二度あることは三度ある。



岡村靖幸容疑者、覚せい剤で逮捕…3度目
2月6日8時0分配信 スポーツ報知

シンガー・ソングライターの岡村靖幸(42)が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたことが5日、分かった。岡村容疑者は02年、05年にも薬物事件で逮捕されており、今回が再々犯。今月14、18、20日にコンサートを予定していたが、すべて中止される。

岡村容疑者は88年にデビューし「イケナイコトカイ」などのヒット曲のほか、川本真琴らのプロデューサーとしても活躍。02年に覚せい剤取締法違反で逮捕された。執行猶予中の05年4月、東京・渋谷のレコード店のトイレで覚せい剤を使用し逮捕。懲役1年6月の実刑判決。

昨年10月には全国ツアーをスタートしたが、11月13日の公演で左ふくらはぎを負傷。全治2か月の診断を受け、ライブ活動を中断していた。18日の名古屋公演はツアーの振り替え公演だった。

朝、電車に乗り込んでこのニュースを目にした時、正直、ドッキリかキツい冗談だと思った。

四字熟語やことわざの中には、似たような言葉でありながら、その時の状況に応じて都合よく使い分けできるものがいくつかある。

七転八倒、七転び八起き、みたいに。

二度あることは三度ある。
三度目の正直。

これらの言葉も同じ「三度」という言葉を含みながら、その意味は正反対のことを指している。
残念ながら今回の一件は、前者となってしまった。いや、もう「残念ながら」などと口にするのもバカらしいぐらい、呆れている。


TBSのNEWS23に登場した時、彼はこういう言葉で最後を締めくくっていた。

「行動とかやっていく事でしか説得力がないのかもしれませんね。」

今になって振り返ってみると、これほど説得力に欠ける言葉もない。

もっとも、予兆はあったといってもいいだろう。
ファンが待望していた復活ツアーの真っ最中に負った怪我。ツアーは延期されることになった。

正直、イヤな予感がした。
この中途半端な「間」で、変な方向に行かなければいいんだが…。

当たらなければいいと思う予感ほど、的中するものだ。

多分僕だけではない。心の中で、「どうか同じ過ちをまた犯しませんように。」と願っていたファンは、相当数いたはずだ。

だから今回の第一報を見聞した時、「信じられない!」という思いよりも、「またか…」という思いを抱いた人の方が多いと思う。

二度あることは三度ある。

一体彼は、どんな思いで再びクスリに手を染めたのだろうか。
結局、彼が表舞台に復帰することを待ち望んでいたファンや、それをお膳立てしてくれた周囲のスタッフの思いなど、彼には全然響いていなかった、ということなのだろうか。いや、響いていたけれどそれ以上にクスリの力を借りなければ、もはや彼は生きていけなかったということなのだろうか。

度重なるファンへの裏切り。支えてくれた人たちへの背反行為。

何をもって言葉にしても、彼の犯した罪の重さを考えると、言葉が軽すぎるような気がしてならない。
言葉にしたところで、どこにこの怒りをぶつけたらいいのか、僕自身わからないのだ。

不思議なことに、この一件でファンを辞める人は、意外に少ないと思う。

ただ一つ怖いのは、彼がこのような罪を繰り返すことに、ファンが「慣れっこ」になっていないか、ということだ。

二度あることは三度ある。

ここに来て、自分が一番のファンだから誰よりも「愛情」を持って待ってる、なんて言葉を見ていると、ホントうんざりしてくる。

「しょうがないなぁ。」
「復帰するまで待ってるから。」
「人間誰でも、失敗や間違いもある。」

待つのは一向に構わない。でも、今回の再犯は本当にしょうがないことなのか?失敗や間違いといったそんな軽々しいことなのか?ファンがそんな考えで、本当にいいんだろうか。

「心の弱さ」を理由に、彼の取った行動を「致し方のないこと」だと受け流そうとしていないか。

そういう彼に対する「甘やかし」が、彼が進むべき更生の道を間違った方向に導いているのではないのか。

恐らくこの一件で、事実上芸能界からは「引退」の烙印を押される可能性が極めて高いと思う。万が一にも復帰できたとしても、そのグラウンドは極めて小さなものとなるだろう。

しかし、もし同じ罪を犯した場合、そういうことになることを一番判っていたのは、本人だったはずなのに…何故だ。

正直、僕自身かなり動揺している。

彼には、今すぐにでも頭を丸め、すり切れるぐらい地べたに額をこすりつけて、謝罪して欲しい。
しかし、そんなことで許される罪ではないのだ。そんな軽々しいモノではないのだ。そのことを、本人もファンも、十分理解すべきだ。

こんな事件で注目を浴びるのは、もううんざりだ。

彼には、今一度自分を見つめ直して欲しい。
本当に薬物中毒から立ち直り、更生したと自他共に認められるまで、目の前に現れないで欲しい。

僕はしばらく、彼の音楽から距離を置くことにする。

だって今回も再び、彼の方から距離を置くことを選んだのだから。

二度あることは三度ある。

でも僕は、昔みたいに彼を心底応援しようという気分には、二度となれないような気がする。

さよなら大バカ野郎。


2 thoughts on “二度あることは三度ある。

  1. nonvey

    バカに付ける薬はない、といいますが、バカは自分でクスリに手を出してしまいましたね。
    この報を知った時、真っ先にこうさんやけいこりんさん、越前屋は、どんな思いでこのニュースを見聞きしたんだろう、とということが浮かびました。
    心中、察するに余りあると言いますか、何と言いますか、ハイ。
    正直、mi○iのファンコメントも歯の浮いたような言葉が並んだイタいものばかりで、もう勝手にしてくれ、って感じ。ホントうんざりです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA