Fun Running」カテゴリーアーカイブ

弘前公園RCの「望年会」


昨日、僕が所属するランニング同好会、「弘前公園RC」の忘年会が行われました。…いや、忘年会というよりも、今年を忘れることなく来年に望みを繋ぐ会、といった趣旨だったので、敢えて「望年会」と表現させて頂きます。

10月のアップルマラソンを目指し、ジョギングがてら個人練習を続けていた中で、高校同期のT田くんから「一緒に練習しない?参加してみない?」と声を掛けられたのが今年8月。

一人でのジョギングに退屈と限界を感じていた中でこの会に参加したところ、目から鱗が落ちる内容の練習方法にただただ驚愕するとともに、走行中にもかかわらずフォームを改善して頂くなど、日に日に走ることの楽しさを覚えるようになり、おかげでハーフマラソンを完走することができたという、僕としてはとても恩義を感じている会なのです。

ところで、かねがね疑問だった「RC」が一体何の略語なのか、昨日になってやっとわかりました。
僕としては
・ランニング・サークル
・ランナーズ・サークル
・レーシング・サークル
・ランニング・クラブ
・ランナーズ・クラブ
・レーシング・クラブ

のいずれかなのだろうと思っていたのですが、どうやら「ランナーズ・クラブ」ということで落ち着いたようです(ロータリークラブではないということだけは明らかに。笑)。

さて、昨晩は年齢も性別も職種もバラバラな総勢27名もの精鋭が一堂に会したワケですが、初顔合わせとなる方々も大勢いる中で、話題になるのは当然「走る話」。

僕のこれまでのレース経験は、7月のクソ暑い中に行われる「AOMORIマラソン」の10キロを1回、10月に行われる地元「弘前・白神アップルマラソン」の10キロを4回(改称する前の大会も含む)、ハーフを1回完走した程度と、実績としては全然箸にも棒にもかからないような内容なのですが、他の方々は東京、大阪、神戸、北海道(札幌)や長野、仙台、更にはサロマ湖や岩手の100キロマラソン、更に更にはホノルルやニューヨークなど、色んなレースに参加されています。

なので昨晩は、それぞれが酒を飲み交わしながら、どのレースが楽しいか、どうやって戦略を練るか、等といったことについて、時に真剣に、でも楽しく盛り上がっていたわけです…。

今後予定されている県内外のレースが紹介されたあと、出席者が今年の反省と来年の抱負を述べる、ということに。

皆さんが今年の反省を踏まえつつ、サブ4やサブ3.5など、色んな目標、抱負を述べる中、僕は「ここしかないな」と思い、自分が今思い描いているイメージを抱負として述べました。

それはひょっとしたら、「弘前公園RC」がこれから進もうとしている方向や目的とはちょっと異なるのかも知れませんが、これだけの精鋭が集まる中で弘前を盛り上げなければどうする!?みたいな自負のようなものもあって(というか、それぐらい凄い人たちが集まっているんです)、不躾ながらそのことを僕の抱負として述べさせて頂きました。

とはいえまだ雲を掴むような内容なので、ある程度形が見えてきたら、またお知らせ?宣伝?させて頂きたいと思います。

ちなみに、この日同席されていた秋田修さんからは、「視覚障害者のランナーを支える取組みをして頂きたい。是非このRCから多くの伴走者が出て、アップルマラソンを盛り上げて欲しい。」とのお話があり、その場で多くの方々が賛同する、という場面も。

秋田さんは「盲目のランナー」として、弘前市内のランナーであれば知らない人はいないぐらい有名な方なのですが、一通り皆さんの挨拶が終わると、突然秋田さんから名前を呼ばれました。

秋田さんとはこれまで数回お会いしたことはありますが、実は直接お話をさせて頂くのはこの日が初めて。
さて、何かと思い秋田さんに近づくと…。

「いやぁ、キミのアイディア、素晴らしいよ!うん、是非やってよ!ところでキミ、声もしゃべり方もお父さんにそっくりだな!ビックリしたよ!」と声を掛けて頂きました。

秋田さんと亡父とは、生前お付き合いがあったことは知っていましたが、父の声も話し方も秋田さんが覚えていて下さったことに驚き、感銘を受けるとともに、なるべく父に似ないように心がけてきた僕としては、ちょっと衝撃でもありました(笑)。まぁ、裏を返せば亡くなってから4年経った今もなお秋田さんの記憶の片隅に残っていた父は、それだけ特徴があった(アクが強かった)ということなのでしょう。

秋田さんからは、「今度一緒に走ろう。伴走してよ。」とお願いされました。そして、「お父さんの思い出でも話しながら、走ろうよ!」と、握手を求められました。

…これも父が繋いだご縁なのだと思うと、涙が出そうなぐらい嬉しかったです!実は秋田さんだけではなく、この会を通して知り合った方の中には、父の繋がりや関係で知り合いになれた方がたくさんいるのです。なので、この会には父への思いをいつも抱きつつ参加させて頂いている、ということをここで明かしましょう。

…さて、宴席では僕の持ちタイムならフルマラソンも大丈夫だ!と散々焚きつけられたところですが(笑)、来年の僕は一体どんな走りをすることができるのでしょう。

昨晩皆さんと談笑し、色んなことに思いを馳せながら、どうやら来年は今年以上に楽しく走れそうな、そんな予感がした昨晩の「望年会」。

12月後半になって真冬並みの寒さが続き、すっかり外走りには向かない季節になってしまいましたが、雪解けの時期が早くやってくることを願うばかりです!

そういえば気づいた事が一つ。昨晩は、僕やM方君を含め、誰も写真撮影をしていなかったようですね。あれだけ凄い顔ぶれが揃ったのに!(笑)


今日のランニングは「街ラン」


土曜日朝は雨降りで、いつもの朝練が中止となりました。僕は前日飲み会が入っていたので、早々に欠席の連絡を入れていたのですが、先週もまちあるきフォーラムに参加していたため、2週間前に走って以降ずっと走っていませんでした。
19日は人間ドック。元々ジョギングを始めたのが、人間ドックで指摘された「成人病予備軍」からの脱却を目指してのこと。結果、昨年の人間ドックの検査値はオールAという優等生となりました。
朝練でも結構本気になって走っていたのですが、実は根底はここにあるんですね(ホントかよ)。
しかし、ここでサボって数値が元に戻ってしまっては、これまでのトレーニングが無意味だったということに。
ということで、アリバイ作りも兼ねて(笑)、今日の午後から弘前市内を走ってきました。しかし、先週の「まちあるきフォーラム」で弘前市中心部を歩いたばかり。これはただ走るだけではつまらない、ということで、「菊と紅葉まつり」最終日を迎えた弘前公園を中心に、スマホ片手に街ランしてきました。今日は画像がたくさんありますのでご容赦を。
まずはこちら。
最勝院五重塔です。
20121111 弘前市内街ラン
かなりいい感じで紅葉しています。…が、人がいない。しかも、イチョウから落ちた銀杏が…(以下自粛)。
20121111 弘前市内街ラン
お。オジさんが写真撮影中。
「こんにちは!」
「…。」
うーん、撮影に没頭しているらしい。
最勝院から土淵川沿いを下流へ向かいます。
20121111 弘前市内街ラン
川と護岸が工事中のため、一部通行止めとなっていましたが、狭い道路をゆっくりと歩を進めていき、右折。弘南鉄道の中央弘前駅を出発して最初の踏切を越えると、ご存じこの犬が待っています。
20121111 弘前市内街ラン
この間、マフラー掛けてたけど外されてました。
「寒くない?」
「…。」
再び土淵川沿い。弘前市中心部、土手町に掛かる蓬莱橋の下をくぐります。
20121111 弘前市内街ラン
橋脚などは新しくなっているけど、かなりいい味出してますよね、この橋。
続いて、日本基督教団弘前教会です。見事に紅葉していますね。これ、桜の木です。
20121111 弘前市内街ラン
さあ、ようやく弘前公園にやってきました。
弘前市文化センター向かいのお堀にある紅葉。これを撮影している方も結構多いです。あ、私もですが…。
20121111 弘前市内街ラン
そのままお堀沿いを駆け抜け、亀甲町へ。
20121111 弘前市内街ラン
曇っているのがちょっと残念。
旧弘前市消防団西地区団第四分団消防屯所の脇から、西堀沿いに入ります。
20121111 弘前市内街ラン
桜のトンネルの横、本丸横へと通じる波祢橋から。電信柱がちょっと邪魔だったな。
20121111 弘前市内街ラン
蓮池。誰もが足を止めています。
20121111 弘前市内街ラン
20121111 弘前市内街ラン
弘前工業高校のすぐそばにある大イチョウを見て、再びUターン。
20121111 弘前市内街ラン
もう、冬支度も始まっています。
20121111 弘前市内街ラン
このコントラストはいつ見ても凄いです。
20121111 弘前市内街ラン
丑虎櫓の横から、市役所方向。
20121111 弘前市内街ラン
看板に気付き、Uターン。
20121111 弘前市内街ラン
うーん…期待したほどではなかったかな(爆)
20121111 弘前市内街ラン
弘前公園内にある唯一の石橋の横。ここが一番混雑していました。これは確かに凄いわ。
20121111 弘前市内街ラン
もうですね、赤一色ですわ。
20121111 弘前市内街ラン
本丸の真横。葉が散ってしまった桜もありますね…。
20121111 弘前市内街ラン
実は人気が少ない辰巳櫓のそば。
20121111 弘前市内街ラン
いよいよ佳境に迫ってきました。杉の大橋から、弘前城植物園方面。
20121111 弘前市内街ラン
メイン会場、弘前城植物園の前には菊であしらわれた市章の卍が。
20121111 弘前市内街ラン
ラスト。市民広場南側、追手門から弘前市民会館へ向かう通路。もうちょっと早ければ黄色い葉っぱが絨毯のように敷き詰められていたんだけどなぁ。残念。
20121111 弘前市内街ラン
…ということでこの後もう少し市内を走り、ちょうど13キロで今日のランを終了です。目の保養になりました!


