「第28回田沢湖マラソン」20キロ走って来ました!


2013年9月15日(日)。今季4レース目は、秋田県仙北市で行われた「第28回田沢湖マラソン」。
フルマラソンのデビュー戦は、10月のアップルマラソンで、と決めていたので、今回も20キロコースにエントリー。
ちなみに田沢湖マラソンはフルマラソン、20キロ、10キロが陸連公認コースとなっていたのだけれど、8月の大雨被害でフルマラソンのコースが一部変更された結果、フルマラソンのみが公認コースから除外となってしまった。

この大会は、それぞれのコースのスタート地点が異なっており、10時に一斉にスタートする。そして、それぞれのコースを走り終えて、同じ地点にゴールする。
ちなみにフルマラソンの制限時間は5時間となっており、午後3時には田沢湖の時計回りのみの通行が認められている一部区間の片側1車線の通行制限が解除されることとなる。

今回の大会は、弘前公園RCのメンバーも多数参加することになっていた。僕が把握しているだけで、フルが5名、20キロ5名、10キロが2名エントリー。
弘前からはTさんが手配した10人乗りのワゴンに便乗して向かうことが決まっていたのだが、僕は一人、大会の前日に弘前公園RCの朝練を終えたあと、僕は一足先に秋田県入りすることにしていた。

今年のお盆に手向くことができなかったので、この日に合わせて、命日の近い祖父と、昨年亡くなった祖母の墓参りのため、北秋田市に向かうことにしていたのだ。

大会前日の時点での天気予報は「曇りのち雨」。実は雨の中での大会はもちろん、練習においても雨の中を走ったことがほとんどなかったため、一抹の不安が頭をよぎる。

午後3時過ぎに北秋田市内に入り、まずは祖父母の墓に向かう。
お盆に来られなかったことの非礼を詫びて、まずは最初の目的完了。

続いて母の実家へ出向き、今晩お世話になる挨拶を済ませ、次の目的地へ向かう。

…温泉。
腰の具合は走っているうちは忘れてしまうのだが、2時間近く車を運転してきたら、何かやっぱり腰のあたりが怠くなったので、温泉に行って養生しよう、という算段だ。

軽トラをはじめ、半数以上の車に高齢運転者マークが貼られている車の並んだ駐車場の端っこに車を停めて、温泉へ。40代前半の僕は、確実に洗い場の平均年齢を下げている。
約1時間、じっくりと足腰を温め、途中、明朝の食物飲物を買い込んで母の実家へ。

午後6時。従姉が作ってくれたきりたんぽに舌鼓を打つ。比内地鶏の脂が強くて明日腹を壊されても困る、という配慮から、だいぶ脂を抜いてくれたらしい。嗚呼、きりたんぽの旨味が…。でも、きりたんぽが米を原料にして作られていることを考えると、ちょうどいいカーボローディングになったかも知れない。まあ、所詮20キロなのであまり必要ないけど。

20時30分には就寝。就寝前に、事前に入手していたコースの高低差をのグラフを見て色々思案する。全体的には起伏があまりなく、比較的平坦なコースなのだが、15キロ前後に、急に壁のような急坂が待ち受けているらしく、そこを一気に下ると、その後も細々とした起伏が待ち受けている。

2週間前の「啄木の里ふれあいマラソン」で経験した後半の急激なペースダウンが頭をよぎる。
その時のレース展開は、前半抑えて後半に余力を残すことをイメージしていたのだが、ダラダラと続いた前半の上り坂が堪え、後半には余力など残っていなかった。
あの時に比べれば、乗り越えなければならない壁は一つしかない。
あとは…事前に下見をするか。
北秋田から田沢湖へ向かうルートは一つしかないが、湖畔に出てから左折すれば程なくスタート会場へ、右折すれば15キロ程度はコースの下見ができることになる。

よし。少し早めに出て、下見をしよう。

翌朝4時に起床。田沢湖まで自分の車で向かったことはなかったが、1時間30分ぐらいで着く、という話を従姉から聞いたので、午前4時30分過ぎに出発すれば、まあ、6時30分頃には到着するだろう。多少駐車場が混雑していても、何とかなるだろう、と考えた。

寝静まる母の実家の仏壇に静かに手を合わせ、出発。
途中コンビニや道の駅に立ち寄って5分弱の休憩を取りながら、6時過ぎ、田沢湖畔に出た。予定通り車を右折させ、遠回りにはなるが、コースの下見をしてみた。しばらく平坦な道が続き、10キロあたりの地点で「たつこ像」を左に目視。
道路に掲示されている距離表示の看板は全てフルマラソン用の看板なので、42.195キロから逆算していけば、自ずと残り何キロだということがわかる。
そして、35キロ付近を過ぎたあたり、車が右カーブをすると、突如その「壁」が現れた。

1400ccの車のエンジンが唸りを上げる。左カーブを曲がってもダラダラと上りが続く。左にカーブミラーを見たと思ったら、そこから急に下り坂。前回の反省を踏まえながら、その坂を下る途中で色々作戦を考える。
6時40分頃、スタート地点付近に到着し、弘前公園RCのメンバーと無事合流。7時前に受付を済ませ、事前にメンバーがテントを張っていた場所に戻る。未明2時に出発した8名(1名は急用のため不参加となってしまったとのこと)もさることながら、僕もかなり眠気が襲ってきた。
出発まであと3時間。実は事前に車で一部コースの下見を済ませてきたことを告げると、興味深そうにどんなコースなのか聞かれた。
あの坂を上手に説明するには、言葉を選ぶ必要があると思ったが、結局「うーん…凄いです。」としか答えられなかった。

昨晩のうちに購入しておいたクリームパンを口に運び、昨日の朝練後にK先生から頂いた痛み止めを3錠服用する。気になっていた腰の痛みはほとんど感じなくなっていたが、万が一に備えての対策だ。そして、テントの横に停めた自分の車(Tさんの配慮で、まるで特等席のような場所に駐車することができたのです)の中で軽い休息を取る。

9時過ぎに県外メンバーのYさんとOさんらが合流し、出発前の記念撮影(一足先に10キロのスタート地点に移動を開始していたK君は、この時恐らく遊覧船の中だった)。

そして、9時30分過ぎに20キロのスタート地点に移動を開始。この頃、やや雨脚が本降りっぽくなってきた。
20キロコースには、男女合わせて2172名(うち男子は1746名)がエントリー。うち陸連登録者は68名。
僕とO先生は陸連登録者ということで、スタート位置は最前列。周囲を見ると、いかにも「走り屋」といった顔つきの人たちがズラリと並んでいる。徐々に高まる緊張感。隣にいたO先生とも会話がほとんどなくなる。
やがてスタート5分前のアナウンス。
時計をセットし、スタート前に初めて空を見つめながら手を合わせた。
ジイちゃん、バアちゃん、オトン、頼む。ヤバそうになったら、背中を押してくれ…。

スタート1分前。試しに今日はちょっと突っ込んでみよう。

バーン。号砲一発と同時に、猛牛のように選手がスタートする。打ち上げ花火が鳴り響く。
ドンッ!いきなり肩口を押される。こういうレースには必ず一人二人いる、猪突猛進型の選手。うわっ…と思った瞬間、後ろから怒号が聞こえた。

「ちょっと!そこの黄色いシャツのおじさん!危ないだろう!!」

そう叫びながら僕の横を猛スピードで駆け抜けていく緑色のノースリーブの…
…ん!?同じチームのSさんじゃないですか!!

そう、大声で怒りをぶちまけていたのはSさんだったのだ。
Sさんは出発前、「1時間30分切り」を宣言していたけれど、黄色いシャツを追いかけながら凄い勢いで飛び出し、あっという間に視界から消えてしまった。

僕はと言えば、周囲のペースに多少呑まれつつも、決して突っ込み気味ではなく、かといって抑え気味でもなく、最初の1キロを4分21秒で入った。まあまあのペースと言っていいだろう。前半はほぼ平坦なので、これぐらいのペースか、もう少し上げても大丈夫かも知れない。雨はといえば、スタート時点の時に小降りとなって、ほとんど気にならない。湿度は若干高めだが、日が照っているわけでもないし、かなり走りやすい感じだ。
その後の5キロを大体4分25秒ペースで走り抜けた。

ほんの僅かに起伏があるものの、タイムに大きな影響を与えるものではない。あとは、例の急坂をどう攻めるかだが、その時は全く考えないようにしていた。

たつこ像をバックに選手を撮影しようと、カメラマンが陣取っている。思わず手を挙げる。未だそんな余裕がある、ということだ。10キロを44分ちょっとで通過。ここを過ぎたあたりで多少ペースが落ちたような気がしたが、これは想定の範囲内。ハーフより1.1キロ短い20キロなので、1時間30分を切れれば最高だが、せめて1時間31分以内にまとめたいと考えていた。しかし、このペースでは恐らく33分台ぐらいのゴールになるな、と想定していた。

給水所はとにかく全部つぶす。並んでいるスポーツドリンクは、必ず口にする。スポンジも、取る。
基本中の基本と思い、これは難なく全てこなせたのだが、スポンジを手にして、首筋から背中、大腿部に当てていた時に、気づいた。
シューズの中が、ビショビショじゃないですか…。

時折雨が本降りになったこともあって、気にしないようにしていたのだが、靴の中がチャポンチャポンと音を立てはじめる。なるほど気持ちいいものではないな、と。これもレースで初めて経験したことだった。

走りながらギュッとシャツの裾を握ってみると、じわっと水が溢れてくる。いや、水も汗も雨も混じっているのだろう。もういい。気にするの、やめた。

やがて「フル35キロ」の看板が見えてくる。ペースは4分30秒を超えていたので、前半の貯金はかなり食いつぶしたことになる。
そして、右にカーブするといよいよ例の坂が現れた。いきなりペースが落ちたのがわかる。でも、辛いのは僕だけじゃない。周囲で走っている人も、10キロを走った人も、これからフルマラソンで走る人も、みんなこの坂は辛いんだ…。
そう考えたら、足がスッと軽くなった。ふと、Oさんが以前送ってくれた「辛くなったら足を見ろ」というメッセージを思い出す。
まだ大丈夫だ、絶対行ける。
何だか不思議な力が沸いてきて、坂を登ることに対する苦痛が抜けた。もう、前は見えていない。足下ばかりを見ている。スピードが上がったような気がする。さっきまで僕を意気揚々と追い抜いて行った人たちの息が上がって、まるで地を這うような足どりになっている。
その横を、まるで何事もないように走り続ける僕。
下り坂は、抑えながらもややスピードを上げる。以前までの僕だったら、ここで萎えていたのに、この日は何かが違っていた。

..結局急坂のある13~15キロの区間を、平均4分50秒弱で駆け抜けた。
まるでギアを入れ替えたかのように、ここから徐々にスピードを上げる。これまでのハーフマラソンの大会では、あり得なかったことだ。
多少の起伏はあるが、全く気にならない。むしろ、まるで何か目に見えぬ力に押されているかのように、どんどんスピードが上がっていく。
残り2キロの看板。時計を見ると、1時間21分。4分半のペースで行けば、1時間30分に届く!
ふと前を見ると、かなり前を走る緑色のノースリーブ姿のランナーが見えた。
Sさん?…Sさんだ!

グッと足に力が入る。追いつきそうだけど追いつけない。でも、確実に差は縮まっている。
残り1キロ。やっとSさんの背中がハッキリ見えた。残り500m。Sさんの横にスッと並ぶ。僕に気付いたSさんがペースを上げる。僕も負けじとペースを上げる。
最後は地力の差でSさんのゴールシーンを見てから僕もゴール。
タイムは、1時間29分50秒!1時間30分を切れた!!

残りの数百メートルで勝負に乗ってくれたSさんと、ガッチリ握手。
その後、続々と他のメンバーもゴールし、お互いの健闘をたたえる。

田沢湖マラソン完走証
田沢湖マラソン完走証

陸連登録者では68名中32位。ただし、68名中24名が関東学院大の選手だったことを差し引くと、かなり好成績ではなかったか、と(自画自賛すいません)。
何よりも、初めて自分のレース展開に満足できたこと。これが一番大きかった。

気負っていたつもりはなかったし、自分としては結構楽しめた。
実際走っている途中でカメラを向けられたポイントでは、かなりの確率で手を挙げて、薄気味悪い卑屈な笑顔を浮かべていたのだから(たつこ像の前の写真が楽しみです。笑)。

これがまぐれだったと言われないように、3週間後のアップルマラソンまで体調と走力の管理を怠らないようにしないと。
そして今回、時折強い雨が降りしきる中、フルマラソンを完走した同志のゴールシーンを見て感涙しつつ、ハッキリとした一つの目標が芽生えた。
完走?それは当たり前。初フルマラソン挑戦だけど、4時間を切ってみたいです!そして願わくば、3時間45分前後でゴールしてみたいです!

田沢湖マラソンのレース展開
田沢湖マラソンのレース展開

僕がフルマラソンに挑戦する理由


最近ランニングのネタばかりですいません。
釣りにも行きたいんですが、週末は専ら走ることに没頭しているので、もうしばらくご辛抱ください。


僕にとって初めてのフルマラソン挑戦、10月6日のアップルマラソンまで約3週間。
既にご存じの方もおられるが、どうも先日の32キロが災いしたらしく、背中というか腰に抱えていた爆弾が小さく爆発を起こした。
水曜日は歩くのも辛いぐらいだったのが、木曜日には大分緩和され(慢性的なものなので、温湿布を貼ったのが幸いしたらしい)、金曜日にはほぼ直立歩行ができる状態(爆)まで回復したので、現在は7割方の回復、といったところだろうか。

