記録的少雪と、記録的大雪と。


今年の冬は記録的な少雪、暖冬と言われている。実際のところ、今季の冬は雪片付けをした回数が数えるほどしかなく、路面が見えている状態で年末年始を迎えたのは、本当に久し振りのことだったし、そもそも2月に入ってから普通のランニングシューズで弘前市内を走ることができるなんて、考えもしないことだった。



(2020年1月25日付の地元紙の見出し)

雪が降らない冬は、確かに楽だ。夜の気象情報に目を凝らし、明朝はまた4時に起きなきゃダメか、と溜め息吐息で床に就く、ということがないから。

しかしその一方で、山間部に積もった雪融け水が里の田畑に潤いと恵みを与え、そして我々の生活用水としても貴重な役割を果たすということを考えると、手放しでこの状況を喜ぶ訳にも行かなかった。

2月になるといよいよ少雪も異常事態となり、青森市や弘前市で積雪が0㎝になってしまった。春の訪れが早いのではないか、さくらの開花が記録的に早くなるのではないか。更には猛暑に見舞われるのではないか、といったことにまで独りで勝手に懸念を抱き始めた。

雪の積もっていない弘前公園での雪灯籠まつり。果たしてこの雪のない状況で開催できるのか?と訝しく思っていたが、それでもわざわざ山から雪を運び出して準備を進める団体があることを知った。

いずれにせよ、雪のない冬の風物詩はやはり何だか奇妙であり、季節の変化が感じられなくなっていることに、一抹の寂しさにも似たような気分を抱いた。

さて、週間天気予報が降雪と低温を報じ始めたのは、確か節分を過ぎた頃だったと記憶している。二十四節気の立春を迎えいよいよこのまま春の足音が近づいて来るのかと思いきや、最低気温-7℃、最高気温-3℃という真冬の寒さが数日続くというのだ。

しかし、これまでも夜の気象予報には幾度か裏切られてきた。翌朝6時までの12時間での降雪量は10~19㎝という予報に惑わされ、翌朝4時に起床したら2㎝も積もっていなかった、ということがあったのだ。

“記録的少雪と、記録的大雪と。” の続きを読む


49歳。2020年代をどう生きようか。


僕らには平等に時間が与えられ、毎年確実に1つずつ年齢を重ねる。
どんなに若作りしようとも、どんなに老け込もうとも、こればかりはごまかしの効かない事実だ。

人によって異なるのは、日々学習し、悔い改め、そして成長につなげる努力の度合い。この差は、思っているよりも大きい。
そこで生まれる差が、人生において良くも悪くも何らかの作用を及ぼしているといっていいだろう。

昨年の「新年の誓い」を改めて読みながら、ほとんど自分自身に成長が見られなかったことに、ちょっと愕然とした。
「年男」の気合いも相当な空回りだったが、いよいよ来年には50歳を迎えることを鑑みると、泰然自若とした振る舞いにいい加減徹しなければならないと心の底から思えるようになった。

それにしても昨年は、心底楽しいと思えることが本当に少なかった。いや、楽しかったのかも知れないが、そもそもそれを楽しもうという努力を怠っていたのだから、そう思えなかった自分が悪いだけの話。もう一つ言えば、家族以外で心の底から謝意を示すことのできる人の数が、昨年は極端に少なかった。

それもこれも自分の邪でネガティヴな思考が生んだ結果。亡父も相当な曲者であったが、最近の僕はそれ以上に根性のねじれた曲者だと自覚している。

さて、今年は少しでもまともな人間に近づく努力をしてみようと思うのだ。いや、今までもまともな人間でいたつもりではあったが、どうも僕は偏屈でマイノリティの方を求めてしまう傾向にあるようだ。だから、卑屈なことを口走ったり、空気を読めず、場の雰囲気を変えるような行動に出たり、本当に大人げないヤツだと思う。

せめて今年は、ささやかな嬉しさを互いに感じられるような、他の人たちが喜ぶ顔を見るための後押しをたくさんしたいと思うし、自分自身にとってもたくさん楽しいことを見つけようと思う。

そのために毎月一つは、自分自身にとって楽しいこと、周囲の人たちにとってなにか有益になるようなこともしたい。一日一善ではないが、2020年は楽しく笑ってばかりだった、そんな年にしたい。ほんの些細な日々の善行を積み重ねた結果が、自分に跳ね返ってくる可能性だってあるじゃないですか。
でもそれって、口で言うのは簡単だけど、行動に移すことは決して簡単なことではない。
そもそも楽しく過ごすためにどうしたらいいか、夢や上昇志向を持ち続けることや、日々の努力そして研鑽を積み重ねなければならない。

“49歳。2020年代をどう生きようか。” の続きを読む


#久保田利伸 concert tour 2019-2020 “Beautiful People” 青森公演


久保田利伸。一度でいいから観てみたいと思っていたアーティスト。
これまで目まぐるしく変化を遂げてきた髪型とは裏腹に、ずっと変わらぬままなのがその歌声。その歌声に、ずっと魅了されてきた。

彼が一躍注目を浴びることとなったのが、田原俊彦に提供した「It’s BAD」という曲だった。
今でこそ日本の音楽界においてもひとつのジャンルとして確立したR&Bも、この人がその礎を築いた、といっても過言ではないだろう。日本人離れしたリズム感とその顔立ちから、当初はハーフだと勘違いされたことがあったと記憶している。

最近ではあまりテレビ番組に出演することもなく、アルバムのブランクも空いていたので、あまり動向を気にはしていなかったのだが、一度でいいからライブを観てみたいアーティストの一人、いやその筆頭だったと断言してもよい。

昨年、ひょんなことから全国ツアーを始めること、そしてその中に青森も含まれていることを知った。そういえばこれまで何度も青森に来ているはずなのに、告知をほとんど見たことがない。
裏を返せばそれだけ今も絶大な人気を誇り、そしてチケットが入手しづらいアーティストなのだろう。
何とか足を運ぶことはできないだろうか、と招聘元のウェブサイトを見たら、何と絶賛先行予約中。これはもう、今しかない。ダメ元でもいいから申し込んでみようと、衝動的に予約を申し込んだら、どうやら先着順だったらしく、数日後にチケットが送られてきた。

かくして、デビューしてから30年以上が経ち、ようやく彼のライブに初めて足を運ぶという念願がかなった、という次第。折しも11月下旬にアルバムが発売されることになっており、いわばそのお披露目ツアーということなのだろう。

(ちなみにジャケットには、全裸の久保田利伸が…)

何気にこの新作、名盤。


【以下、少しネタばらしあり。】

“#久保田利伸 concert tour 2019-2020 “Beautiful People” 青森公演” の続きを読む