第10回 弘前・白神アップルマラソン走ってきました。


10月7日(日)の第10回弘前・白神アップルマラソン、自身初となるハーフマラソンを走ってきました。
珍しく天気もよく、素晴らしい大会でしたが、ちょっと暑かったかも知れません。

両足裏にできた水膨れが4か所、そして両大腿部の筋肉痛。練習ではほとんど発症することのなかった心地よい痛みがあちこちに現れていて、自分で言うのもおかしな話ですが、それだけこのレースに力を注いでいた、ということなのでしょう。

当日、8月から練習に参加させて頂いている弘前公園RCの方々がフルマラソンのスタート前に集合写真を撮影したいということで、8時30分に会場入り。その後、トップを切ってスタートするフルマラソンのスタートを見届け、その後9時30分スタートの10キロマラソンに参加する畏友ザワ先生を探し、合流。こちらのスタートも見届けてから、スタートの10分前である9時40分にはスタート地点の前の方に陣取っていました。

DSC_0053.jpg
フルマラソンスターターの瀬古利彦さん

徐々に高まる緊張感。事前にいろんな方から受けた指示は、「スタートダッシュが肝心。勢いを付けて飛び出すこと。」とのことでした。僕自身がイメージしていたのは、スタート時は猛牛のように勢いよく飛び出さない、ということだったので、この指示はちょっと意外でした。「目標:1時間40分以内」のプラカードの前に、まるで自信があるんです、と言わんばかりに並ぶ僕。ホントに走れるのか?

スタート3分前。
頭に描いていた僕のイメージは、約21キロなので、折り返しを○○分ではなく、7キロを30分、というイメージでした。後半バテるのは目に見えているけれど、キロ4分20秒から少しずつペースを下げても、1時間35分ぐらいでゴールできるのではないか、という感じでした。

まあいい、まずは突っ込んで行ってみよう。

スタート1分前。
照りつける太陽の光が何となく暑いような、そんな感じでした。まぁ、これも走り始めればきっと気にならないだろう…。

よーい、スタート。
号砲と同時に、一斉に選手が勢いよく駆け出します。
指示通りその選手の中に紛れながら、幸先良くスタート…。
いつもはブレーキ気味に走る最初の下り坂は、ブレーキ解除。
ただ、この時ふと思ったことがありました。

…あれ?最初の1キロってこんなに長かったっけ?何か、体が少し重いような気が…。

1キロを過ぎた時にふと時計に目をやると、何と3分56秒!練習ではとてもこんなスピードで走ったこと、ありません。
これはまずい、と思いながらも足を止めることができず、結局5キロ付近まではキロ4分20秒前後のペースで走っていたようです。

6キロ地点から道が狭くなり、集落の中を駆け抜けます。少しペースが落ちたかな?と思いましたが、7キロ地点を通過した時には30分11秒でしたから、まずまず予定通りの足運びだった、ということに。

ところがここから急に足が重くなります。思えば、朝方や夕方走っていたので、日中のこの暑さというのを計算に入れていませんでした。
8キロの給水ポイントで水を手にします。が、素人ランナーに給水が上手くできるはずもなく、紙コップに入った水を口に入れようとした途端、コップからガバッと水がシャツにかかってしまいました。一瞬むせ込みながらも、何とか一口だけ水を口にすることはできましたが、4キロ、8キロ、12キロ、16キロの給水は、いずれも上手く口に水を運ぶことができませんでした(このことは、その後の打ち上げで上手く給水をする方法を聞いたので、次回はきっと役立つはずです)。

9キロ地点に差し掛かろうとした時、向こうから見える白バイ。何と、トップの人は既に折り返し、2キロ以上の差がついていました。
何というスピードなんだ…。唖然としながら走っていると、後続のランナーが次々とやってきます。
そして僕はというと、このあたりからどんどんペースが下がりはじめ、後からやってくるランナーに続々と抜かれ始めるようになりました。

何でこんなところ走っているんだろう、俺は…。
萎え始める気持ち。ペースメーカーも見つけられず、前を走るランナーとの間をどんどん開けられ、その後も僕の横をランナーが涼しい顔で追い抜いていきます。

折り返し。
後続のランナーに同じTシャツのメンバーを探します。
見つけた途端、「お疲れっす!」「ガンバガンバ!」と声を掛けるものの、実のところそれも結構イッパイイッパイな感じになりつつありました。

14キロ通過。やっと3分の2。1時間02分02秒。この時点で1時間35分なんて考えられなくなっていました。1時間40分も怪しいのでは?
このあたりを走っている時点では既に4分40秒台前半のペースまでスピードが落ちていました。

もういい。時間を気にするのやめた。

投げやりな気分になり始めた時、18キロを通過。残り3キロか…。二人併走しながら、僕の横を走り抜けていきます。
いいのだろうかこのままで。こんな走りで、自分自身に満足できるのか?

…考えてみると、スタートした時からずーっと自問自答を繰り返していました。
何でハーフなんて走ろうって思ったんだろう…。
何で1時間40分で走りたいなんて言ったんだろう。
それにしても足が重いなぁ。何か体も重いなぁ。
でも、このまま抜かれ続けて、いいのか?

ふと何かスイッチが繋がったように、僕の横を抜けていった二人をピタリとマーク。すると、一度落ちたはずの走力がまた復活。
やっと1人、ずっと前を走っていた人を追い抜きましたが、その走力も、20キロ手前まででした。

しかしその時、係員が持っていた無線機からの声が聞こえました。
「トップ、岩木川の橋を通過。」

げげ!?50分前に出発したフルマラソンの選手が、背後まで迫ってる!!
これはまずい、抜かれる!

そう思ったら、再び足に力が戻ってきました。
最後の橋の上り坂に差し掛かると、僕に向かって手を振る家族連れ。
「のんべがんばれー!」と叫ぶその子は、10キロを走り終えたザワ先生のご子息たち。奥さんも一緒に手を振っています。

その応援に応える気力、そして目もくれる余裕すらなくなった僕は、ザ