明後日15日には秋田県田沢湖での20キロマラソンにエントリーしており、フルマラソンの前にレース感覚を磨く最後の大会と位置づけているので、天候がパッとしないようだけれど、何とか出られないものかと考えている(というか、もう出るって腹は決まっているんですが)。

さて、アップルマラソンにエントリーするのはこれが5度目。これまで10キロを3度、ハーフを1度走って、今回がフル初挑戦。
実は、前回ハーフを走り終えた後に一つ思い出したことがあって、いつかフルにも挑戦してみたいという気持ちを、その時から朧気ながら抱くようになった。

その思いを抱かせたのは、昨年、ハーフマラソンを走り終えた後、5年前に亡くなった父のことを思い出してからだった。


父は以前、弘前市の体育協会の評議員を務めていたこともあり、毎年アップルマラソンの手伝いにも借り出されていた。
僕がまだ走ることに興味を持っていなかった頃の話だ。
アップルマラソン当日の朝。支給された衣服に着替える父。
「今日はどっち方面?」
「ん?…今日、目屋だジャ。折り返しの辺りで、監視ダド。終わった後、アブさん〈当時西目屋村、ちょうど折り返し地点のすぐ近くに在住していた父の友人)のところサ寄ってくるジャ…。」

フルマラソンの折り返しとなる西目屋村は、父の生まれ故郷。小学校4年か5年の頃、ボーイスカウトの夜間歩行訓練で、弘前市某所から西目屋村にある目屋ダムまでの約25キロを、夜な夜な7時間ほど掛けて歩いたことがあるが、そんな機会が二度も訪れるわけがなく、後にも先にも西目屋村まで自分の足で訪れたことはその1回だけだった。

その夜、役目を終えた父は、アブさんのところでたらふく飲んだのか、すっかり酔っ払って帰宅。
そんな父が、ポツリと呟いた。

「ヨグアッタラダドゴマデ、ハッケデクルヤナ。(訳:よくあんなところまで走ってこれるよな。)」
「んだな…。」

気のない返事をしたことぐらいしか記憶がないのだが、その父がこの世を去って以来、もう一度この足で再び西目屋村を訪れてみたい、そんなことを思うようになった。

そして今回、意を決してというか満を持してというか、いよいよその西目屋村を目指すことになる。
既に練習で一度だけ西目屋村まで走っているけれど、本番で走ると、その思いとはきっと全然違うんだろうな、と思う。

当たり前のことだけれど、折り返し地点に父の姿を見かけることはもうない。そして2年前に亡くなったアブさんの姿も、もうない。でも、西目屋村まで自分の足でハッケデやって来たバカ息子の姿を、父はアブさんと二人でビールを飲みながら、どこかからニヤニヤしながら見てくれているはずだ。
そしてきっと、目があった瞬間、どこか照れくさそうに「おう。」と声を掛けてくれるはずだ。

父はセリヌンティウス僕はメロス。
だから僕は走らなければならないし、意地でも走ってやろうという気が日に日に高まりつつある。

今回、僕がフルマラソンにエントリーするに当たって、たくさんの仲間が背中を押してくれた。でも、昨年ハーフマラソンを完走し、父のことをふと思い出した時点で、実はもう僕の意思は固まっていたのかも知れない。父への弔い。そして、アブさんへの弔い。二人に対する思い。
だから僕は、アップルマラソンの大会エントリーが始まったその日の朝、何の迷いもなくフルマラソンへのエントリーを終えた。


未だ見ぬ35キロの壁。そしてその向こうに何があるのか。42.195キロの先に、何が待ち構えているのか。
いよいよ3週間後にその答が明らかになることを思うと、今から武者震いが止まらない。

…いや、正直ビビって震えているだけですが。


30キロの壁は脳が作り出す?


昨日、今季3度目となる30キロ走を試してみた。今回は、10月にエントリーしている地元で行われる「弘前・白神アップルマラソン」のスタート時刻に合わせて、午前9時に自宅を出発し、全く同じコースを試走。約17キロ先にあるコンビニで折り返し、戻って来るという算段だった。

ウェストポーチにはあらかじめ用意しておいた500ミリのドリンクと、アミノ系のサプリメント、携帯用のゼリー、そして忘れちゃならない塩のタブレット。

そして9時過ぎ、秋晴れの爽やかな風が吹く中、自宅をスタートした。
トライアルではなくLSDをイメージしていたのだが、最初の1キロが5分15秒とLSDと呼ぶにはほど遠いペース。これを何とか抑え、5分30秒を切るぐらいのペースでずっと走り続けた。

