感させられた。少しでも早く調子を取り戻さなければならないという焦りも重なった結果、たけのこマラソンの直後に昨年とほぼ同じ部位(アキレス腱)を痛めるという悪循環に陥ってしまった。

続きを読む


タイム度外視の練習レース 第39回 #つくばマラソン (前編)


各地で相次ぐ大規模な災害。仕事柄、ここ数年は毎年のように何らかの災害対応をしなければならないという状況が続いている。練習不足の理由を仕事に押しつけるのはもってのほか、というのは重々承知だが、心身ともに疲労している中で、練習する気も起こらない、という日もあった。

実際、9月以降の練習量を月間の走行距離だけで見てみると、9月ですら150キロに及ばず、10月に至っては80キロ弱、11月も100キロ弱と、とてもではないがフルマラソンに出場するなんぞもってのほか、といった練習内容だった。10月の弘前・白神アップルマラソンでは、ペースランナーの分際で失速したのは先に投稿したとおりだったし、その直後に発生した台風19号を契機とする一連の災害では、本県の被害は大したことがなかったものの、東北地方でも福島県、宮城県、岩手県で大きな被害が発生し、その応援業務に追われることになってしまったことも、先に投稿してましたっけね。

そんな感じで、10月末に開催された「いわて盛岡シティマラソン」は応援業務で宮城県庁にいたため出場が叶わず(いや、出場しても散々な結果だったことでしょう)、今回のつくばマラソンもギリギリまで出場を悩んでいた、というのが本音。

結局今年は1月の勝田全国マラソン、8月の北海道マラソン以外、フルマラソンには出場していない。(ペースランナーを務めた弘前・白神アップルマラソンは別。)
昨年の状況を鑑みて、少し大会出場を自重したところもあったし、春にアキレス腱を痛めてしまったことも、結果として自分の士気を損ねる大きな要因となった。日頃のケアって、ホント大切。

実は昨年のつくばでギリギリのサブ3.5を辛うじてクリアしてから、一気にスランプに陥った感が否めず、その後約1年にわたってサブ3.5を達成していない。
この間、焦りがなかったといえばウソになる。しかし、マラソンは一夜漬けで何とかなるほど甘い物ではない、ということも重々承知。ということで今年のつくばマラソンでのサブ3.5は諦めることにして、まずは今自分がやれる最大のことをやってみよう、と気持ちを切り替えた。

そもそも今年は、30kmを越える練習をほとんどやっていないし、10月のアップルマラソン以降は、20kmを超える距離すらも走っていないという有り様。

だから、今年のつくばはまず結果度外視。30kmまでのペース走、それもキロ4分40秒という設定を組んでみることにした。
…いや、今の自分にはこれが限界なのですよ。両膝に痛みを抱え、未だにアキレス腱が疼き…ってまた言い訳になるのでやめます。

続きを読む


反省のフリなら猿でもできる ~ペースランナー失態記(後編)~ #弘前白神アップルマラソン


(前編から続く)
今年は例年よりかなり早い地点で先頭とすれ違ったが、仲間のランナーや他のペースランナーとすれ違う度にお互いを鼓舞しながら走るのが、折り返し前後の約5km。自分がペースランナーであることを一瞬忘れそうになる、そんな区間だ。

(画像は11km付近、まだまだ余裕があった頃。)

折り返した直後、風船の動きで向かい風になったことを悟る。空に広がっていた雲が取り払われ、秋の太陽が勢力を強める。暑さを感じるし、空腹感も少し覚えるようになった。ついでに言えば、右足の裏側も痛い。知らず知らずのうちにアキレス腱を痛めていた左脚をかばい、右脚ばかりを使ってしまったのかも知れない。

いやいや、気のせいだ、こんなのは大したことではない。そう思いながら先へと進んでいくが、違和感は拭えなかった。

(25km地点、妹と甥っ子を発見して気力を少し回復!)

復路を引っ張るのはスギさん。きっちりラップを刻みながら、終始安定した走りを続けている。トミーは後方からランナーを吸い上げる役割。僕は中盤をウロウロしているだけだった。この時点で、僕自身がちょっとヤバイかも知れないな、という不安がどんどん増幅されていくこととなった。

それでも30kmまでは辛うじて持ちこたえられたものの、いよいよ31kmを過ぎ、勝手に「ゾンビゾーン」と呼んでいる辺りでペースが急に落ちてきた。平静を装いながらトミーと会話を交わす。「これぐらいのペースで大丈夫かな」「え?平均5分36秒だよ。問題ねえべ。」「う、うん…。」
ふと見ると、スギさんの風船が徐々に小さくなっていくのがわかる。ホントにヤバいな、これ。

続きを読む