JAM & LEWIS VOLUME ONE #jamandlewis #おすすめアルバム 


今は昔。

80年代から90年代にかけて、名うてのプロデューサーがしのぎを削る時期があった。

歴史を紐解くと、80年代前半にマイケル・ジャクソンのプロデュースや「We Are The World」を手掛けたことで知られるクインシー・ジョーンズ、80年代中盤はいわゆるユーロビートの牽引役となったPWLレーベルのストック・エイトキン・ウォーターマン、そして音楽市場における栄枯盛衰の典型的なカテゴリーとも言えるニュージャックスウィングの火付け役となったテディ・ライリー、猫も杓子も大物も小物もみんなが縋ったベイビーフェイス、そして、裏稼業の如く別名義でのプロデュースにより、密かにヒット曲を出し続けていたプリンスなどなど。

今回紹介するジャム& ルイスも、80年代前半、プリンスによって手掛けられたバンド、ザ・タイムの一員として参加していたジミー・ジャムとテリー・ルイスの二人によるプロデュースコンビ。
プリンスの傘下で活動していた時期はそれほど長くはなく、自らのレーベルを立ち上げてプロデュース業に力を入れていた頃、ザ・タイムの公演に参加することができず、バンドを解雇となった話はプリンスファンの間では既知の事実。その後プリンスは映画「パープル・レイン」の大ヒットにより、名実ともにトップミュージシャンとなるが、ジャム&ルイスはこの映画に出演していない。
がしかし、ジャネット・ジャクソンのアルバム「コントロール」を全面プロデュース、大ヒットを収めたことで「時の人」となり、続く「リズムネイション1814」でもヒットを記録、他のミュージシャンのプロデュースを手掛けることとなった。

個人的に一番驚いたのはジョージ・マイケルのアルバム「FAITH」に収録されていた「Monkey」が、5曲目のシングルとして発表された時だった。アルバムの中では、猿の鳴き声から始まるそれほど派手さのない楽曲だったのが、シングルではジャム&ルイスによる大胆なアレンジが施され、ダンサブルかつキャッチーなサウンドに生まれ変わっていたのだ。

ジャム&ルイスも参加したザ・タイムが1990年に発表したアルバム「Pandemonium」は、プリンスのレーベルである「ペイズリーパーク」レーベルから世に出された。かなりジャム&ルイスの色が濃いと感じられるこの作品ではあるが、プリンスとジャム&ルイスが交わることは、結局その後なかったようだ。

ジャム&ルイスの活動としては、90年代後半になると活況を見ることはなくなったが、1999年には宇多田ヒカルの楽曲を手掛けたほか、2007年に発表されたチャカ・カーンのアルバム「FUNK THIS」を全面プロデュース、第50回グラミー賞では最優秀R&Bアルバムを受賞するなど、地道に存在感を示していた。

さて、前置きがだいぶ長くなってしまったが、そんなジャム&ルイスが先日初めてアルバムを発表した。

続きを読む


Record Store Day 2021 での「再会」と「気づき」


貴重盤やレア盤、初音源化となるアナログ盤をレコード店で販売するRecord Store Day 2021(RSD)。
本来であれば直接レコード店に足を運び、自らレコードを選んで購入する、というのが正しいRSDへの参加方法なのだろうが、こういうご時世ということもあり、発売日当日の午後からオンラインでの購入も可能となったのは、田舎に住む人間としては嬉しい限り。

今年も6月と7月に開催され、洋邦問わず様々なアナログ盤が発売された。
個人的には、今回初めてアナログ盤として発売されたPrinceのアコースティックアルバム「Truth」が最大の目玉商品だった。

考えてみると、ほとんど見向きもしなくなったはずのアナログ盤に、ここ最近になって触手を伸ばしているのは、デジタル化された音楽データの販売や、サブスクのような新たなサービス提供、つまり、形なき「物」が席巻する中にあって、単なる懐古的な気分に駆られて…というよりも、一つでもマテリアルとしてのレコード盤を自分のものとしてそばに置きたい、という思いが強いからだ。

以前は、結構な数のアナログ盤(レア盤、珍盤もかなり揃っていた)を所有していたのに、自分の不注意で全て廃棄せざるを得なくなるという憂き目に遭ってからは、アナログ盤に手を伸ばすことを控えるようになった。そもそも、それを聴くためのプレーヤーも失ってしまったのだから。

しかし、失ったのはアナログ盤とレコードプレーヤーだけではない。
若かりし頃の金銭的な事情だったり、単に聴かなくなったという理由だったり、その時々の衝動や興味本位が、実は無駄な買い物を招いていたと気づいたことが理由だったりと、いろんな事情があるにせよ、棄損、売却、譲渡といった形で手放したCDは、結構な数に上る。

ただし、その中には後になって再度買い戻した作品がある一方で、一度手放したが最後、二度と手に入れることのできなくなった作品もある。手放したことを後悔している作品もある、ということだ。

その中の一つが、1994年に発売された「カーティス・メイフィールド・トリビュート」だ。
1990年、コンサート会場で発生した照明の落下事故で頸椎を損傷、半身不随となったカーティス・メイフィールドの功績を讃えるべく、凄い顔ぶれの面々が参加したのが、このトリビュート・アルバム。

続きを読む


物欲と断捨離の狭間で



50歳を迎えたあたりから、自分の「今後」を考える機会が多くなったような気がする。

その中にあって最近特に気になっていることが、「自分の所有物」に関してだ。

家人らからは「お前はとにかくモノが多い」と言われるぐらい、色んなモノが周りにある。

読み終えた書籍、着ることのなくなった衣類、二度と聴かないであろうCD、同じく二度と観ることがないと思われるDVD、型落ちしたバッグ、更には出場したマラソン大会のTシャツ、履き潰したランニングシューズ、何でそんなの買った?一体いつ使うんだ?といったガジェットの数々…。

恐らく一つ一つリストアップすればキリがないぐらいの物、モノ、もの。

幼い頃、決して満足にモノを買い与えて貰えなかった反動、というわけではないが、自分の稼ぎが得られるようになってからは、自分の思うままに色んなものを買い続けていた、そんな気がする。

人間の三大欲求とは、「睡眠欲」「食欲」「性欲」。これに「集団欲」「排泄欲」が加わった三大欲求もあると言われているが、「物欲」もその中に加えてもいいんじゃないかと思ってしまう。

しかし考えてみると、これまで購入した数々の商品によって僕自身の欲求(物欲)は満たされても、そしてそれが僕自身にとって何らかの価値があるものであっても、家人にとっては何の変哲もない普遍的なもの。価値すらも感じられないであろう、所詮は「余計なもの」なのだ。

なので、仮に僕がこの世を去ってしまうと、これらの物は単なる「邪魔なもの」や「ゴミ」扱いをされることは必至。

ここ最近も、何を思ったのか急にアナログ熱に魘されることとなり、Princeをはじめとするさまざまなアーティストのアナログ盤を買い始めている。がしかし、思えばこれも単なる僕の蒐集癖によるもので、それを手に入れたことによって得られる満足感(優越感)を求めているだけなのかも知れない。

既に収まり切れなくなったCD、レコード。プラケースを外し、ビニールケースに入れ替えたものも数々。

さて、少々話が脱線したので元に戻そう。

続きを読む