阪神グッズ


PIC_0004.JPG

先般大阪に出張していた友人からの「お土産」です。関西在住の方は普通に見かける商品なのでしょうけれど、青森にいるとこういった品物と巡り会う機会があまりありません。ちなみに昨日は、釣りに向かう車中でこのコーヒーを「飲む飲まない」で揉めました(笑)。
で、ふと思った。
阪神関連のグッズはこういったものから家や車まで幅広く扱われていますが、ダイエーのグッズってほとんど見ませんね。常勝チームだからでしょうか?では仮に、他球団がこのようなアイテムを発売して売れるのか。やはりこれは、阪神だからなせる業なのでしょうね。


おー


shuqooさんのところで、Blogの話題が出ていました。どうやら今、流行っているらしい?で、このページとまったく同じ内容で裏稼動していたサイト。僕自身としては、日記気分で書いているんですが、確かに他のサイトを見ると、凄く真面目かつ熱心に書かれているものも少なくありません。うーん。僕としてはそんなに熱心に書くネタがあるわけじゃないし、そういうゆとりも結構失われつつあるので…。とは言いつつもどうやらこのサイトを、日記代わりに公開したほうがいいかも知れないようで。僕の中では懸案事項で、これが原因で公開に踏み切れなかったモバイル稼動もうまくいくようになったし、デザイン的にもまぁまぁだし。


スポーツ再考


スポーツ最高ではありません。再考です。
興味のない皆さん、ごめんなさい。
まずは曙親方。いやぁ…今頃になっていきなり「K-1転向」ですか。コニシキ、舞の海がタレント転向、若乃花がアメフト転向、北尾がプロレス逃亡した時よりビックリしました。東関親方は「裏切りられた思いだ」って怒ってましたね。
で、思うんです。
ハッキリ言って、曙の「旬」というのは終わっている。曙さん、あんたの時代はもう終わっているんだ(これはちょっと言い過ぎだろうか)。とてもじゃないが、K-1で大成するとは思えません。これは、過去にさまざまなジャンルに転身した人たちをみればわかる。相撲の世界で大成した人で、成功した人はいますか?結局みんな中途半端というか、ポジション的にも「うわっ!微妙〜!!」ってな具合になっている。
大体、ひざが悪くて相撲を引退した人が、K-1の蹴りに絶えられるのでしょうか。総合格闘技参戦ということで、関節技なんかも学ぶんでしょうけど、その前に自分の関節、特に膝を心配したほうがいいのでは…。早速マスコミはボブ・サップとの対戦に期待を寄せているようですが、個人的にはバタービーンにまわしを巻いてもらっての対戦でいいんじゃないかと思います。リングネームは「チャド曙」、得意技は「相撲界のビル・クリントンと呼ばれ、奥さんのクリスティーンも食らったことがあるという押し倒し」くらいでいいんじゃないですか?
ま、まさかこれがきっかけとなって、花田「お兄ちゃん」も参戦する気じゃ…。
もう一つは近鉄・ローズと巨人。
小久保を巡るダイエーと巨人の暴挙にはホント、呆れて開いた口が塞がらないというか、巨人の節操のなさに最近は嫌気すら差しているのですが、ここに来て近鉄・ローズも巨人入り濃厚だとか。巨人という球団は、4番コレクターみたいなものなんでしょうか。生え抜きの選手が本当にかわいそうになってきた。ナベツネよ、そこまでして勝ちたいか?というよりも、そこまでして客集めしたいか?といった感じ。選手の顔が金欲の塊に見えてきたよ。もっとも、今はともかく近い将来、球界の「最終処分場」みたいになるような気がしないわけでもないのですが、いっそのこと球団ごと大リーグ参戦してみればいいのに…。
興味のない皆さん、失礼しました。