チビリチビリと水分を補給しながら、それほど苦痛とも感じることなく、緩い上りを走破し、1時間40分後には折り返し地点のコンビニに到着。ここでアイスクリーム一つを平らげる。
ホッと一息をついて、復路スタート。

以前、朝練の時にも話題になっていたのだが、上りの逆ということで、当然のことながら復路はしばらく緩い下りが続く。調子に乗ってスピードを上げると、後でガツンとしわ寄せが来るということを聞いていたので、抑え気味にゆっくりと走る。

もっとも、緩い下りということもあるのかも知れないが、心なしか往路よりも短い距離のようにも思える。
しかし、25キロを過ぎた辺りから、少しずつ足の裏と膝に疲労が溜まりはじめているのがわかる。
徐々に足取りが重くなってきていたのだ。

それでも、レース最後の関門とも言われている緩い上り坂(最近の平日練習は専らこの坂の上り下りが行われているらしい)を思った以上に難なく上りきり、いよいよラスト6キロに差し掛かった。

ところが、である。

残り4キロを過ぎた地点から、途端に足が動かなくなった。前に進もうにも足が走ろうとしないのだ。そしてその時、僕の頭の中ではこの先の道のりを走り続けることについて、ほぼ諦めつつあることが何となくわかった。

フルマラソンを走ったことのない僕にとって、32キロを超える距離は未知の世界。今日はその未知の世界に足を踏み入れようと興味津々で臨んでいたのに、未知の世界の前に、目に見えない巨大な壁が立ちはだかった。

31キロ付近で走ることをやめ、そこから約1キロ歩きながら、走れるか?どうだ?と自問自答を繰り返すが、脳が走る方へのスイッチを再びオンにすることが、この先ないだろうということが明らかになった時点で、今日のトレーニングを諦めた。

コンビニに立ち寄り、炭酸飲料を一気飲みする。頭をかしげながら、沈思黙考。

…一体何なんだ、これは。
というか、これが30キロの壁っていうヤツですか…。

思い当たるフシを色々考える。朝食で摂った炭水化物は茶碗1杯にも満たない米のみ。これか?
それとも、最初に5分15秒で入ったのがオーバーペース過ぎた?それとも、週末のオーバーワークが祟った?
いや、30キロ手前の上り坂で力みすぎて、その後の力が抜けた…?

何だろう、わからない。いや、わかるはずがない。
それよりも、未知の壁にぶち当たったということのショックが大き過ぎた。初めて味わう屈辱にも似た失望感。こんなに走れなくなるんだ…。今の走力がこれだけなんだ、もっと練習しようぜ、と割り切ればいいのかも知れないけど、何ともやりきれない思いを抱えたまま、そこから自宅までの約2キロを、文字通りトボトボと、重い足を引きずりながら帰宅。

10月のフルマラソン初挑戦は、決してタイムを求めているわけではなく、むしろ自分に42.195キロを走りきる気力体力が備わっているのかを確かめてみたい、という思いからのエントリーだった。格好良く言えば、自分自身への挑戦みたいなものだ。今回に限っては、結果なんていうのは後からついてくればいいのだ。

しかし、ひょっとしたらフルマラソンに耐えうるだけの実力が未だ備わっておらず、そのレベルにすら達していないのではないか、というのが、壁にぶち当たってみて真っ先に感じたことだ。

でも、待てよ。シャワーを浴びながら、白い粉のように浮かび上がった汗の結晶を流しながら、ふと思った。

実はそこに壁はなかったのではないか?

3時間走り続けたことに飽きて、走るのを止める口実を作りたかったのではないか。
確かにあの時足は動かなくなったが、それを壁だ何だと理由付けて、走ることを止めた。
そう考えると、壁を作っているのも、足を止めたのも、全ては脳の仕業なのかも知れない、と思った。実に都合のいい解釈だけれど。

そして、改めて感じたこと。フルマラソンに備え養わなければならない力が、4つある。
気力、体力、能力、そして脳力。

能力は備わっていないが、気力、体力があれば、ゆっくりならば何とか走り続けることはできるかも知れない。
そして、やがて訪れる30キロの壁、あるいは未だ見ぬ35キロに立ちはだかる更に巨大な壁にぶち当たったとき、自分の脳を諭し(騙し)ながら走れば、意外とフルを完走することは難しくないのではないか。
フルマラソンを走るためには気力や体力だけではなく、頭を使って考える戦略も必要だという理論に、何となく納得した32キロ走だった。
しかし、頭で考えるほどマラソンは容易いものではないということを改めて感じたこの日の試走。

結局、フルマラソンを完走するという自負をすっかり失っちゃいました…。2509090902