Princeの「Musicology」が…


届きました。「永久デジパック」とは何とも大げさな言い回しですが、確かに変わったジャケットです。まぁ、ここで説明する必要はないと思いますが、ホントに変わっています。初めて見ました。ブックレットも、いつになく立派という感じ。とても分厚いです。ただし、デジパックのお陰で収納スペースが全くないのというのが玉に瑕ですが。百聞は一見にしかずなのでレビューは後ほどということでご勘弁を。
何か、ColumbiaのレーベルからPrinceの作品が発表されるということが、おかしいというか恥ずかしいというか違和感があるというか、何だかこう、尻のあたりがムズムズするような感覚なんですが、メジャー云々ではなく、彼自身に対する評価が再び高まっているということは嬉しい限りです。先行DLがあったにもかかわらず、まだ「輸入盤しか」発売されていないにもかかわらず売れているということは、まぁ、かつての「気持ち悪い」彼の姿ではないですからね。最近よく聞く「リアルミュージック」たる所以なのかも知れませんね。(過去の作品に対する嫌みではなく)純粋に音楽を聴かせる、という姿勢が垣間見える作品です。
ところで…まだPVを見ることが出来ないんですが…。


NPGMC2001、完結(多分)。


2001年に、NPGMCから配信されながら、64Kという接続環境のためブチブチと切断、結局全て見ることのできなかった映像全てを、大阪在住でうちのサイトからもリンクさせてもらっているtさんのご厚意により入手することができました。僕にしてみれは、2年越しの念願が叶ったわけです。tさんありがとう。
それにしてもこの映像、確かに一部は観たことがあるものでしたし、画面が小さく見辛いといえば見辛いのですが、ほとんどは観たことのないものばかりで、ちょっと感動しました。先日まではベガスのDVDにどっぷり浸っていたわけですが、当面はこの映像集が、ちょっとしたヘヴィローテーションになりそうな感じです。
これで2001年にNPGMCから配信された音源、映像は全て揃ったかな?


どうなのよ7枚組って?


「the chocolate invasion」なる7枚組のCDが、Princeサイトから販売されることになりそうだということで嬉々としていたら、内容を知ってちょっとがっかり。僕はまたてっきり以前発表されて立ち消えになった『サンプリング音源集』か『お蔵入り作品集』なんだと思ったら、違っていたのね。このHPでも紹介している、Princeのnpgmc音源をCD化して販売する、ということらしい。一生懸命CD-Rに落とした内容とどうやらほとんど変わらないのかな?でも絶対買っちゃうんだよな。やられてるなぁ(苦笑)。