心拍数計ラン


NIKE+GPSウォッチと合わせて購入した心拍数計。
土曜日、ようやくこれを装着してジョギングしてきました。

一般的に言われている公式(最大心拍数=220-年齢)をベースに算定すると、僕の最大心拍数は179ということになります。

これを基準に目標心拍数の設定を行った上でジョグに臨むのが好ましく、有酸素運動、すなわち脂肪燃焼に大いに役立つということのようです。

目標心拍数=(最大心拍数-安静時心拍数)×運動強度+安静時心拍数

僕の安静時の心拍数は大体80ぐらいのようですので、無酸素運動になると言われている運動強度70%を越えないようにとどめるとすると、目標心拍数の上限は149ということに。

さて、実際この数値を算定したのは、実はジョギングを終えた後だったのですが、先日の実走だと平均ペースで164BPMと、かなり心拍数が高めとなっています。

つまり、このペースだと無酸素運動になってしまうため、いくら走っても体脂肪が減らない、ということに?

確かに一瞬体重は減りますが(単に水分が抜けただけなのでしょう)、例えば腹回りの浮き輪みたいな脂肪が減った実感が全くないという…。

走る分には凄く楽なペースだったのですが、どうやら脂肪を減らすという当初の目的からは、ちょっと外れてしまっていたようです。少し走り方を考えないと..。


RUN TOGETHER MARCH 11


3月11日、Nikeの呼びかけにより、「RUN TOGETHER MARCH 11」という企画が行われました。
どのような企画かと言いますと、Nike+のプロダクツを有するランナーが集い、3月11日、どこでもいいのでとにかく走る。そしてその走行データをNike+に送信すれば、その走行距離に応じ、1キロ当たり500円の寄附がされる、というものでした(ただし上限は2,000万円とのこと)。

自分の足が何らかの役に立つなら、と思い、迷うことなくエントリー。
3月11日、この日は腰に痛みがありました。理由はハッキリしていました。前日、家の前の通路の雪かきを一生懸命やり過ぎたため。

15時30分過ぎにようやく重い腰を上げ、ストレッチもほどほどに弘前市内へと繰り出しました。
当初の目標は12キロだったのですが、いざ走ってみると足も腰も鉛がぶら下がったように重く、なかなか足が前に進みません。
しかも、顔を叩くような冷たい風が更に走る気力を削いでいき、結局、7.7キロを走ったところで走行を断念。外気温マイナスという天気もさることながら、身体のコンディションがあまりにも悪すぎた…。

しかしこの取組み、終わってみると9,600人を超えるランナーが参加し、各ランナーの走行距離を累積すると、日本を3周以上周回する約113,800キロに達したそうです。

ザッと換算すると、一人当たりの平均走行距離は約11.8キロ。
やっぱり12キロぐらいは走っておけばよかったかな…(苦笑)。

3532.jpg